ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

ヘルシーな色気アップ! 深田恭子の魅惑ボディの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

30代をむかえ、さらに美しさに磨きがかかっている…!と評判の深田恭子さん。20代の頃のかわいらしさをそのままに、さらに大人の女性としての魅力を重ね、輝き続ける秘訣を『フィッテ 9月号』の巻頭インタビューからピックアップ!

思い立ったら、とことん体を動かす

深田さんといえば、昨年末に発表された写真集で披露された、まぶしい白いビキニでのサーフィン姿が話題を集めましたが、インタビューではさっそくその魅力的な体づくりについて尋ねています。

「定 期的にこれ、というのはないんです。サーフィンも、そんなに頻繁にやっているわけではないので……。(中略)運動しようと思い立ったときに、という感じで すね。(中略)なるべく楽しく体を動かせる方法がいいと思って、トレーニングの先生のところへはよく行きます。多いときは週3回くらい通っちゃって、先生 にも『もう来なくて大丈夫!』って言われます(笑)」
(『フィッテ』2015年9月号 COVER WOMAN INTERVIEW:深田恭子 より引用)

気になり始めたらとことん…!という所が、深田さんのイメージにピッタリですね。

運動のほか、食生活についても“食べることが大好き”と語る深田さんならではのこだわりがあるようです。

「時 間になったから食べるのではなく、体が本当に空腹を感じたときに食べるようにしたいと思っています。そのほうが、食事もおいしく感じられるし、体もよく動 くような気がして。(中略)せめて撮影のない、時間の融通がきく期間だけでも、きちんと体の声を聞いてあげたいと思っています。」
(『フィッテ』2015年9月号 COVER WOMAN INTERVIEW:深田恭子 より引用)

30代からの体は「体重」じゃない

理想の体については、「もっとスレンダーな人になりたい」という、ちょっと意外なお答え。

「自分自身はいつも“ギリギリ”。しょっちゅう『太っちゃった、どうしよう!』って慌てているから、もっと余裕があればいいのにって。ただ、30代になってからは、スタイルって体重ではないなとは思います。お肉がつく場所も変わってきますよね」

(『フィッテ』2015年9月号 COVER WOMAN INTERVIEW:深田恭子 より引用)

30代の等身大の悩みを率直に語る深田さん。「細くて筋肉質なアスリートのような体」を理想に掲げ、謙虚に向き合い続けるからこそ、大人の女性として新たなイメージを更新し続けられるのでしょう。

(フムフム編集部)

※画像はイメージです。本文とは関係ありません。

 

フィッテ16949270_200

フィッテ 2015年9月号

著者:フィッテ編集部(編)
出版社:学研パブリッシング
ヘルシーな生活でスリム&ビューティを目指す女性に向けた最新情報&実用情報雑誌。単なるやせ願望ではなく、健康的でキレイに引き締まったボディづくりのために、エクササイズ、ダイエット、スキンケア、お料理レシピなど多角的な記事を満載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事