ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

たかが色、されど色。配色ひとつで人生も売上も変わる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「紫」「ピンク」「赤」「オレンジ」「黄色」「緑」「青」「茶色」「白」「黒」。
あなたの今の気分は、どの色ですか?

紫を選んだ人は、インスピレーションが冴えているようです。
ピンクを選んだ人は、心に愛情を感じて安心感をもっています。
赤を選んだ人は、情熱的でアグレッシブ。何事に臆せず挑戦したいと思っています。
オレンジを選んだ人は、ポジティブな気持ちです。
黄色を選んだ人は、知的好奇心が高まっているようです。
緑を選んだ人は、心身のバランスを取り戻したいとき。癒しを求めていませんか?
青を選んだ人は、心身ともに落ち着いている状態。冷静に物事をこなせます。
茶色を選んだ人は、安心感と安定感がある状態。
白を選んだ人は、今までの自分をリセットしたいと思っていませんか?
黒を選んだ人は、気持ちを引き締めたいと思っているのでは?

さて、あなたの選んだ色と、今の気持ちは重なったでしょうか?

色はその人の性格や心理状態を表している

私たちの身のまわりには、たくさんの色が溢れています。そして、赤が好きな人もいれば、黒が好きな人もいますが、色の好みは、その人の性格や心理状態を表しているようです。
例えば、赤を好み人は情熱的で正義感が強い性格の持ち主。
ピンクを好む人は、平和主義で、気配りができるのが特徴。空想の中で、結婚や恋愛を夢見るロマンティストでもあります。
白が好きな人は、恋愛も仕事も理想が高く、完璧主義者。
黒を好む人は、一見近寄りがたい雰囲気がありますが、仲良くなると深い付き合いができるタイプ。
特に初対面の相手の場合は、着用している服の色からその人の性格やタイプを想像することもあるのではないでしょうか。あなたの色の好みと性格は、さて、どうでしょう。

色の効果を活用すれば、スリムに見せることだって簡単!

実際の体型や体重は変わっていないのに、着用する服でスリムに見えたり、ふっくら見えることがあります。服のシルエットや小物使いなどももちろん影響していますが、色の分量や組合せによってもそれが左右され、うまく利用すれば絶大な着やせ効果が期待できるのです。
カラーコーディネイトのプロによると、トップとボトムの色を統一させて、アウターなどで別の色、しかもコントラストが強い色を使うと縦のラインが強調されて、ほっそり見せることができるのだそう。気になる部位には寒色系の色を使うと、スッキリ見せることが可能。また、下半身が気になる場合は、ボトムスと靴の色を同系の寒色にすると脚長にも見え、さらに効果大! また、“着やせには黒!”と、全身を黒でまとめてしまいがちですが、実はこれは逆効果。特に、白い壁の前に立つと、全身のラインがくっきり見えてしまうことも。黒は部分使いが鉄則なのだそう。

色の効果で、売上も変わる!

飲食店もアパレルショップも、お店に入った瞬間に「高級感がある」とか、「落ち着く」など、独特の印象が伝わってくることがよくあります。実はそこにも色の効果が活用されているようです。例えば高級なものを扱うショップには黒、ほっこり和みたいときに入るお店には茶色系がよく使われていませんか? 色を活用することでお客に与える印象をコントロールしたり、入店率を高めたり、滞在時間を伸ばすことなども期待できるとか。
よくファーストフード店にも用いられている赤は、食欲を促進させ、回転率を高める効果があるそう。黒は他の色を引き立たせる効果があり、商品を高級に見せることができます。それゆえ、高級なジュエリーショップなどでよく用いられています。空間に落ち着きをもたらす茶色は、カフェや居酒屋の定番色なんだとか。

たかが、色選びひとつかもしれませんが、与える印象はとても大きいもの。
もっとまわりの色に目を向けて、色の性質を利用すれば、自分の印象をプラスにできたり、コミュニケーションがうまくなど、さまざまな効果を生み出してくれそうです。

(文・カキヌマヨウコ)

色の教科書

著者:桜井輝子
出版社:学研パブリッシング
赤、青、黄、緑…と1色ずつ色別に事典形式でわかりやすく特徴を紹介。色が与える印象から心理効果、色の組みなどを解説する。ファッション、食、インテリア、花、メイクなど様々な角度からその特徴を検証。今までにない、生活に密着したリアルな実用書!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事