ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

40代で心が折れてしまわないための4つの習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

40代は、試練のシーズンです。
厄年があり、生活習慣病の発症にも備えなければいけません。入社同期や同窓生との「格差」もハッキリします。

心身ともに健康を保ちながら、40代をうまく乗り切りたいものです。
40歳からの人生を楽しむ本』(米山公啓・著/学研プラス・刊)という本があります。40代という試練を乗り越えるためのヒントが得られる1冊です。

ほめてくれる人を探す

40代にもなると会社の同僚や上司からもなかなかほめられることがなくなっているだろう。仕事での競争や敵対関係になれば、ますます孤独な作業になる。
自分を評価し、ほめてくれる人がいれば、元気に活動していくことができる。

(『40歳からの人生を楽しむ本』から引用)

年齢を重ねていくごとに「叱ってくれる人がいなくなる」といいます。だからこそ、うぬぼれや思い上がった態度に気をつけなければいけません。しかし、自分に厳しすぎるのも息が詰まります。

褒(ほ)められるのは嬉しいものです。たとえお世辞でも、褒められたときの「嬉しさ」は活力になります。

他人から褒められたければ、まずは褒めましょう。部下を褒めるようにすれば、お世辞にも敬意がこめられます。同僚や友人を褒めるようにすれば、落ちこんだ気持ちのときに心の支えになるような言葉が返ってくるはずです。

他人に喜ばれることをする

人に優しくできるとき、それは自分に余裕があるときだ。
人から感謝されることで、自分の存在意義が認められ、やりがいを感じられるようになることもある。

(『40歳からの人生を楽しむ本』から引用)

親切やボランティア活動が「他人に喜ばれる」とは限りません。「親切するぞ!」と意識しておこなった親切というのは、「わざとらしい行動」「親切の押し売り」「ありがた迷惑」になりがちです。

他人から喜ばれる「親切」とは、どういうものでしょうか?
『40歳からの人生を楽しむ本』の著者は、「相手の話を聞くだけの日をつくる」ことを提案しています。

確かに、現代は「自分の話を聞いてほしい」という人々であふれています。余計な口をはさまずに聞く、という姿勢を見せるだけで相手は喜んでくれそうです。
Twitter・Facebook・InstagramなどのSNSアカウントを持っているならば、みんなのために、ひたすら「いいね」をしてみましょう。まちがいなく喜ばれます。

人と比べず、昨日の自分と比べる

自分を振り返るときは、他人ではなく昨日の自分と比べるようにするといい。
昨日よりも1歩進んだ自分、最低の時代から少しはマシになった今の自分を見れば、今後も少しずつではあってもより向上している自分を見つけることができるだろう。

(『40歳からの人生を楽しむ本』から引用)

20代では横並びだと思っていたのに、30代では頭ひとつ抜かれて、40代ではもはや追いつけない差がついていることに気がついたとき──絶望するしかありません。後悔をしたり嫉妬に苦しんだりすることもありますが、早めに気持ちを切り替えましょう。

基本は、やはり「足元」です。靴ヒモがゆるんでいないか、毎日それだけをしっかりチェックしていれば、大きな失敗はないはずです。無事之名馬(ぶじこれめいば)を心がけましょう。

親孝行をする

親孝行は親が元気なうちにしておくものである。また、親がいつまでも元気でいてくれるためのお手伝いをするものでもある。
そう考えると、親孝行というのは、親のためだけにするのではなく、自分のためにもなるのである。

(『40歳からの人生を楽しむ本』から引用)

30代までは「老いる」ことに鈍感です。しかし、30代後半から「老化」の兆候を感じはじめます。自分の肉体はもちろんのこと、親が「老けている」ことに驚きます。痛々しい気持ちにさえなります。

「親切」は誰にでもおこなえます。しかし、「親孝行」がおこなえるのは血を分けた親だけです。親孝行の喜びは、親孝行によってしか味わえません。プレミアムな体験です。

両親とは仲が悪い。過去の仕打ちが許せない。さまざまな事情があるかもしれません。無理強いはしませんが、たとえ嫌悪していたとしても、嫌悪しているなりの親孝行の仕方があると思います。

孝行したいときに親は無し。親のためと思わず、自分のためだと思って考えてみてはいかがでしょうか。

(文:忌川タツヤ)

40歳からの人生を楽しむ本

著者:米山公啓
出版社:学研プラス
人生80年といわれている昨今、折り返しとなる40才。残りの人生をどう生きるのか? 新しいことを始める勇気、毎日を充実させるコツ、自分を見直すことが大切なタイミングです。人生を楽しむ達人Dr.米山が教える上質の生き方レッスン。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事