ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

駅前の署名ボランティアについていったらどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「ただいま絵画の展示販売やってまーす!」
「手相の勉強をしています。あなたの手相を見せてもらえませんか?」
街中で、このように声をかけられた経験が、誰でも一度や二度はあるだろう。
明らかに胡散臭い…と思い無視するも、もしも話を聞いてみたら、実際についていったらどうなるだろう、という興味はある。知りたい。でも怖い。でもでも、その先に何が待っているのか、誰か教えてくれないかな…。

実際についていった人物

そんな好奇心にこたえるべく、街中で飛び交う怪しい誘いに応じ、悪徳商法の実態を暴くため、自らその罠にはまりにいった人物がいる。ルポライターの多田文明氏である。彼の著書『マンガ ついていったらこうなった 実録!悪徳商法潜入ルポ』(多田文明・著/イースト・プレス・刊)では、結婚相談所、署名活動ボランティア、絵画販売、デート商法、芸能プロダクション、ヒーリングサロン、手相、英会話スクール、ヘアケアアドバイスと、実に様々な潜入取材を行い、ついていった先にはどんな罠や騙しが待っているのか、その様子を教訓と共に私たちに指南してくれている。

署名活動ボランティアの全貌

たとえば、 駅前でよく見かける署名活動ボランティア。「◯◯のために署名をお願いしまーす」というアレだ。もちろん、本当に支援のために署名活動をしている団体もあるが、中には怪しいものも少なくない。
そんな怪しげな団体の実態を暴くため、多田氏が声がけに応じて署名をすると、名前や住所欄の最後に金額記入欄が。どうやら署名させて断りにくくさせてから募金を要求する戦法らしい。そして促されるまま募金をすると、「近々チャリティーコンサートがあるので来てほしい」というさらなる誘いが。後日、指定された場所に向かうと、「今日は話していた場所ではなく、自分たちがよく公演している喫茶店に行こう」と、ある喫茶店に連れて行かれた多田氏。その喫茶店の地下でショーが行われるから見てほしいと言うのでさらに潜入すると、ショーのチケット1000円を当たり前のごとく支払わされ、訳の分からない歌と踊りを見せられ、身も心も疲れ果てた頃にようやく解放されたとのこと。

ちなみに、署名は都知事への陳情に使うとのことだったが、多田氏が都庁に確認したところ、そのような署名は届いていないという。はたして、署名や募金など人々の小さな善意は何処へ行ってしまったのか…。

ターゲットになりやすい人物とは

私の友人も、街で若い女性に絵画の展示販売チケットを差し出され、つい受け取ってしまったという一人。何の気なしにチケットを受け取るや否や、直ぐ様「こちらへどうぞ!」と、半ば強引に建物の中に連れ込まれたそうな。中には、絵画が数十点飾られていて、他に人気はない。促されるまま席につくと、プライベートな項目満載のアンケートへの記入を要求され、チラリと視線を向けた絵画を全力でセールスされたとのこと。執拗に迫ってくる女性を振り切り、なんとか部屋を脱出して事なきを得たらしい。

友人は振り返る。田舎から就職で上京したばかりだったあの頃の自分は、いかにも「東京に慣れていません」オーラが出ていたはず。親しい友達もまだおらず、一人きりで歩いていた池袋。そこで、前述の出来事が起こったのだという。純朴そうに見え、単独行動をしていた友人は、悪徳勧誘者たちの格好のターゲットだったようである。

悪徳商法にひっかからないために

最後に、多田氏から教わる、悪徳商法にひっかからない方法をご紹介する。それは、「金ない。暇ない。不満ない」と言う「三ナイ運動」である。
「金がない」相手からは、金をむしり取ることは出来ないし、「時間がない」相手を説得して契約までこぎつけることは難しい。そして、悪徳商法を行う人々は相手の不満やコンプレックスにつけこむ。従って、現状に「不満がない」相手には、付け入る隙がないのである。
そういえば、私が以前「いま、悩み事はありませんか?」と怪しい人物に声をかけられたときのこと。そのときの私はすべてが上手くいっていて「人生って素晴らしい!」と幸せの絶頂だったので、こう答えた。「いやー、ものすごく幸せなんです♡」「でも、何か気になることとかありませんか…?」「特にないですねぇ~本当に幸せなので♡」とあまりにも幸せ幸せと連呼していたら、あちらから立ち去ってくれた。そう、悪徳商法を行う者たちは、幸せなヤツには興味がないのだ。何か不安や不満を抱えている、私たちの心の隙間を、彼らは狙っている。

詐欺や悪徳商法は、年々手口が巧妙になってきており、被害も増加の一途をたどっている。皆、まさか自分が騙されるはずがない…と思っていたのにも関わらず。やたらと怪しい勧誘を受ける方、まずは本書を読んで悪徳商法の全貌を知った上で、ぜひ多田氏が提唱する「三ナイ運動」を試してみてほしい。

(文・水谷 花楓)

マンガ ついていったらこうなった 実録!悪徳商法潜入ルポ

著者:多田文明
出版社:イースト・プレス
デート商法、絵画販売、結婚相談所、募金ボランティア、芸能スカウト、英会話スクール、ヘアチェック、手相鑑定… 私たちの心の隙間を狙ってくる、悪徳商法について 著者自らの体験取材を元に徹底解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事