ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

スプーン1杯のオリーブオイルで、やせ体質に! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「油はダイエットの大敵!」と思いがちですが、実は脂肪燃焼をサポートしてくれる油もあるんです。パスタなどに欠かせない、オリーブオイルもその代表的な存在。“良質な油”にはダイエット、美肌、アンチエイジング効果も! 美しく、健康にやせたい! ならば、オリーブオイルのパワーに頼らない手はないのです。

代謝アップ、老化防止、便秘解消……と、うれしい効果がいっぱい!

オリーブオイルの7割以上を占めるのが“オレイン酸”です。
オレイン酸は、血中の中性脂肪を調整し“血液サラサラ”効果があるといわれている不飽和脂肪酸の一種で、脂肪のため込みを防ぐ効果も期待できるのです! また、ワインなどでも知られるポリフェノールも豊富。ポリフェノールに含まれる「抗酸化成分」は、肌老化や成人病の原因ともいわれる活性酸素をおさえる働きがあるほか、脂肪の燃焼を促す効果も。つまり、オリーブオイルは、オレイン酸&ポリフェノールのダブルで、健康&太りにくい体をサポートしてくれる、うれしい油なのです。
さらに、油は腸の中の便の流れをスムーズにしてくれるので、便秘改善にも効果大。便通がよくなればポッコリお腹の解消はもちろん、毒素を排出できることで代謝アップや美肌効果にもつながります。

スプーン1杯プラスするだけで、栄養価がグンとUP!

ダイエットの敵どころか、欠かせない存在!である、オリーブオイル。パスタやサラダなど以外でも、手軽&簡単に取り入れる方法を『スプーン1杯! お腹が凹むオリーブオイル・レシピ』(浜内千波・著/PHP研究所・刊)からピックアップ。
実はフレッシュジュースとも、意外と相性がいいオリーブオイル。スプーン一杯を加えるだけで、ダイエット効果がグーンとアップするのだとか。例えば、トマト1個をミキサーにかけたフレッシュトマトジュースにオリーブオイルを1杯プラス。トマトのリコピンに、オリーブオイルのオレイン酸が加わることで、代謝サポート効果もアップ! また、無糖ヨーグルト大さじ3と、水1/2カップをミキサーにかけたものと、ざく切りにしたアボカド1/4個とピーマン1個を器に入れ、仕上げにオリーブオイルを1杯。アボカド+オリーブオイルで、代謝アップのほかむくみ解消にも効果的です。

2種類のオリーブオイルを使い分けて、料理上手に

オリーブオイルというと、よく耳にするのが「エキストラバージンオリーブオイル」と「ピュアオリーブオイル」の2種類。その違いって何?と思っている人も多いのでは?
「エキストラバージンオリーブオイル」は、生の果実を搾って濾過し、精製(化学的処理)をしていないオイル。色は緑がかったゴールドで、風味がとっても豊かなので、サラダや前述のジュースにはこちらがオススメ。それに対し「ピュアオリーブオイル」は、精製したオリーブオイルにバージンオリーブオイルを混ぜて、食べやすい風味の調整したもの。こちらは、炒めものなどの加熱料理向き。生食か加熱料理かによって上手に使いわけるのが◎!

つらい運動や食事制限でダイエットを頑張っている方。その前に、ぜひ、オリーブオイル1杯の習慣を取り入れてみては。

(文・カキヌマヨウコ)

スプーン1杯! お腹が凹むオリーブオイル・レシピ

著者:浜内千波(著)
出版社:PHP研究所
「美しく、健康的にやせたい」と思うなら、毎日の食事にオリーブオイル・パワーを! 面倒なことは一切ありません。毎日、大さじ1杯、オリーブオイルを摂るだけの、簡単ダイエットです。(――本書より)スプーン1杯のオリーブオイルで、脂肪を燃焼、便秘も解消! 油は「健康に悪い」というイメージが強いですが、大きな間違い。問題は「油の種類」なのです。オリーブオイルに豊富に含まれるオレイン酸は、あなたの体を太りにくい(脂肪がつきにくい)体へと変えてくれます。さらに、オリーブオイルのポリフェノールには脂肪燃焼、美肌、アンチエイジング効果も! 本書では、そんないいことづくめのオリーブオイルと、抗酸化作用の強い野菜をたっぷり使ったレシピを紹介。また、肉の脂身やバターなどの動物性脂肪をオリーブオイルに置きかえているため、満足感が高いのにローカロリー&ヘルシー。おいしく食べてキレイにやせられる。それが浜内式オリーブオイル・ダイエットです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事