ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

スーパーリッチ層へのパスポート。それはクオンツ理論。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ちょっと考えていることがある。起きている時間のかなりの部分をコンピューターのモニターを見ながら費やしている筆者が、同じくらいの時間を使って、今の状態と限りなく近い環境でできる仕事はないだろうか。もうちょっと詳しく、そしてさもしい言い方をするなら、より効率的に収入を得ることができる仕事だ。
さまざま思いを巡らせ、記憶を辿るうちにひらめいたのが、職業名としてもクールな響きを感じるデイトレーダーだ。

デイトレーディング→ヘッジファンドへの道

まずは、ベタな妄想にお付き合いください。いくつものモニターをドラムセットのシンバルのように配置し、それに加えてタブレットやスマホも同時稼働させながら、すべてのスクリーンに写っているチャートを一瞬で読み取り、次の一手を打っていく。
まずは松居一代さんクラスを目指したい。そこから先の道のりも長いはずだ。トレーディングである程度の資金力ができたら、勝負の舞台を大きくしよう。次のステージはヘッジファンドだ。新しいステージで、全幅の信頼を寄せることができる〝神トレーダー〟みたいな人物はいるのだろうか?
その人は、アメリカにいる。そしてその人は、『ウォール・ストリート』でマイケル・ダグラスが演じたゴードン・ゲッコーのような冷徹なビジネスマンではない。

クオンツの帝王は物理学者

2015年8月の時点で140億ドル(約1兆7000億円)という、ブルガリアの国家予算に匹敵する総資産を誇る人物の名前はジェームズ・シモンズ。何よりもまず、物理学者として世界的に有名だ。1938生まれなので、今年で満年齢は76歳か77歳になる。〝クオンツの帝王〟とか〝世界一賢い億万長者〟というニックネームで呼ばれるに至るまでの経歴はとてもユニークだ。
MIT(マサチューセッツ工科大学)を卒業後理論数学を学び、ベトナム戦争の時は暗号解読の専門家として国防省で働いていた。その後ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校で数学教授を務め、1976年に数学界において最も名誉ある賞のひとつであるオズワルド・ヴェブレン幾何学賞を受ける。1982年にヘッジファンド運用会社ルネサンス・テクノロジー社を設立し、数学理論を駆使する〝クオンツ〟という手法で大成功を収めた。
クオンツとは、1980年代に一部の科学者が量子力学理論と金融工学を組み合わせる形で編み出された投資手法だ。数学および物理学理論を株式市場に当てはめて投資を行い、利益を出していく。この手法にはマーケット分析や投資戦略、そして金融商品の考案や開発までが含まれる。シモンズ氏はこのクオンツ理論に磨きをかけ、自動計算で取引できるシステムを構築し、ルネサンス・テクノロジーを世界最高レベルのファンド運営会社に育て上げた。

異端者集団で作られる異端の会社

ウォール街の異端者であるシモンズ氏が作った異端の会社であるルネサンス・テクノロジーの採用基準は、当然のことながらかなり変わっている。採用されるのは、金融業界での実務経験がまったくない学術畑の人材ばかりで、特に目立つのが数学や物理学、そして統計学の博士号保持者だ。理論しか知らないはずの学者集団が、百戦錬磨のトレーダーをはるかに上回る収益率を上げ続ける会社を支えている。
1988年に立ち上げられたルネサンス・テクノロジーの主力ファンド「メダリオン」は、10年間で2478.6パーセントという収益率を達成した。90年代後半から現在に至るまでの各国ヘッジファンド収益率の実質的な数字は、平均4パーセント程度と言われている。日本国内に限って言えば、2014年は5.4パーセントという数字が公表されている。メダリオンのモンスター・ファンドぶりと、数学・物理学理論を基にした投資手法の優秀さばかりが際立つと言っていいだろう。

楽しさを追いかけたからこそ手に入れられた経済的成功

『ウォール街の物理学者』(ジェイムズ・オーウェン・ウェザーオール・著/早川書房・刊)は、学術書であり金融工学の歴史書であり、そしてスリリングなノンフィクションでもある。
数学は決して得意科目ではなかったし、金融工学なんてまったくわからない筆者でも、クオンツが誕生した背景や現代金融理論と物理学モデルの深いつながりは理解できた。読みやすいな、と感じた理由は、数式が一切使われていないからだ。
これは筆者だけの印象かもしれないが、シモンズ氏がルネサンス・テクノロジー社を立ち上げた理由は、巨万の富を得たかったからではなく、自らの理論が正しいことを金融相場が証明してくれる過程を見たかったからではないだろうか。
2015年3月、カナダのブリティッシュコロンビア州で行われた公開インタビューで喜々とした口調で語るシモンズ氏を見る限り、そんな気がしてならない。

(文:宇佐和通)

ウォール街の物理学者

著者:ジェイムズ・オーウェン・ウェザーオール
出版社:早川書房
いまウォール街では、既存の金融人とはまったく異質な人々が勃興している。「クオンツ」と呼ばれ物理や数学のエキスパートでもあるトレーダー達は、複雑怪奇な市場をいかに予測し、成功しているのか? 物理学者はいかにして「予測不能」な市場を読むのか? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事