ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

天海祐希に学ぶ美しさと体形キープの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

いつ見ても端正な顔立ちにスレンダーな体つきで、変わらぬ美しさを放ち続ける天海祐希さん。5月全国ロードショーのゲキ×シネ『蒼の乱』でも、強く 美しいヒロイン・蒼真の熱演が好評ですが、その凛とした美しさや、しなやかな体形を維持するために、日々どんな努力をしているのでしょうか?

筋肉だけは落とさない

「わたしの場合、体形をキープしたいというよりは、筋肉を落としたくない。筋肉がつけば体のシルエットが変わり、脂肪は燃焼するし、体温もあがります。だから多少体重が増えても私はなんとも思いません。見た目が変わらなければいいんです」
(『フィッテ2015年6月号』COVER WOMAN INTERVIEW:天海祐希 より引用)

現 在は、ジムでトレーナーの指導を受けて、しっかりと体のことを勉強している天海さん。しかし、数年前までは、意外にも宝塚時代のバレエやダンス以外の運動 はしたことがなかったそう。ところが、ある時腰痛を患ってしまい、完治するのに4年もかかってしまったことから、筋肉に対する考え方がガラリと変わったの だとか。

心身が輝くポジティブ思考

では、食事はどうなのでしょう? やはり、筋トレと同様に、普段からストイック?

「家にいるときはおみそ汁、お漬物などの発酵食品を良く食べます。あとは蒸し野菜をいっぱい食べて、2日に1回くらいのペースで適量の赤身のお肉をとるようにしています」
(『フィッテ2015年6月号』COVER WOMAN INTERVIEW:天海祐希 より引用)

やはり、カラダが喜びそうなバランスの良い食事内容。ただ、こうも語っています。

「夜中にカップラーメンを食べたとしても、『体に悪いかな』と思って食べるより、『ああ、おいしかった!』って思えればいいかなと。体の中から元気にしたいから、おいしいと思って食べることや、楽しいと思って過ごすことを大事にしています」
(『フィッテ2015年6月号』COVER WOMAN INTERVIEW:天海祐希 より引用)

食事にしても、筋トレにしても、その時々で自分の体に必要なものを無理なく取り入れ、でも、できる範囲で努力する。その前向きな心の持ちようが、誰もがあこがれる美しさを保つ秘訣のようです。

(フムフム編集部)

※画像はイメージです。本文とは関係ありません。

フィッテ 2015年6月号

著者:フィッテ編集部(編)
出版社:学研パブリッシング
ヘルシーな生活でスリム&ビューティを目指す女性に向けた最新情報&実用情報雑誌。単なるやせ願望ではなく、健康的でキレイに引き締まったボディづくりのために、エクササイズ、ダイエット、スキンケア、お料理レシピなど多角的な記事を満載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事