ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

悩む女の子向けのクリスマスプレゼント……キーワードは「もふもふ」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

早いもので、もう11月。
ここから一気に年末まで駆け抜ける、慌ただしい季節の到来だ。

毎年この時期になって徐々に焦り出すのが、子どもへのクリスマスプレゼントを何にするか?ということ。

3人子どもがいるわが家では「サンタ」メイン制。
なので、親からのクリスマスプレゼントは採用していないが、実家・義実家の両親から「孫にプレゼントを贈りたいから、何がいいか考えておいて!」というありがたいお言葉をいただく。
3人の誕生日にも、同じお言葉をいただく。実にありがたい。ありがたいのだが、正直もう、おもちゃは満員御礼状態だ。できれば、ずっと使えて勉強になる図鑑類がいいなと思うのだが、これも長男が好きそうなジャンルはだいたい揃っている。

長女と次女も図鑑に興味がないわけではないが、昆虫とか動物関連のものだと、ちょっと怖い印象があるようだ。その気持ちはわかる。私自身も幼い頃、気持ち悪い昆虫の写真の部分に触れないようにページをめくっていた記憶があるから。
もう少しかわいらしい、女の子受けしそうな図鑑ってないものかな、と思っていたら、まさにピッタリの一冊を見つけた。『もふもふ動物』(今泉忠明・監修/学研プラス・刊)がそれだ。

もう、「かわいい」の一言!

これがもう、従来の「動物図鑑」とはまったく違う。タイトル通り、思わず抱きしめたくなるような、毛がふわふわな世界中の「もふもふ」した動物たちが紹介されている。ページをめくるたび「かわいい~(きゅん!)」の繰り返しなのだ。百聞は一見にしかず。まずは1ページ見てほしい。

058-059.indd

通常、図鑑に載っている写真は、なんとなくカタログ的な印象を受けることが多い。というのも、他の動物との大きさを比較するため、体すべてのパーツがしっかり見えている全身写真を選んでいるから。図鑑の役割を果たすためには、致し方ないことだ。けれど、どうしても、どの図鑑も同じような印象は否めない。

一方「もふもふ動物」は、およそ図鑑では見ることができないような動物たちの表情、たとえば寝ている顔、母親に甘えている顔、エサを食べてご満悦な顔、ちょっと困っている顔など、さまざまな表情や仕草が紹介されている。

022-023.indd

ちょっと怖いトラやヒョウのページも、このとおり。
もちろん、生息地や体長、エサの種類などの基本情報のほか、体の特徴や得意なことなど、各動物の生態に関してもしっかりと記載されている。このテイストなら、娘たちも夢中になって読みそうだ。

読み物や占い、イラストまで! 女の子の「好き!」が濃縮

もうひとつ特筆すべきは、図鑑以上のコンテンツが詰まっているということ。

たとえば、「忠犬ハチ公」など動物にまつわる感動ノンフィクション読み物や動物占い、お絵描きレッスンなど、女の子が興味を持ちそうなラインナップ。イヌやネコと仲良くなる方法も、かわいいイラスト入りで説明されている。

080-081.indd

あらゆる箇所に、女の子の「好き!」が散りばめられているわけだが、それもそのはず。この図鑑を企画・担当したのは、かつて女の子の間で絶大な支持を得ていたローティーン誌『ピチレモン』の編集者とのこと。『ピチレモン』のモデル出身には、宮崎あおい、長澤まさみ、夏帆、清野菜名、佐藤栞里ら、いまや映画やドラマ、バラエティで引っ張りだこの面々が。「懐かしい!」と思われる方も多いだろう。つまり、女の子の好みを知り尽くした人々の手で作られた図鑑ということだ。

「もふもふ」に大人も癒やされる!

娘たちへのクリスマスプレゼント用にと、じぃじ・ばぁばの代理で購入した『もふもふ動物』だったが、蓋を開けてみれば私自身がすっかり虜になっている(まだ渡す前なので、一人でこっそり見ている)。もふもふ動物たちの愛くるしい表情は、まさに「癒やし」の一言。実は私は、そこまで動物に興味がないのだが、こんなかわいい図鑑を幼少期に見ていたら、もっと動物好きになっていたかもしれない。誕生日プレゼントや入園・入学祝いなどのギフトにもおすすめだ。

クリスマスまで待ちきれないから、フライングで渡してしまおうか。
きっと、『もふもふ動物』を見た後は、「動物園に行きたい!」と言い出すだろう。もしかしたら、もふもふした動物のぬいぐるみが欲しいと言い出すかも。そのときは、またじぃじとばぁばに相談するとしよう。

(文・水谷 花楓)

学研の図鑑LIVE(ライブ)for ガールズ もふもふ動物

監修:今泉忠明
出版社:学研プラス
女の子のための「かわいい!」動物いっぱいの図鑑が誕生。動物たちの思わずきゅんとする写真、おもしろエピソード、すごいヒミツ、感動のお話など読みごたえたっぷり。ペットとなかよくなるコツやお絵かきコーナーなどお楽しみページもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事