ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

「エイリアンはいるの?」子供の素朴な質問への対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

一年に一度、老若男女からさまざまな質問を投げかけられる機会。それが、正月だ(と筆者は思う)。

特に子供と老人の質問は、「なんであのおじさんは髪の毛がないの?」から「なんで結婚しないの?」まで、答えづらいものが多い。子供と老人の無垢な瞳から発せられる素朴な疑問は、大人の事情を察してくれないのだ。
そして質問自体が難しいのもさることながら、どう言えば彼らが理解してくれるか考えることもなかなか難儀だ。

そんな素朴な質問に、各分野の第一人者が知識とウィットを総動員して回答したらどうなるのか。

それを実際に行ってみたのが、本著『世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え』だ。

同著において素朴な質問を提示したのは、イギリス各地の小学校の子供たち。
彼らが投げかけた、「神様ってだれ?」「どんなふうに恋に落ちるの?」といった100の質問に対し、哲学者のノーム・チョムスキー科学者のリチャード・ドーキンスなどをはじめとする著名な学者や専門家たちが、子供にも分かるシンプルな言葉で丁寧に回答している。

なかでも、興味深い回答をここでご紹介しよう。

ミミズを食べても大丈夫?

この質問を受けたのは、冒険家でサバイバルの達人であるベア・グリルス。
彼はまず、もし飢餓のあまり命が危ければ、ミミズを食べても絶対に大丈夫だと答えている(“絶対に”とつけてしまうところが、彼が科学者ではなく冒険家である所以だろう)。

そして、もし食べるならお腹を壊さないため、火を通すことをおすすめしている。松の葉と一緒に煮れば美味しくいただけるらしい。

しかし、こんなワイルドな答えの中にも、“生命からの教え”を含めることを彼は忘れない。
最初にミミズを食べた時、とても気持ち悪かったことを回想しつつ、次のように語っている。

でもね、何回もやっているうちに、それに腹ペコなら、だんだん平気で食べられるようになる。そこに、人生とサバイバルのほんとうの秘訣があるんだ。
「強い気もちをもてば、できそうもないことだって、できる方法が見つかる」。それがミミズの教え。
(同著より)

質問に率直に答えるだけでなく、生きるうえで大切なメッセージも織り交ぜる。ぜひ参考にしたい回答である。

エイリアンはいるの?

この答えは、子供でなくても知りたいのではないだろうか。
宇宙からの電波信号をとらえる研究を行っている天文学者のセス・ショクタクは、次のように回答している。

「まだわからない」

誰でも言えそうな答えにちょっとがっかりだ。しかし、「(地球上のすべての海岸の砂粒の数ほど惑星があるのだから)ほとんどの科学者はエイリアンは宇宙のどこかにいるかもしれないと考えている」「2050年までには(宇宙人からの)信号をキャッチすることができるのではないかと思っている」と、科学者らしい現実的な言葉で子供たちに夢を与えているのが面白い。

子供たちも、「きっといるよ」と言われるより、「わからない」と言われながらも、このように科学的根拠に基づいて回答された方がずっとドキドキするだろう。

答えが一つじゃない質問が一番難しい

質問の中には、科学的ではないものもたくさんある。上述した「神様ってだれ?」や「どんなふうに恋に落ちるの?」がまさにそれで、他にも「なにが、わたしをわたしにしているの?」など、どれも難しいものばかりだ。
科学的な問いのように一つの答えがあるものとは違い、こういった質問は、回答者の数だけ回答がある。

そんな質問に対し、科学者ではなく、哲学者や心理学者、作家などがどのように回答しているかを見るのも、本著の楽しみだ。
作家のジャネット・ウィンターソンは、「どういうふうに恋に落ちるの?」という質問に対し、次のように答えている。

恋に落ちるときは、穴に落ちるように落ちるのではありません。宇宙空間を落ちていくように落ちます。自分だけの惑星から飛び出し、だれかほかのひとの惑星をたずねるのです。そこに着くと、なにもかもが違って見えます。
(同著より)

作家らしい、創造性に溢れた回答だ。

そんな彼らの名回答を咀嚼した後に、自分なりの答えを探してみるのもまた面白いかもしれない。「どんなふうに答えようかと考えただけで、ふと日常から離れる、ふしぎな感覚を味わえます」と、本著のあとがきで編集を担当したジェンマ・エルウィン・ハリスは述べているが、たしかに、素朴な疑問はいつも宇宙の法則に通じている。

正月休みが明けて、始まってしまった日常を憂う今こそおすすめの一冊だ。

(文:ツジコ エリコ)

世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え

著者:ジェンマ・エルウィン・ハリス(著) 西田美緒子(著)
出版社:河出書房新社
「数字は永遠につづく?」「どんなふうに恋に落ちるの?」「人はどうして永遠に生きていられないの?」…科学、哲学、社会、スポーツなど、子どもたちが投げかけた誰もが知りたい身近な疑問に、ドーキンス、チョムスキーなどの世界的な第一人者はどう答えたのか?世界的な第一人者による珠玉の回答集!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事