ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

大好きな芸能人からファンレターの返事をもらう方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

好きな芸能人にファンレターを出したことがありますか? 返事をもらったことはありますか?

今の時代、Twitterなどのツールによって芸能人とコンタクトがとりやすくなった。自分がツイートした内容に対して、憧れのタレントから返事がくることも珍しくはない。かくいう私も、何度かリプライをもらって嬉しかった経験がある。しっかりお気に入りとして保護してある。けれど、やっぱりネット上のもの。アカウントを削除してしまったら消えてしまうし、何度も読み返すには毎回サイトにアクセスしなくてはいけない。

その点、ファンレターの返事をもらったら、まさに宝物として保管し、毎日毎日取り出して読み返すことができる。憧れのあの人が、自分のために時間を費やして文章を書き、ポストに投函してくれた。いや、投函したのはマネージャーかもしれないが、そんなことはこの際どうでもいい。忙しい中、私の手紙に目を通し、さらに返事までくれた、この事実は何物にも代え難い喜びだ。

ファンレターの返事あれこれ

思い起こせば、私は幼い頃からファンレターをよく書いていた。小学生の頃は、おニャン子クラブのメンバーに。今考えると恥ずかしいが、「大ファンです! ◯◯公演のチケットを2枚送ってください! おばあちゃんと見に行きたいです!」なんてことを書いていたと記憶している。読んだ新田恵利さんもビックリだっただろう。子どもとはいえ、ものすごい要求を書いた手紙だった。もちろん、返事は来なかった。

中学生の頃には、サッカー選手の木村和司さんに手紙を書き、写真入りのポストカードで直筆の返事が来た。「受験がんばってください」の一言が添えられていて、受験への原動力になったっけ。また、以前のコラム「今こそ立ち上がれ、隠れジャニ男(ヲ)タたち!」でも書いたように、私は中学生の頃からの筋金入りのジャニヲタである。最も夢中になった元SMAPの森くんからも、お返事をもらったことがある。青いペンでハガキ一面に書かれたサイン。メッセージはなかったが、忙しい中直筆で返事をくれたことに大感激した。
その後も、今はもう辞めてしまったジュニアの子からサインとメッセージ入りのハガキが来たり、タッキー&翼結成前のタッキーから返事が来たことも。往復ハガキの返信用の方にアンケートを書いて送ったので、そこに回答が書かれて返事が届いたというわけ。そう、ファンレターの返事をもらうには、いくつかのテクニックがあるのだ。

こうすれば、返事をもらいやすい!

では、そのテクニックとは何であるか。まずは、当たり前のことだが、丁寧な字で書く。名前などの漢字は正確に。宛先も間違えず。こちらの住所も忘れずに。これらは、ファンレターだけでなく、すべての手紙に共通していえる最低限の礼儀である。

そして封書で出すなら、自分の住所を書いて切手を貼ったハガキを同封しておくといい。相手は、そのハガキにサインなりメッセージなりを書いて送るだけ。直筆のコピーで返事がくることも少なくないが、いずれにしろ返事が来る確率は俄然アップする。

往復ハガキで送るのも手だ。先にも述べたように、返信用のハガキにアンケートを記入しておくと、そこに回答をして送ってきてくれることがある。例えば
「ジュニアのメンバーで仲がいいのは誰ですか?」

(                           )
みたいな感じで。タッキーの場合は、その解答欄に(翼)と書かれていたなぁ……さすがタッキー&翼!と今更ながら感動。

内容はどうする?

じゃあ、ファンレターの内容にコツってあるの? はい、あるんです。水野敬也氏の『たった一通の手紙が、人生を変える』(ミズノオフィス・刊)には、様々なケースに応じた、相手の心を動かす手紙の書き方が記されている。その中の第六章『ファンレター』~「あなたのファンです」は、相手へのサービスにならない~を見てみると、ミュージシャン(A)にファンレターを書く場合を例に挙げ、以下のようなアドバイスが書かれている。

ミュージシャン(A)が喜ぶ可能性のある内容は、
・自分の作った曲が誰かの人生に大きな影響を与えている
・曲の内容を理解してくれている(曲に対して深い解釈をしている)
・他の人が褒めない部分を褒めてくれている
・自分の思い入れの深い曲に共感してくれている
・人知れず努力している部分を分かってくれている
などが考えられます。
(『たった一通の手紙が、人生を変える』より引用)

Aの曲との出会いや、自分の人生に大きな影響を与えてくれた事例、曲に対する個人的な解釈なども織り交ぜながら書くと良いと水野氏。また、感謝や感動の手紙を送るときは、「具体性」と「本音」が大切なのだという。美辞麗句を並べるよりも、あなたの思いを丁寧に書き綴った方が、相手の心をつかむことができるのだそう。

 さあ、ファンレターを書いてみよう!

この他にも、忙しいタレントが目を通しやすいように、あまり長い手紙は避けたほうがいいだろう。また、送るタイミングにもポイントがあり、例えば舞台や映画を見に行ったら、その感想を書いてすぐさま送る。コンサートに行ったなら、◯◯公演のあのMC最高でした!のように、具体的な内容を記しておくと、ああ、見に来てくれたんだなぁと思ってもらえる。出演作の感想を述べれば、もしかしたら今後の演技の参考にしてくれることがあるかも。

大好きだからこそ、自分のことばかり書いたり、相手の好きなところを熱く語るだけになってしまいがちなファンレターだが、それではちょっと重すぎる。大切なのは、読んだ相手を喜ばせられる内容。さあ、あなたも最近気になるあの芸能人にファンレターを書いてみませんか? 『たった一通の手紙が、人生を変える』には、基本的な手紙の書き方やマナーも書かれているので、こちらもぜひ参考に!

【関連URL】
■「今こそ立ち上がれ、隠れジャニ男(ヲ)タたち!」(http://fum2.jp/1315/)

(文・水谷 花楓)

たった一通の手紙が、人生を変える

著者:水野敬也
出版社:ミズノオフィス
ベストセラー作家、水野敬也が初めて語る「心を動かす手紙の技術」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事