ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

見た目で人の性格を見抜く方法、教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

初対面の人に会ったときに、この人は「優しいそう」「冷たそう」「頭がよさそう」といった印象を受けることがあります。実際、人相には性格が表れ、長所、短所はもちろん、どんな才能があるか、どんな職業に適しているかまで分かってしまうようです。

顔の形から基本の性格が判断できる

人相判断でまずチェックしたのが、“顔の形”。『 [新版]日本で一番わかりやすい人相診断の本』(宮沢みち・著/PHP研究所・刊)によると、人の顔は、逆三角形、三角形、正方形、長方形、丸、卵、ダイヤモンド、ハートの8つに分類されるそう。そして、各顔の形から基本の性格が読み取れるのだとか。
さて、あなたの顔の形は? 当てはまるタイプをチェックしてみましょう。
広い額と先細りのあごを持つ<逆三角形タイプ>。このタイプは、向学心旺盛で、頭脳明晰。10代から活躍する早期才能開花型。
逆に額が狭く、あごが広い<三角形タイプ>は、面倒見がよく人望が厚い人。リーダー的存在のようです。
<正方形タイプ>は、不屈の精神の持ち主で、努力が実を結ぶ人生の持ち主。
<長方形タイプ>は、華やかで企画力と行動力に恵まれた知性派。
<丸タイプ>は、流行に敏感で、交際上手。機転がきく楽天家。
<卵タイプ>は、温厚。教養が高く才色兼備。
<ダイヤモンドタイプ>は、革新に挑むパイオニア。仕事人間でビジネスの才能にも長けている人。
<ハートタイプ>夢を追うロマンチストタイプ。
初対面の相手の性格も、見抜けるかも!?

 口の形には、本能的な欲求や品格が表れる?

そ して、目や眉、鼻、口、耳の5つパーツには、さらに細かく、人の性格や欲求、愛情、仕事に関することが表れているそう。それらのパーツの中から、口元をク ローズアップしてみましょう。口は目と同じく表情豊かなパーツですが、目が真実を語るのに対し、口は心にもないことを言葉で語ることも。だからこそ、本能 的な欲求や品格が表れようです。
<大きい口>の人は、明るく好奇心旺盛な成功相。指導者としての素質があって運の強い人。<小さい口>の人は控えめで、心優しく気配り上手。欲がなく、人をサポートする人。<薄い口>の人はプライドが高く、人付き合いもクール。名誉や権力を求め、自尊心が強いタイプ。<厚い口>の人は、生活意欲120%の博愛。情けに厚く、困っている人がいれば放っておけない、思いやりがある人。
そして、理想は口角が上がっていること。そうすれば、口がお皿となり、天から与えられた幸福とたっぷり受け取れるのだとか。

日ごろの心持ち次第で、よい人相に

「顔 はうまれつきだから、変わることはない」と思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、人相は、時や場所、関わる人によって刻一刻と変化しているそ う。確かに朝起きたときと、外出するときでも異なれば、家にいるときと会社での顔も異なります。そして、一緒にいて幸せな気持ちになれる人のそばにいれば 自然とよい相に。逆にイライラしている人と一緒にいると悪い相に……。と、関わる人による変化は大きいようです。人相は自分で作るもの。幸運を呼び寄せる 人相を引き寄せましょう!

(文・カキヌマヨウコ)

[新版]日本で一番わかりやすい人相診断の本

著者:宮沢みち
出版社:PHP研究所
「人相」とは、人の顔の相を読むものです。人の顔は、おおよそ8つのタイプに当てはまり、その性質を知ることができます。本書で紹介する人相は、タイプ分けに加え、パーツの形や大きさ、色などを細かく観察、分析し、体系化しています。人相を見るときのポイントは7つあります。まずは顔の形やおうとつなど大きな特徴から入り、目や眉などパーツを判断。そしてしわやほくろなどの細かいポイントを見ていきます。この順番で見るとスムーズに、かつ的確に人相を判断することができます。本書では、顔の形や目鼻立ちといった人相からその人の性格や欲求、現在・過去・未来の運勢などをズバリ知ることができます。相のタイプがひと目で見分けられるカラーイラストで、ぴったり合った説明・アドバイスにたどり着けます。また、よい運はもっとアップするように、イマイチな運はクルリと好転するよう に、開運法も紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事