ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

「RAW」で撮影してワンランク上の写真にしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

デジタルカメラで撮影するとき、ファイル形式はどうしているだろうか?
ほとんどの人が「JPEG」を選んでいると思う。

デジタルカメラは、レンズから取り込まれた光を撮像素子(CMOS)に取り込み、生成された画像を画像エンジンがJPEGファイルに変換して吐き出している。カメラによって出てくる色味などが違うのは、この画像エンジンの味付けによるところが大きい。

デジタルカメラなのに「現像」が必要

写真を気軽に楽しむのなら、パソコンでもスマートフォンでも手軽に見られるJPEGファイルでいいだろう。

しかし、ワンランク上の画質を目指すなら「RAW」で撮影することをオススメする。

RAWとは、デジタルカメラの撮像素子に取り込まれた情報を、画像エンジンを介さずにファイル化したものだ。JPEGに比べ画像に保持されている色や明暗といった情報が多いため、画像編集ソフトなどで加工をしても、劣化がほぼないというのが特徴だ。

レンズ交換式のデジタルカメラ、いわゆるデジタル一眼レフやミラーレス一眼、そして高級コンパクトデジカメなどには、RAW撮影機能が搭載されていることが多い。

だが、RAWファイルはそのままではパソコンなどで表示できない。そこで、専用ソフトを使って「現像」という作業を行う必要がある。

画質劣化なく画像の調整が可能

「現像」とは、RAWファイルを調整してJPEGファイルに変換する作業だ。このとき、露出や色味などを調整することで、画質劣化がなくより自分のイメージ通りの写真に仕上げることができる。

JPEGファイルもあとから調整することは可能だが、JPEGはすでに圧縮されたファイル。そのため、調整をして再保存するとさらに圧縮され、画質が劣化していってしまうのだ。

また、調整できる項目もRAWのほうが多いという特徴がある。

いろいろなデジカメを使っているなら純正よりもサードパーティ製ソフトがオススメ

RAWファイルの現像には、専用ソフトが必要だ。たいていのデジタル一眼カメラには、純正の現像ファイルが用意されているので、それを使えばいい。

また、サードパーティのメーカーが発売している現像ソフトもある。たとえば、アドビ社の「Adobe Photoshop Lightroom」などがそれに当たる。僕も愛用している。

多種多様なメーカーのRAWファイルに対応しているため、さまざまなメーカーのカメラを使い分けている人には便利だ。

イチからわかるLightroom&Photoshop』(デジキャパ!編集部・編/学研プラス・刊)には、Lightroomの基本的な使い方から、実践に即した画像編集の方法などが解説されている

僕もLightroomは日常的に使っているのだが、露出やホワイトバランス、レンズのゆがみや水平垂直の補正、トリミングといった基本的な機能しか使っていないので、こういった解説本を読むと「なるほど」と思うことが多い。

「彩度」と「自然な彩度」の違いとは?

たとえば「自然な彩度」と「彩度」という項目がある。僕はなんとなくこれを使っていたのだが、どう違うのかはあまりよくわかっていなかった。本書によると以下のように解説されている。

「自然な彩度」は鮮やかさの足りない色を重点的に鮮やかにする、もしくは、元の色彩を行かして白黒に近づけます。「彩度」はすべての色を同じ割合で鮮やかに補正したり、モノトーンにしたりすることができます。

(『イチからわかるLightroom&Photoshop』より引用)

なるほど。全体的に色のりを濃くしたいというときは「彩度」で調整。一部の色が沈んでいるなと感じたら「自然な彩度」で調整という感じらしい。

透明感のある肌色にするには「ブルーチャンネル」を操作せよ

また、ポートレートで肌の黄色みを軽減して、ピンク系の肌色、いわゆる透明感のある肌にする場合についても記載されていた。それは「トーンカーブ」の「ブルーチャンネル」を使用するというものだ。

「トーンカーブ」の「ブルーチャンネル」は、ポイントカーブをあげると青みが加わり、下げると青みが減る。つまり、青みがプラスされるということは、そのぶん黄色みが減るということになるので、黄色味が強い写真には効果的だ。

(『イチからわかるLightroom&Photoshop』)

「トーンカーブ」自体はたまに使ったりするが、特定の色だけを調整する機能はよくわからないので使っていなかった。でも、これでわかった。これからポートレートではブルーチャンネルを積極的に使っていきたいと思う。

RAWで撮影すると写真がもっと楽しくなる

RAWで撮影すると、写真の楽しみ方が変わる。撮影した写真を、より自分の思い通りに調整することができるようになるのだ。

カメラにお任せで撮影するのもいい。しかし、ワンランク上の写真を楽しみたいのなら、RAWで撮影して現像をしてみよう。

「もうちょっとここの色が……」「暗い写真になっちゃったなぁ」といった失敗写真も、ある程度は救える。

せっかく持っているデジタル一眼カメラ。もっともっと使い倒してみようじゃないか!

(文:三浦一紀)

イチからわかるLightroom&Photoshop

著者:デジキャパ!編集部(編)
出版社:学研プラス
アドビ・Lightroom&Photoshopの使い方を丁寧に解説した入門本。RAW現像の仕方から、レタッチのコツまでを、実際の作業フローに則した形でレクチャーしていく。「やりたいこと」を元に操作手順を調べられる逆引きインデックスも収録。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事