ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

ミニスカさえあれば生身の女性はいらない? 「感じない男」って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

世の中にはいろいろな性癖を持った男性がいます。
生身の女性の足や胸などにフェティシズムを感じる人はたくさんいますし、一方で女子高生のセーラー服や看護師の白衣に興奮する制服フェチの方も多いことでしょう。
ここでなにかしらのフェティシズムをお持ちの男性の皆さんに質問します。生身の人間ではなくても、例えば制服やスカートなどの“モノ”さえあれば欲情できてしまう・・・そんな経験はありませんか?
そんな男性の皆さんは、ひょっとすると「不感症」、すなわち「感じない男」になっているかもしれないのだそうです。

 「感じない男」ってどんな人?

 感じていないから、ミニスカートだの、制服だの、ロリコンだの、レイプだのといった妄想にふりまわされることになるのだ。

なんだかちょっと“ギクッ”とする書き出しで始まる『感じない男』は、ずばり「世の中の男性には、生身の女性に対して性的欲情を感じていない人が多いのではないか?」という疑問を解明しようと試みている本です。
著者は、自らを“ミニスカフェチ”であると称し、長らく「自分はミニスカをはいた女の人が好きなのだ」と思い込んでいたそうです。ところが、取材で訪れた女装クラブでの体験を経て、考えが一変してしまいました。

私は女装クラブの取材に来ているわけだから、その人が生物学的には男であるという前提で、その人を見ていたはずである。しかし、私はその人のミニスカ姿に、見事に反応してしまったのである

キュロットパンツでは興奮できない!

また、著者はこんな体験もしています。電車でミニスカの女性を見て欲情していたところ、女性が立ち上がった瞬間、スカートではなくキュロットパンツをはいていたことがわかりました。すると、なんということでしょう。筆者の欲情は急激に冷めてしまったのだそうです。そのときの体験を、筆者は“地獄に突き落とされたかのような”幻滅を味わったと振り返っています。
一連の体験を経て、筆者はこんな疑問を持ちました。

自分は女性に対してではなく、ミニスカというモノに対して性的欲情を感じているのではないか?

つまり、女性に対して「感じない男」であるということです。
エッチのとき、彼女にコスプレをさせなければ興奮できなかったりする男性も、隠れ「感じない男」かもしれません。性の話題はなかなか人に話しにくいものですが、俺も著者と同じ性癖を持っている! とうなづいてしまう男性、実は意外に多いのではないでしょうか(このコラムの筆者もそうだったりします)。

どうすれば、「感じる男」になれるのか?

さて、著者も該当してしまう「感じない男」。制服をコレクションする趣味があったり、ミニスカを愛してやまなくても、周りに迷惑をかけずにひっそりと楽しむだけなら問題ないように思います。
しかし、著者は「少しでも暴走すれば、レイプや少女への性犯罪を犯してしまう」「付き合っている女性との間に、ねじれた男女関係を作り上げてしまう」など、いくつかの危険性を指摘しています。
この話を聞いて、自分が「感じない男」に当てはまると感じ、なんとか克服したいと思った男性もいるかもしれません。
著者はこのように提案しています。克服しようとがんばるよりは、まずは自分の身体が「不感症」であることを認めるべきだというのです。認めることができないから、歪んだ性表現に走ってしまうのだと指摘しています。そして、こう結んでいます。自分が「不感症」、すなわち「感じない男」であることを心から肯定し、いつくしむことができるようになるべきだ。そうすることで、優しい気持ちが心に広がるので、人間や世界をいつくしみたくなる…と。
セックスのみならず、普段の生活においても女性を思いやることができるようになれば、「感じる男」への道が開けるのかもしれません。

(文:元城健)

感じない男

著者:森岡正博
出版社:筑摩書房
一人でした後の、何とも言えないむなしさ。なのにまたしてしまうという、厄介さ。実は男は、根っこのところで「感じていない」のではないか。だからこそ制服少女を目にしてはゾクッとし、美少女写真集を見てはあらぬ妄想を膨らませてしまうのではないか。にもかかわらず、多くの男が自分の「不感症」に気づかずにいるのは、なぜか。この問いに答えるべく本書は、著者自らの体験を深く掘り下げながら、問題のありかを探っていく。禁断のテーマに真正面から挑み、「男の性」を根本から問い直す、衝撃のセクシュアリティ論。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事