ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

遅い時間の太らない食べ方のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「残業などで帰宅してからの食事となると、いつも22時を過ぎてしまう。太りたくないけど食べないわけにいかないし…。」
そんな方にオススメなのが、食事を夕方と帰宅後の2回に分けてとる「分食」。
「2回も食事をすると余計に太りそう…」と思うかもしれませんが、実はちょっとした工夫でダイエットになる食べ方があるんです。そのコツを『夜遅やせごはん』から紹介しちゃいます。

夕方19時までに主食を食べる!

昼食から長い時間、空腹をがまんするのは、ドカ食いの原因になります。なので夕方17~19時ぐらいにプレ夕食として軽い食事を。(中略)炭水化物を中心にし、おにぎりや牛乳、ヨーグルトなどの乳製品と全粒パンなどにします。クラッカーや市販の大豆や雑穀バーなどもおすすめです。
(『夜遅やせごはん』から引用)

コンビニに行くと、つい手がのびがちな菓子パンやお菓子は同じ炭水化物でもNG。サンドイッチにする場合も挟んである具材やマーガリンやマヨネーズなど、カロリーが高いものが多く使われているので注意です。

21時以降はコレを食べよう!

21時以降の帰宅後には、野菜を中心にしたおかずを。体づくりのモトになるたんぱく質も適度に取り入れましょう。豆腐や鶏肉(皮なし)などはエネルギーが低めでおすすめです。
(『夜遅やせごはん』から引用)

それでも夜遅い食事でたっぷり食べたい時には野菜やきのこ、海藻を最初に食べることがポイント。これらの食材には糖や脂肪の吸収をブロックする作用の食物繊維が多く含まれており、ダイエットに効果的です。
また、これらの食材には消化吸収をゆっくりさせる作用もあるため、急激な血糖値の上昇を抑えられ、脂肪をためこまず太りにくくなるというメリットもあります。
これからは時間によって、食べるものと食べ方を少し変えてみては?

夜遅やせごはん』には美味しくて簡単に作れる、夜食べても太りにくいヘルシーレシピがたくさん紹介されています。これから露出が増える夏に向けて、夜遅ごはんでスリムな体に変身しちゃいましょう!

(文:フムフム編集部)

夜遅やせごはん

著者:岩間範子(女子栄養大学短期大学部教授)(監修) 上島亜紀(著)
出版社:学研パブリッシング
夜遅くの食事は太りやすい、だからといって食べないのも太りやすくなる! だから、ボディを気遣う人には帰宅後すぐにつくれてヘルシー、かつ満足度たっぷりのレシピが必須。そんな安心レシピと夜遅ごはんの賢い食べ方を女子栄養大監修のもと作成した決定版。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事