ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

「MEGWIN TV」は「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」である

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

有名なYouTuber(ユーチューバー)たちは、1年間で何千万円というカネを稼いでいるらしい。動画が再生されるたびに広告収入が発生するからだ。興味があったので、現役YouTuberの本を読んでみた。

YouTuberに必要なもの

YouTubeで小さく稼ぐ』(MEGWINー関根剣/著)によると、はじめはスマホやケータイのカメラで撮影すれば十分だという。

これは著者が2009年にアップロードした1分半の動画だ。撮影機器は不明だが、映像がピンぼけしているにもかかわらず再生数は300万回を超えている。たしかに面白い。笑っているときには画質やカメラの性能は気にならない。

高性能でないカメラで見やすい動画を作るためには、いくつかコツがある。まずは、手ブレに気をつけること。撮影するときはカメラ(スマホ)を両手でしっかりもつ。商品レビューや先ほど紹介したワニワニパニック動画のようなものを収録するときには、かならず三脚を使ったほうがいい。スマホ用のものなら100円ショップでも買える。

MEGWIN(メグウィン)が動画制作をはじめた理由

本書には、人気動画を作り続けるためのノウハウが惜しみなく紹介されている。著者は10年以上も動画投稿を続けている有名YouTuberなので、どれも参考になりそうなものばかりだ。

ところで、動画制作をしはじめた理由がユニークだ。じつは、著者であるMEGWINこと関根剣さんは元お笑い芸人なのだ。動画制作をはじめたのは、芸人時代のお笑いライブで使用する「つなぎ映像」がきっかけだった。関根さんのネタよりも、関根さんが制作した「つなぎ映像」のほうがお客さんのウケが良かったという。

単独ライブを開催できるほど一部界隈では人気があったものの、関根さんは芸人を引退する。そして、2005年ごろから『MEGWIN TV』という名でインターネットに動画投稿をはじめた。それからというもの、10年間にわたって毎日欠かさず動画を投稿し続けているというわけだ。

過激なバラエティ番組のノリを毎日お届け

2015年1月に公開された『元祖YouTuber「MEGWIN」に密着! お金のこともマジで聞いてみた(1/3) - オモトピア』という記事において、ご本人の口から「2014年の収入は数千万円」という数字が明かされている。

だが、そこまで到達するために約10年の歳月を費やしている。本書『YouTubeで小さく稼ぐ』によれば、2005年~2010年くらいまでのYouTubeは、いまほど収益機会に恵まれていなかったという。それでもコツコツと動画投稿を続けて、2010年ごろにようやくYouTubeと契約を結ぶことができた。

はじめは月数万円程度の収入だったが、いまでは法人化して、スタッフや出演者に給料を支払えるほどの収益があるようだ。MEGWINさんの場合、ほかのYoutuberに比べると大がかりな企画が多いため、社長であるご本人の取り分はあまり多くないという。

たしかに『MEGWIN TV』の再生数ランキングを眺めれば、MEGWINさん以外にも複数のスタッフが確認できるし、映像自体はチープであるけれど、ユニークな大道具や小道具がたくさん登場している。

たとえば、270万再生を超えているこの動画では、青色の全身タイツを着た「スライム」を演じるMEGWINさんに対して、ドラクエ呪文を再現している。スタンガンを押し当てる「ギラ」、布団圧縮袋に入った状態で空気を抜いていく「ザラキ」、揮発性の高い液体をしみこませた玉(?)にライターで火をつけてそれをぶつける「メラ」「メラミ」「メラゾーマ」など。往年の傑作バラエティ番組『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』にも負けていないリアクション芸を楽しむことができる。

人気YouTuberの道は「週1本の投稿」から始まる

直径4cmほどの一般的な輪ゴムを500本つなぎあわせて「伸縮するゴムひも」を制作して、それを命綱に、一般家庭の階段から飛び降りることで「バンジージャンプ」を再現しようという企画だ。ふつうのバンジージャンプならば地面に激突するまえに事無きを得るが、家庭用の輪ゴムを使った場合には……!? この動画も280万回以上も再生されているだけあってとても笑えた。

人気YouTuberになりたいからといって、かならずしも危険なことをしてみせる必要はない。だが、本書にも書いてあるとおり「人は人を見たいもの」だから、おなじことをやっていても「顔出し」動画のほうが訴求力は高まるようだ。MEGWINさんも推奨しているとおり、YouTuber志望者は「週に1本」を投稿することから始めてみてはいかがだろうか。

(文:忌川タツヤ)

YouTubeで小さく稼ぐ

著者:MEGWINー関根剣(著)
出版社:大和書房
昨日、スマホで撮った、ペットの動画がお金になる?実は動画はこづかい稼ぎの最強ツールだった。ペットや料理、掃除方法、メイクの仕方、折り紙の折り方、誰もが当たり前のようにやっていることを動画にしてアップするだけで、お金になるのがYouTube。楽しみながら、効率よく、「動画をお金に変える」テクニックを教えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事