ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

もしツチノコを見つけたらどうしたらいいんだろう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

UMAという単語をご存知だろうか。「Unidentified Mysterious Animal」の略で、日本語に訳すと「未確認生物」となる。

一度は耳にしたことがある名前だが、実際に存在が確認されていない。そんな生き物がUMAなのだ。

日本の代表的UMA「ツチノコ」

日本で代表的なUMAといえば、ツチノコだろう。ツチノコを知らない方のために簡単に解説すると、ビール瓶ほどの胴回りの蛇だ。全長は30〜80cmほど。

このツチノコは、日本全国で目撃例があるものの、実際に捕獲されたことはない。まさに伝説の蛇、UMAなのだ。

このツチノコの正体についてはいくつかの説がある。卵や餌を飲み込んだ状態のアオダイショウ、妊娠中の蛇、太めの胴を持つヤマガカシの見間違い、オーストラリアから1970年代に日本に輸入されたアオジタトカゲ……。諸説あるものの、確証はない。

ツチノコの正体はまだわからない。ということは、ツチノコがいるという可能性はゼロではない。可能性が1%でもあるということは、ツチノコは存在するはずだ! 僕はそう思っている。

台湾にもツチノコがいた!?

実は、ツチノコの目撃例は日本だけではない。台湾でも目撃され、写真に収められている。その正体については、『[超保存版]UMA完全ファイル』(飛鳥昭雄・著/ヒカルランド・刊)では、トカゲの一種ではないかと記されている

手脚があるかないかの区分けは当てにならない。なぜなら脚のないトカゲが、中央部アジルのセラード地域のサバンナやアマゾン川近辺に生息し、これまでに14種類も見つかっているからだ。(中略)蛇とトカゲの違いは何かというと、蛇にはまぶたがないが、トカゲにはあるという点だろう。それから、耳の穴は蛇にはないがトカゲにはある。

(『[超保存版]UMA完全ファイル』より引用)

台湾で写真に収められたツチノコとされるものは、まぶたと耳の穴が確認できる。そのため。台湾のツチノコはトカゲの一種なのだろう。やはり、ツチノコは日本にしかいないのだ!

ツチノコロマンは未だ熱冷めやらず

ツチノコがブームになったのは、1970年代。テレビで取り上げられたりマンガになったりと、ツチノコが注目されることとなった。

これに伴い、各自治体などでツチノコ捕獲キャンペーンを開始。捕獲した人には懸賞金を出すという自治体が続々と現れたのだ。

実は、このツチノコ捕獲の懸賞金制度はまだ残っている。新潟県糸魚川市では生存捕獲で1億円、写真提供で10万〜100万円、岡山県赤磐市は生存捕獲で2015万円、岐阜県東白川村では100万円+αなどなど。現在も町おこし・村おこしの一環としてツチノコ捕獲を目論んでいる自治体がある。

目撃情報も寄せられているようで、21世紀になってもツチノコは追い求められているのだ。

見つけてもそっとしておいてあげようよ

実際にツチノコがいるかどうかはわからないが、今でもツチノコを探している人たちがいるのはわかった。

仮にツチノコがいたとしよう。そして、それを山奥などで見かけたとしよう。だけど、捕獲するのはやめたほうがいいのではないだろうか。

ツチノコにはツチノコの生活があるだろう。長い間その姿が確認できないのも、ひっそりと生きていきたいからではないだろうか。

ツチノコにだって家族がいるかもしれない。もしツチノコを捕獲した場合、その奥さんや子どもが「今日はお父さん遅いねー」「も、もしかしたらパパ……。あなた、あなたー!!!」などという会話が繰り広げられていたらと思うと、胸が痛む。

ツチノコの姿が確認できたとしても、写真を撮る程度にしておいたらどうだろうか。

UMAにはUMAでいる理由があるはず。もし自分がツチノコだったら、今までひっそり暮らしてきたのだから、これからもひっそり暮らしていきたいと思うはずだ。

そんなUMAの気持ちを汲んで、もし見つけてもそっとしておいてあげる。それが人間がUMAにできる、唯一のことなのではないだろうか。

(文:三浦一紀)

[超保存版]UMA完全ファイル

著者:飛鳥昭雄
出版社:ヒカルランド
陸海空、世界のいたるところに実在する未確認生物たち。飛鳥昭雄が長年収集し続けてきた極秘UMA情報を一挙に大公開。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事