ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

お金も時間も足らない……。それは、あふれかえった服のせいかも 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

クローゼットの中は隙間がないほど詰まっているのに、「着ていく服がない」。毎朝、そんな悩みに直面します。このクローゼットの中、いったい何が入っているのでしょう。よく見れば、着ていない服が大量で活用しているのはほんの一部……。そして、そんな着てない服ばかりなのにも関わらず、収納スペースは足りず。同じ悩みを持つ人も多いのではないでしょうか?

どうして着られない服になってしまうの?

クローゼットの中にある、活用されていない服。最初は素敵に見えて購入したのに、どうして「着られない服」になってしまったのでしょうか。『クローゼットの引き算』(金子由紀子・著/河出書房新社・刊)によると、それぞれにちゃんと理由があるとのこと。服を手に入れたときのことを思い出してみると……、「今、流行アイテム。ちょうど欲しいと思っていたから手に入れるべき!」「気に入ったアイテムは全色揃えておけば、きっと着回しがきく」「パーティが近づいている! 何でもいいからそれらしいものを買っておかないと!」といった具合で購入したものが、タンスの肥やしになっているよう。
「流行アイテム」は、あっという間に流行が終わってしまい、今着るのは恥ずかしい。「全色揃えた服」は、結局一色しか着ていない。「間に合わせのパーティ服」は、急いで妥協して買ったので、一度着たらもう着る気がしない……。図星!という人も多いのでは? これらの理由は大きく分けて、「買うのに時間をかけなかった」もしくは「お金をかけなかった」の2つに分類されるそう。「時間をかけなかった」のは、ショッピングにかける時間だけでなく、日頃から自分がどんな服を持っているかを把握しておくなどの計画をする時間。つまり「服の管理する手間」をかけてないこともいえるとのこと。

クローゼットがスッキリすれば、時間、空間、お金の無駄がなくなる

では、クローゼットの無駄がなくなればどんないいことがあるのでしょうか?
収納のゆとりが生まれることはもちろん、無理やり詰め込んだり押し込んだりせずにすむので、変なシワがつくこともなし。さらに、手持ちの服のバリエーションがラクに把握できるのでコーディネイトがすぐ決まり、仕度する時間もスピーディに。そして、手持ちの服と似たような服を買うとか、コーディネイトしにくい服を買うような無駄な出費がなくなれば、その分1着に対する予算をより多くかけて、質の高い服を手に入れることができる。衣替えも素早く終わって、片付けの手間も軽減。と、時間、空間、お金のムダが省けるようになるというわけです。

 まずは自分のライフスタイルを把握してから、片づけを!

すぐにでも、クローゼットの中をスッキリさせたい! でも、その前にやるべきは、「自分のライフスタイルを知る」ことだそう。
「いらないものは、捨てよう!」と、勢い任せで片っ端から捨て始めても、それは一時的なもの。捨てた直後はスッキリしても、しばらくすればまた着られない服がたまって元通り……。年齢、仕事、立場、役割、忙しさや居住地の気候、体質、交通手段など、あらゆる立場や環境で「必要な服」の枚数は変わってくるもの。同じ年齢だとしても、仕事が違えば行動範囲はまったくことなるので、まずは、自分のライフスタイルを把握して必要な服を割り出すことが大切なのだとか。
いよいよ、クローゼットの中の整理する際のオススメの方法は、まず手持ちの服をすべて出し、最も活用度の高い服には〇、〇よりはランクが低いものの処分するのはもったいないという服は△、活用していなし、処分してもいいと思える服は×という、この3つに山分けを。ここで、シビアになるべきは△ランクの服。△の理由もさまざまですが、例えば、ボタンが取れているとか、裾まつりがほどけたなどの理由で使用頻度が低いならば、お直しして〇ランクに格上げで着る可能性が。しかしながら、補修する気が起きないならば、それは×に格下げと言った具合に、品定めを!  また、×ランクに分類された服がなぜ「着られない服」になったかを明らかにしておくことで、今後の無駄な買い物を減らせるはず! 自分に本当に必要な服を見極めて、「着ていく服がない……」という悩み、解消しましょう!

(文・カキヌマヨウコ)

クローゼットの引き算

著者:金子由紀子
出版社:河出書房新社
ため込んだ「着ない服」をなくせば、人生のムダもスッキリ!「○△×」の簡単仕分けで、心地よいシンプル空間が確実にキープできる。少しのお金・時間・空間で、おしゃれは十分楽しめる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事