ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

ダイエット食のジレンマ。まずいと続かず、おいしいと痩せない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ダイエットレシピには鉄則がある。普段づかいの食材で作ること。栄養バランスに気をつけること。そして、旨すぎないこと。おいしいものは、つい食べ過ぎてしまうからだ。いったん増進した食欲をおさえるのは難しい。

タンドリーチキン風のゆで卵

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯』(毎日新聞出版/刊)はダイエットレシピ集だ。そのなかで紹介されている「ゆで卵のスパイス炒め」が気に入った。これなら、たとえ旨くても食べすぎることがないからだ。

レシピを簡単に紹介する。「ゆで卵を、油をひいたフライパンでガラムマサラとニンニクとケチャップをからめながら炒める」というものだ。見た目は鮮やかで、タンドリーチキンのような味がするらしい。

ゆで卵というものは、食べすぎるのが難しい。新幹線移動中の板東英二じゃあるまいし、ふつうの人ならば、せいぜい2個か3個で満足できる。食べすぎることができない食材だ。

お肉を食べたくなったら大根と一緒に

ダイエット中の食事というものは、禁欲的すぎると続かない。食欲は、欲望の王だ。性欲を抑えるよりも骨が折れる。人間だもの、ダイエット中でも肉が食べたくなる時だってある。だからといって「肉だけ」の料理を作ってはいけない。

減量しているときに肉や脂っぽいものが欲しくなったら、どれだけ食べても体重にほとんど影響を及ぼさない食材を組み合わせたレシピがおすすめだ。

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯』から、ひとつ紹介する。

「大根のすき焼き」レシピ

材料(4人分)
牛こま肉300g、大根1/2本、砂糖大さじ1、油適量。
調味料A。酒1/4カップ、みりん1/4カップ、しょうゆ1/4カップ、だし1カップ。
調味料B。コチュジャン大さじ1、ニンニク1片分のすりおろし。

作りかた
(1)大根を皮むき器でたてにリボン状にそぐ。
(2)小鍋にAの酒とみりんを入れて煮切り、しょうゆを加える。
(3)浅鍋に油を熱し、牛肉を広げ入れ、色が変わり始めたら、砂糖をふり、(2)とだしをからめる。
(4)肉の下に大根をさし入れ大根に味がしみて色づいたら食べ頃。

(『西原理恵子と枝元なほみのおかん飯』から引用)

ダイエットレシピなので、肉は少なめで大根は多めに。いくら食べても太りにくいし、体にもいい。サイバラ先生いわく「おいしいけれど、甘い味は飽きちゃうので、途中から調味料B(コチュジャンとニンニク)を追加する」らしい。ダイエット目的でなければ、うどんを入れるとおいしい。

サイバラ長男伝説

本書は、単なるダイエットレシピ集ではない。レシピとレシピの間には、おなじみサイバラ漫画が掲載されている。安定の面白さなので、レシピを確認するつもりで手にとったのに、つい読みふけってしまう。

なかでも、西原さんの長男にまつわるエピソードが何度読んでも笑える。彼は「肉」にしか興味がないらしい。三食の献立にはかならず肉が含まれていなければおさまらず、いつか「酢の物」だけを出してみたら、キレた長男くんは家出したという。

四六時中のあいだ肉のことを考えており、発作がひどい時には、母である西原さんのケータイに「肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉」と入力しただけのメールを送ってきたことがあるらしい。まるで脅迫文だ。面白すぎて、このくだりを読んでいるときには声を出して笑ってしまった。

サイバラとエダモンは名コンビ

連載当時はダイエットレシピ企画だったが、途中からは「やっぱり脂とか肉とかニンニクとか旨いよねー」という路線に傾いていった。とはいえ、不満をおぼえる読者はあまり多くなかったのではと推測する。破天荒な人生を生き抜いてきた西原理恵子という人物にガマンは似合わないからだ。

もうひとりの著者である、枝元なほみ(エダモン)先生も負けていない。サイバラ先生が糖質制限ダイエット中だというのに、容赦なく「とうもろこしご飯」を提案するエダモン先生。それを喜んで食べるサイバラ先生。お似合いのふたりだ。

後日談としては、サイバラ&エダモンの名コンビによる連載は続けるものの、ダイエットという看板は外すことにしたという。実用的なレシピを知ることができて、さらに「うまいものが好きな女」と「うますぎる料理をつくる女」の漫談も楽しめるので、いつまでも続けてほしい。

(文:忌川タツヤ)

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯

著者:西原理恵子(著) 枝元なほみ(著)
出版社:毎日新聞出版
「毎日かあさん」の西原理恵子、漫画家生活30年で初の料理本!
・サイバラとタッグを組んだのは、ベテラン料理家、エダモンこと枝元なほみ!
・楽でおいしく、ちょっとダイエットにもなる。お母さんが家族のために作る料理を提案!
・漫画と2人の会話で料理を紹介。
<A5判/136頁>
・毎日新聞で1年前から始まった「おんなのしんぶん」の人気連載の単行本化!
・2人で作って食った料理のレシピ37点を収録!
・料理の合間のおしゃべり。新聞にはとても載せられなかった暴言妄言も収録!
・本書のための描き下ろし漫画も収録!
「毎日かあさん」の子育てエピソードで共感、涙した方必読の書。実用的で、しかも笑える日本の食卓を明るくする 《かあさん応援本》 の誕生です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事