ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

5050本のムダ毛を最速で処理するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

グーグルやフェイスブックの創業者は、優れた経営者であり、超一流のプログラマーでもある。iPhoneを世に送り出した故スティーブ・ジョブズは専門家ではないが、プログラムがもたらす価値をよく理解していた。

インターネット企業のおそるべき成長スピード

年間1000万台の自動車を販売しているトヨタは、世界中に多くの製造拠点を有している。じつは、インターネット企業も大規模施設が必要な産業だ。ミリ秒単位で増えつづける膨大な情報やログを保管するデータセンターを世界中に建設するため、グーグルは10億ドル規模の設備投資をおこなっている。

業種は異なるものの、3社の「時価総額」を比較してみると、フェイスブック(約2500億ドル)やグーグル(約4000億ドル)は、いずれもトヨタ自動車(約2000億ドル)を上回っていることがわかる。2014年~2015年にかけての数字だ。

実質的な業績である「純利益」を比較すると、トヨタが約2兆1千億円、グーグルが約1兆7千億円だ。かろうじてトヨタが上回っているものの、グーグルにおける収益の9割がインターネット広告収入であることや、創業が1998年であることを考慮すれば、成長スピードが従来の企業とはケタ違いなことがよくわかる。

天才プログラマー直伝! 最速の仕事術

グーグルの従業員数は、トヨタよりもはるかに少ない。つまり、従業員1名あたりの利益額ではグーグルの圧勝といえる。業種は異なるものの、トヨタ自動車にせまる利益を稼ぎだすグーグルが単なる「中抜き」広告代理店でないことは設備投資の額からも明らかだ。

インターネット企業であるグーグルが生み出す巨額の利益は、プログラマーと呼ばれる人たちによってもたらされている。競争力の源泉だ。

最速の仕事術はプログラマーが知っている』は、最小の労力と最短の時間ですぐれた結果を出すためにはプログラム習得者(プログラマー)の考え方が大いに役立つ、ということを解説している1冊だ。

本書には、天才プログラマーであり経営者でもある著者が心がけている40項目以上の仕事術が掲載されている。その中から「ループの最適化」を選りすぐって紹介したい。

ループの中を最適化する

プログラムにおいて欠かせないのは「ループ」という命令だ。「繰り返し」の意味で、コンピューターに指定した計算を繰り返しおこなわせるためのものだ。すぐれたプログラマーは、ループ命令における計算量をなるべく減らすことで、処理の最適化をおこなうという。

本書では、ループ最適化のたとえとして「女性のムダ毛処理」を挙げている。

日常におけるループ(繰り返し)であるムダ毛処理を最適化するには、脱毛の回数を減らせばいいのだ。すなわち「永久脱毛」をおこなえば、理屈のうえではループ回数がゼロになる。アイラインを入れ墨にすることも、毎日のメイクアップにかかる時間と労力を最適化する手法といえる。

最適化によって得られる快感はクセになる

わたしも(コピペを多用して)プログラミングをすることがある。PHPやRubyといったスクリプト言語を利用して、インターネット情報の自動収集や集計処理をおこなうためだ。

個人的な体験談を述べるならば、プログラミング習得における「ごほうび」は、いままで手作業でおこなっていたルーチンワークを最適化できたときに感じる「喜び」だ。大げさに言うならば、オーガズムに近い感覚である。

プログラマーの仕事術を参考にして「最適化することの快感」を一度でも経験すれば、あらゆることを工夫せずにはいられなくなるだろう。労力が減って、さらに空き時間も増える。良いことばかりだ。

(文:忌川タツヤ)

最速の仕事術はプログラマーが知っている

著者:清水亮(著)
出版社:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
スティーブ・ジョブズはこんな言葉を残しています。 「アメリカ人は全員コンピュータのプログラミングを学ぶべきだと思うね。 なぜなら、コンピュータ言語を学ぶことによって考え方を学ぶことが出来るからだ。」 ビル・ゲイツ(Microsoft)ラリー・ペイジ(Google) ジェフ・ベゾス(Amazon)マーク・ザッカーバーグ(Facebook) といった経営者は、みんなプログラマー出身者。 プログラミングから学べる思考法こそ、彼らのビジネススピードの原動力なのです。 KISS原則 = 「とにかくシンプルにしろ」 DRY原則 = 「同じことは書くな」 YAGNI原則 =「必要になってからつくれ」 プログラマーの世界には、こうしたムダを削ぎ落とすための数々の原則や仕組みがあります。 本書ではそこから導き出される実践的な仕事術を、国家認定天才プログラマーであり、経営者でもある著者が伝授します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事