ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

切手のコレクション、今もやっている人いるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このコラムの筆者は、子供のころから何かと“収集癖”がある。振り返ってみると、ビックリマンシールをはじめ、プロ野球カード、ドラゴンボールのカードダス、バーコードバトラーのカード……。などなど(やばい、歳がばれる!)、ありとあらゆるものを集めまくってきた。

筆者は総じて“紙モノ”が好きだ。中学時代には切手を集めていたこともある。

まだまだ健在、切手の本

先日、テレビ東京の「なん●も鑑●団」を見ていたら、エラー切手のシートに800万円という凄まじい値段がついていた。

ふと、電子書店で切手の本なんてあるかなあと思って検索をかけてみたところ……、あった! 『皇室切手』(内藤陽介・著/平凡社・刊)という一冊だ。

表紙を飾るのは昭和34年に発行された、皇太子殿下(現在の今上天皇)御成婚記念の切手である。昭和30年代から40年代にかけて、切手収集はチビッコたちから大人まで、幅広く大ブームになった。今では考えられないことだが、記念切手の発売日ともなると郵便局に行列ができたのだという。

この皇太子殿下御成婚記念の切手は、当時の切手少年たちの憧れの1枚であった。印刷も美しく風格もある。使うのが惜しい切手である。なお、戦前から現代まで、皇室関係の切手は数多く発行されている。切手を集めれば、近代以降の皇室の歴史をたどることができる。切手コレクションはちょっとした教養を高めるには最適ともいえる。

切手コレクションは趣味の王様

切手コレクションは“趣味の王様”と言われることがある。気軽に集めることができるからだ。

切手の額面は1円からあるので、1円からコレクションを始めることができる。また、自宅に届く手紙に貼られている切手を集める方法もある。これならタダでできてしまう。

もちろん、高価なものはどえらいレベルで高額だ。前出の800万円するエラー切手をはじめ、数千万円する切手も珍しくない。だが、そういうプレミアな世界に手を出さない限りはそれほどお金もかからず、場所もとらない。極めて健全な趣味といえるだろう。

切手コレクターの現状

ところで、切手を集めている人って、現在どれだけいるのだろうか。

都内の某切手ショップで聞いてみたところ、コレクターは減少傾向らしい。趣味が多様化しているからだろう。

そのせいか、切手のプレミア価格が値下がりしている。たとえば、切手ショップに記念切手を買い取ってもらうべく、持ち込んだとしよう。ほとんどが額面以下での買い取りになる(例えば82円が60円で、といった具合)。プレミアが付くものはごくごく限られているそうだ。コレクターが少ないため、「見返り美人」「月に雁」などの有名な切手も、かつてよりも販売価格が下がっているのだという。

切手を集めるなら今がチャンス!

コレクションを始めるには、今がチャンスなのかもしれない。

何しろ、安いのだから。

子供時代にちょっと集めたことがあるという人……、なんとなく趣味を探している人……、切手収集を初めてみてはいかがだろうか。憧れの切手が大人買いできてしまうのだ!

ところで、筆者も「かつての趣味をもう一度!」という気持ちで、郵便局で記念切手を買ってみた。最初は眺めながらニヤニヤしていたが、3日坊主で終わってしまった。ちなみに、切手は出版社に原稿料の請求書を出すのに使った。飽きたら使うことができるので損はしない。精神面でも実に良い趣味といえるかもしれないと思った。

(文:元城健)

皇室切手

著者:内藤陽介
出版社:平凡社
切手はメディアだ!!130年余にも及ぶ日本切手の歴史において数々の皇室切手が発行されてきたが、本書では、まず、それぞれの切手について、発行の背景やその政治的・社会的意味を明らかにしようとした。そのうえで、近代以降の日本における“皇室”の意味についても、切手という史料を通じて、従来とは異なった視点を読者諸賢に提供できるよう、最大限の努力をしたつもりである。皇室イメージ130年間をたどるモノがたり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事