ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

見た目こそ、中身と同じくらい大切にしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2015年11月8日、爆笑問題さんがMCを務める『日本のダイモンダイ』という生番組がTV放送された。スタジオゲストと観客、そして一般視聴者がAとB二つの選択肢から答えを選び、多数派意見を正解として進行していくフォーマットだ。番組の半分を過ぎた頃、自分のルックスはA.平均以上だ。 B.平均以下だ。という設問があった。 結果はAが48.4パーセント。Bが51.6パーセント。ざっくり言って半々だが、自信を持ちきれない、あるいは卑下気味の人たちが意外に多い気がする。両グループの差3.2パーセントという数字も実に微妙で、惹かれる。

選択肢が増えたら結果が変わった

もうひとつ、とてもよく似た内容のアンケートを紹介しておきたい。こちらは、 「マイナビ学生の窓口」というサイトが行ったもので、自分のルックスについて平均より上、平均、平均未満というランク付けをしてもらう内容だ。ちなみに、実施されたのはこちらの方が先だ。 結果は、平均より上:17パーセント、平均:47.8パーセント、そして平均未満:35.2パーセントとなった。『日本のダイモンダイ』での結果と比較しよう。選択肢を三つにすると、自分のルックスは平均以上だと思う人が16.4パーセントも増え、100人に65人が自分の外見はそこそこイケてると感じていることになる。 『日本のダイモンダイ』の設問で苦渋の選択を迫られた3.2パーセントにとっては、居心地のよい選択肢ということになるだろうか。

普通であることの心地よさ

〝平均〟という言葉は、〝普通〟に置き換えられると思う。でも、最近日常会話で使う〝普通〟には〝平均〟よりもポジティブな響きとプラス要素を感じる。「フツーにおいしい」とか、「フツーにかわいい」という言い方がネガティブであると思う人の数は確実に減少しているはずだ。二つの言葉の辞書的意味は、字面でこそクロスオーバーする部分が多いものの、日常語としては乖離が始まってしばらく経っている。

世界各国イケメン基準

Buzzfeedというサイトで、『Men’s Standards of Beauty Around the world』(男性の美的基準世界版)という記事を見つけた。世界12カ国における理想の男性像についての文章で、わかりやすい動画も公開されている。ここでは韓国とフィリピン、そしてアメリカについて紹介しておく。 近いところで韓国から始めよう。男性の間でも美容整形が流行っているという事実については、「やっぱりね」という感じだ。加えて、スキンケアに費やす金額が世界で1位という結果が出た。目鼻立ちがきりっとしてお肌がきれいなのが、モテる韓流男子のステレオタイプということらしい。
同じアジアでも、フィリピン男性の考え方はラジカルだ。古いデータだが、2004年に行われた意識調査ではマニラ在住男性の84パーセントが「男は見た目がすべてだ」と思っているという結果が出た。〝見た目がすべて〟という表現のかつての意味はマッチョであることだったが、最近は〝メトロセクシャリティー〟(外見やライフスタイルへの強いこだわりと美意識を持ち、時間とお金を使うこと)という、より間口の広い言葉が使われるようになった。
アメリカの白人男性の間では、長く伸ばしたあごひげとチェックのシャツの組み合わせがマストアイテムとなっているようだ。去年は〝ランバーセクシャル〟(セクシーな木こり)という言葉が流行した。気は優しくて力持ち。しかもひげが似合うセクシーな男子。そんなイメージだろうか。

男も女も、結局は見た目なの?

『見た目を磨く人は、うまくいく(中谷彰宏・著/学研プラス・刊)のまえがきには、次のような言葉が記されている。

見た目にこだわらない人は、「人間見た目よりも中身だ」と思っています。これには、原因があります。見た目にこだわらない人は、「見た目は持って生まれたものだから、今さらどうしようもない」と思い込んでいます。 見た目は、姿かたちだけの問題ではありません。
『見た目を磨く人は、うまくいく。』より引用

著者の中谷さんがターゲットにしているのは、こんな人たちだ。
1. 見た目を磨きたいけど、どうしていいかわからない人。
2. 見た目を磨くことで、意識を高くしたい人。
3. 大切な人が見た目で損をしているので、教えてあげたい人。
外見を整えることで中身がついていくことだってあるだろうし、見た目を大切にする人こそ中身も大切にするんじゃないだろうか。 で、筆者は〝見た目〟と〝変わる意識〟に関する67項目のキーワードをいくつこなせるか? とりあえず、体脂肪をあと2パーセント落として10パーセント台にすることをここに誓います。

【参考リンク】
『そんなに多いの!? 自分のルックスが平均以上だと思っている人は64.8%!』
(https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/18556)

Buzzfeed: 『Men’s Standards of Beauty Around the world』
(http://www.buzzfeed.com/eugeneyang/mens-standards-of-beauty-around-the-world#.bhApBVVd3)

(文:宇佐和通)

 

見た目を磨く人は、うまくいく。

著者:中谷彰宏
出版社:学研プラス
外見にこだわる人は、仕事も、恋愛も、人間関係もうまくいく。人は「中身」が肝心とはいえ、やっぱり「見た目」で判断されるのだ。姿勢、体型、服装、身だしなみ、表情、しぐさなど…、見た目を磨くことで、パッと見のオーラを輝かせ、チャンスをつかむ方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事