ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

病気回復に東大合格! 靖国神社の知られざる魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

1月も中旬になり、すでに初詣を済ませた人も多いと思うが、その際に靖国神社に行ったという人はどれほどいるだろうか。

祀られている神が「英霊」と呼ばれる、「祖国を守るという公務に起因して亡くなられた方々」(靖国神社のホームページより)であることから、A級戦犯合祀問題や政治家などの公式参拝問題など、政治的な問題を多く孕む同神社。

何か特別な思いや目的がないと足を運んではいけないような気がしてしまうが、実は、正月には賑やかなイベントが行われたりと、あまり知られていない親しみやすい一面もある

そんな靖国神社の知られざる魅力を、20代女性を中心とする『月刊 記録』編集部の3名が靖国神社に5年も通いつめ、ユーモアたっぷりにまとめた書籍『誰も知らない靖国神社』の中からいくつかご紹介したい。

ハローキティにチャルメラ…独特なセンスの福引

靖国神社では元旦から3日まで、意外にも、神社主催の福引イベントが開催されているという。

昇殿参拝(玉串料は一人2000円から)をした人に福引券が配布されるのだが、神社ホームページの福引券のチラシをダウンロードしプリントアウトして持っていくと1回分の福引券と交換できるという裏ルールもあるという(年によって異なる可能性があるので要確認)。

注目すべきは、独特な景品選びのセンス。
たとえば、一等は14型カラーテレビ、ノート型パソコン、そしておとそセット。二等はDVDプレイヤー、デジタルカメラに続いて、ハローキティのぬいぐるみ(大)、にゃんまげのぬいぐるみ(大)、焼肉プレートなどなど。そして、三等は鉢植え、四等は靴下、五等はチャルメラ、六等は消しゴム、といった謎のセレクション。

テレビとおとそセット、DVDプレイヤーとぬいぐるみが同じ等なのも驚きだが、五等のチャルメラには地味ながら、思わず二度見してしまうインパクトがある。

そもそも、なぜこのような福引をやっているのか。編集部が広報に問い合わせたところ、「協賛企業(など)から頂いた物や気持ちを(靖国神社が代わって)一般の多くの人に気持ちをお返しする」ためであるとのこと。
なるほど、協賛企業からの頂き物ということであれば、突然のチャルメラにも納得である。

とにかく、カイフクする

編集部の調べによると、靖国神社のおみくじやお守りにも独特の傾向があるという。

それは、病気の回復に対し並々ならぬ力を注いでいる、ということ。

まず、おみくじを10本引いたところ、9本に「回復する」と記されており、残りの1本にも「快復する」とあったという。とにかく、"カイフク"するらしい。

同様の傾向はお守りにも表れている。
開運や学業成就、縁結び、厄除けなどさまざまなの効果のお守りがある中、病気の回復に関するお守りである「病気平癒御守」だけ、他と明らかにサイズが異なるという。他が通常のお守りのサイズであるのに対し、病気平癒御守は縦9センチ、横6センチもある。

軽い風邪からガンなどの大病まで効く、というその効果の幅広さゆえかは分からないが、この大きさに健康祈願への思いの強さがひしひしと伝わって来る。

"裏ご利益"は東大合格?

では、靖国神社は公式にはどういったご利益を得意とするのか。

編集部が神社本庁に問い合わせたところ、「靖国神社には1000年、2000年という歴史があるわけではありませんので、具他的に何に効くということは……。やはり天下国家にまつわることでしょうか」とのこと(ご利益だけで言えば、政治家こそが参拝すべき神社なのかもしれない)。

とはいえ、境内に並ぶ絵馬に書かれる願い事は種々様々。中には、「英検が通りますように」「某ミッション系大学の中等部に合格できますように」といった内容もあるというから、思わずヒヤヒヤしてしまう(英霊たちはもはやそんな些細なことでは心を乱されないのかもしれないが)。

英霊たちの思いを鑑みて祈願するということであれば、英霊たちの中に出身者が多い東京大学への合格にはご利益満点だろう、と編集部(信じるかどうかはあなた次第)。

さて、本書には上記二以外にも、「神は瑣末に宿る」とばかりに、靖国神社に関する瑣末な魅力がこれでもか、というほど詰まっている。中には、「英霊は本当にいるのか霊能者に霊視してもらう」という、不謹慎だけれど興味をそそられる内容も。

英霊が本当にいるのかどうか気になる方は、ぜひ同書を読んで確かめてみては。

(文:ツジコ エリコ)

誰も知らない靖国神社

著者:奥津裕美、月刊『記録』編集部
まったく新しいタイプの「靖国本」。5年も通いつめ、あきれるほどバカらしい視点から靖国を問い直す。かつてはサーカスが公演し、デートスポットとしても有名だった。そのアミューズメント性の高さは現代にも息づいている。イデオロギーを超えてのぞき見た靖国の実像は、意外なほど面白おかしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事