ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

食べれば疲労回復。夏バテに効く食材は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

連日の暑さに、すっかり夏バテ状態。体はダルく、食欲もダウン……。そんな夏の疲れや食欲不振に効く! 簡単レシピをご紹介。10分でできるうえ、保存もきくので、隙間の時間に作って常備しておくのがオススメ。

トマトはマリネにすれば、疲労回復効果が倍増!

トマトは、ヨーロッパでは「トマトが赤くなるほど医者が青くなる」とうことわざがあるほど、健康野菜の代表選手。抗酸化作用に優れたリコピンや、βカロチン、ビタミンCがたっぷり含まれていますが、疲労回復効果があるクエン酸も豊富なので、夏バテ改善にもぴったり。しかも、クエン酸は、マリネにすると効果が倍増! そこで、オススメは「プチトマトのマリネ」。湯むきしたプチトマト20個を保存容器に入れたら、マリネ液【セロリのすりおろし大さじ1、玉ねぎのすりおろし大さじ1、オリーブ油大さじ2、酢大さじ2、醤油大さじ1/2、砂糖小さじ1/2、塩1つまみ】を注げばOK。冷蔵庫で3日保存が可能です。そのまま食べるだけでなく、カッペリーニやそうめんに加えても美味しい! 酸味が胃腸をほどよく刺激し、食欲がないときでも食が進む一品です。

また、5㎜角に切り水気を切ったトマトに玉ねぎのみじん切り、オリーブ油、酢、塩を加えたドレッシングも作っておくと便利。野菜だけでなく豚のしゃぶしゃぶや白身魚のソテーなどとも相性がよく、幅広く使えます!

ビタミンCたっぷりのパプリカは、肌のシミ対策にも効果的!

夏の強い紫外線の害から体を守る栄養を、たっぷりと含んでいるのがピーマンや赤パプリカ。フライパンに油をひいて、こんがりと焼いたピーマンとオクラをだし汁【だし1カップ、醤油大さじ2、みりん大さじ2、生姜汁大さじ1】につけて冷やした、「ピーマンとオクラの生姜風味の焼き浸し」は、生姜の辛みが胃腸を刺激し食欲を増進。また、特にパプリカはビタミンCが豊富で、半個で1日に必要な量をほぼ摂取できるほど。抗酸化作用が強いビタミンCは紫外線の害から肌を守ってくれるので、シミ対策に効果的なのです!

 「半熟味たま」は、胃腸が疲れているときにもぴったり

卵は、人間の体の中で合成できない必須アミノ酸をバランスよく含むうえ、ビタミンC以外の重要な栄養素をまんべんなく備えた、完全栄養食品。もちろん、夏バテ気味の体も助けてくれる、食材です。小鍋に【醤油大さじ2、みりん大さじ2、水大さじ4】を入れ沸騰させ、冷ましたら半熟卵とともに、保存容器に。一晩漬け込んだ「半熟味たま」は、胃腸が疲れ気味のときにもぴったり。

『身近な食材でつくる 10分でできる 健康常備菜』には、ほかにも、簡単&栄養価の高い食材を使った今すぐマネしたいレシピがいっぱい。まだまだ暑さの厳しい毎日。身体に効く! 食べ物を味方に、乗り切って。

 (文・カキヌマヨウコ)

身近な食材でつくる 10分でできる 健康常備菜

著者:榊玲里
出版社:PHP研究所
栄養バランスのとれた食事が大切だとわかってはいても、実際は、仕事や家事に忙しい毎日に、手間と時間をかけて料理する余裕はない。かといって、いつもレトルト食品やスーパー、コンビニエンスストアの惣菜で済ませたくはない……。本書では、そんな人にぴったりの「かんたん」「栄養抜群」「おいしい」の3拍子がそろった常備菜を60品、紹介する。身近にある食材の中から、とくに栄養学的に優れた食材を厳選し、それぞれの栄養とおいしさを最大限に活かすレシピを考案。いずれも、ほぼ10分でできるかんたんなレシピばかり。巻末には、知っているようで知らない「健康な体をつくる食べ方」の解説とともに、冷え症、肌荒れ、便秘がち、疲れやすいなど体の不調に適したレシピをさがせる索引も収録。毎日の食事で、家族みんなが健康になれる一冊。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事