ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

「マンガの描き方」本を集めている現役漫画家のはなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

暇なマンガ家が「マンガの描き方本」を読んで考えた「俺がベストセラーを出せない理由」』(上野顕太郎・著/扶桑社・刊)によれば、「マンガの描き方」本は、大正時代から存在するという。

大正時代にもあった「マンガの描き方」本

古いものとしては、1920年(大正9年)に『誰にも出来る漫画の描き方』(田中はつぢ・著/中央出版社)という本が出版されていたことが分かっている。

1930年(昭和5年)には、岡本一平の手による『新しい漫画の描き方』が出版されている。一平は、「太陽の塔」や「芸術は爆発だ」でおなじみ岡本太郎の父親だ。

さらに時代をくだり、本書『暇なマンガ家が「マンガの描き方本」を読んで考えた「俺がベストセラーを出せない理由」』の著者である上野さんが生まれてから初めて手にしたのは、1970年(昭和45年)発行の『マンガのかきかた』(冒険王編集部・編/秋田書店・刊)だった。表紙イラストを、あの手塚治虫が描いている。

「マンガの描き方」本から読み解けるもの

1971年(昭和46年)発行の『まんが入門』(赤塚不二夫・監修/小学館・刊)には、マンガのジャンル分類について書かれている。

SFまんがをかこう
作例『サイボーグ009』石森章太郎

学園まんがをかこう
作例『くたばれ!! 涙くん』石井いさみ

怪奇まんがをかこう
作例『おろち』楳図かずお

戦記まんがをかこう
作例『夜明けのマッキー』望月三起也

時代まんがをかこう
作例『忍者武芸帳』白土三平

少女まんがをかこう
作例『レモンとうめぼし』今村洋子

(『暇なマンガ家が「マンガの描き方本」を読んで考えた「俺がベストセラーを出せない理由」』から引用)

これは当時の人気漫画家たちであり、「マンガの描き方」本の著者や監修者が「おもしろいと認めた同業者の紹介」である、という読み方もできる。

たとえば、負けずぎらいだった手塚治虫が「描き方」本のなかで「誰のマンガや作風」に言及しているか注目してみるのも面白いかもしれない。

雑誌ふろくで漫画家を志した人も!?

「マンガの描き方」を解説したものは、単行本にかぎらない。

戦後の復興期から昭和30年代にかけて創刊された「少年誌」や「学年誌」によって、別冊付録の形で「マンガの描き方」本が供給されていた。

『暇なマンガ家が「マンガの描き方本」を読んで考えた「俺がベストセラーを出せない理由」』の著者が所持している最古の付録は、1951年(昭和26年)発行の『まんが学校』(伊藤隆夫・編)だ。「少年画報」という少年誌のオマケだった。

「小学3年生」などの学年誌の付録が現存しており、小学館による発行誌ということもあって『ドラえもん』を題材にした内容が多い。藤子・F・不二雄は、単行本の「マンガの描き方」も多数出版している。

学年誌といえば学研であり、1987年(昭和62年)に発行された「学習 4年生版」には『イラストまんがかき方大百科』という付録をつけていた。巻頭カラーを『まいっちんぐマチコ先生』シリーズでおなじみの漫画家・えびはら武司が手がけている。

マンガを描くためにいちばん必要なもの

『暇なマンガ家が「マンガの描き方本」を読んで考えた「俺がベストセラーを出せない理由」』の著者である上野顕太郎さんは、「マンガの描き方」本を250冊以上も所有しているコレクターであり、現役の漫画家だ。

書名には、自虐的に「俺がベストセラーを出せない理由」と書いてあるが、上野さんにヒット作がないわけではない。『さよならもいわずに』(上野顕太郎・著/エンターブレイン・刊)という作品だ。

発行部数は明らかにされていないが、『このマンガがすごい! 2011』第3位、『このマンガを読め!2011』第3位、マンガ大賞2011第6位、第14回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品……など、発売当時には大きな反響があった。インターネット書店の最大手であるAmazon.co.jpの販売ページには70件以上のカスタマーレビューが投稿されており、いまでも途切れることなく感想が寄せられている。

『さよならもいわずに』は、著者自身の体験を記録したものだ。34才で亡くなった妻との「別離」を描いている。早すぎた、突如として最愛の人を襲った死に遭遇し、葬儀に立ち会い、受け入れられないまま喪失感をかかえて過ごすしかなかった日々を、残された上野さんは1冊のマンガにまとめた。

「マンガの描き方」本を読めば、漫画家としての心構えや仕事道具やテクニックなどを学べるが、唯一「表現したいこと」だけは本人の持ちあわせがなければ漫画は成立しない。それは「描きたいこと」「伝えたいこと」「残しておきたいこと」と言い換えることもできる。

最良の「マンガの描き方」本とは、すぐれたマンガ作品そのものと言えるかもしれない。そして『さよならもいわず』というマンガ作品には、ページの隅々にまで「表現したいこと」がみなぎっている。またひとつ、参考にすべき「マンガの描き方」本が生まれたというわけだ。

(文:忌川タツヤ)

暇なマンガ家が「マンガの描き方本」を読んで考えた「俺がベストセラーを出せない理由」

著者:上野顕太郎
出版社:扶桑社
みなもと太郎、とり・みき両氏推薦!!
マンガの構造やマンガ家それぞれの流儀を愛してやまないマンガ家の上野顕太郎が、めくるめく「マンガの描き方本」の世界へあなたを誘う!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事