ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

信じられない!下着について明記する学校

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中学・高校の学生時代を振り返ると、あらゆる理由で「○○をしたらダメ」と大人たちから行動を注意をされた、もしくは制限された経験が誰しもあるはず。その中には、ごもっともな指摘もあれば、大人になった今でも腑に落ちない指摘も数ある。

特に、学校生活では「校則」という名の法律が正義といわんばかりに、生徒を厳しく取り締まる鬼警官のような教師が多数存在する。彼らの取り締まりの熱意はさることながら「そもそもそこまで取り締まるべき法律(校則)なのか?」と疑問に思ったことはないだろうか。

この記事を書いている編集部・Fが通っていた某公立中学では、平成の時代にも関わらず「女子生徒は白い靴下を履き3つ折りにすること。」と書かれていた。この校則にも衝撃を受けたが、それを皆守っていたことにも驚愕した。
しかし、このくらいの校則がかわいく思えるほど、世の中には実にブッ飛んだ校則が多く存在する。思わずツッコミたくなる「ヘンな校則」と、その校則を守らせようと躍起になっている教師たちの世界をのぞいてみよう。

何があって生まれた?この校則…

【髪の毛が薄い人の頭を見て笑わない】
明らかに校長先生など、偉い人の恨み・つらみが感じられる校則。
けれどこの場合、対象の人の頭を見て笑ったのか、そうじゃないのかのジャッジがとてもしづらいところ…。

もうひとつ、判断が難しい校則をご紹介しよう。

【少しでも官能的な言葉を発したら停学とする】
「官能的」の定義が難しいと思うのは私だけだろうか。
この校則が中学か高校のものかは不明だが、中学だったら「下ネタ」とひとくくり出来るような直接的な単語を言ってふざけている男子が数名いるくらいではないかと思う。反対に「官能小説顔負けな果実や植物の描写を用いて女性の体を表現するような生徒がいたら、文筆家の才能があることを褒めつつ保護者に相談するくらいのレベルで良いのでは?」と個人的に思ってしまった。停学とは厳しい学校だ。

【下着をはいて登校すること】
過去にノーパンで登校する生徒が大量発生したのだろうか?

やはり校則で「○○すること」と強制力が強い言葉で言われると、どうしても反発したくなるのが思春期というもの。
トイレでの張り紙の文言でも「キレイに使用すること」より「いつもキレイに使って頂きありがとうございます」と書かれているほうがキレイな状態が続きやすいそうだ。
なので、例えば【下着をはいて登校しても良いし、しなくてもよい】と選択に幅を持たせる書き方をしてみてはどうだろうか?
「いやいや、履いて登校するに決まってるでしょ」と生徒に、より思わせる事が出来る書き方を検討することも大事だと思うのだ。

校則違反撲滅にはりきる教師たち

『神奈川県の某私立校では校則で禁止と決められているマニュキアをつけて来る女子生徒が後を絶たないため、職員室に科学教師が作ったお手製の除光液が常備されているらしい。この除光液はマニュキアは落ちるが爪がボロボロになると生徒に大不評。』(『ヘンな校則』より抜粋)

“お手製の除光液”というところに教師の本気が感じられる。除光液を使った結果も、二度とマニキュアをさせないための教師の計算に違いない。この学校は他にも女子生徒に厳しい取り締まりがあるようなので、そちらも見てみよう。

『またこの高校では、生徒が規定のスカート丈を守っているかどうかをチェックするため教師がもの差しを常に持ち歩き、廊下にいる生徒のお尻にあてがっているという。ちょっとでも違反している生徒がいると「ちょっと!このスカート短か過ぎるわよ!」と物差しでスカートをめくるというのだ。生活指導は女性教師が担当しているというが、男性教師がそんなことをしたら大問題になりそうだ』(『ヘンな校則』より抜粋)

スカート丈をチェックするまでは目をつぶるとしても、めくるという行為はいかがなものか。
それこそ万が一、下着を履いていないという生徒だったら大問題になってしまうと思うのだ。
また、個人的な偏見かもしれないが、こうした取り締まりに情熱を燃やしている女性教師の方が生徒よりも、目を背けたくなる服装や容姿をしていることが多い気がする。

この他にも【お菓子禁止。ただし、うま●棒は休み時間のみ許可する】【校内で口笛を吹いてはいけない。もし吹いたら保護者に連絡する】といったように、まるでツッコミ待ちのような規則が、ヘンな校則研究会による著書『ヘンな校則』には満載だ。
男子にとっては魅惑の花園である女子校独特の下着にまつわる校則や、宝○音楽学校の校則も『ヘンな校則』には多数掲載されている。
あなたも自分の学生時代を回顧しつつ、笑いと驚きを隠せない校則に出会ってみては?

(文・フムフム編集部)

ヘンな校則

著者:ヘンな校則研究会
出版社:イースト・プレス
先生、そりゃないよ…。笑ってごめんなさい!爆笑、失笑、思わずツッコミしたくなる!みんなで楽しめるヘンな校則193選! 一、家から電柱3本以上の外出はすべて制服とする。 一、登下校中、流氷にのってはいけない。 一、異性の股間を凝視してはいけない。 一、服装違反をした者は半年間教頭と交換日記をする。etc…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事