ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

婚活を成功させる美容テクニックとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今、黒髪が人気トレンドに戻ったのはよいことだと思う。
日本人にはやはり茶髪より、ナチュラルな黒髪が似合う。

うちの娘は現在21歳だが、フランスで育ったので一度も髪を染めたことがない。それは黒髪のほうが金髪や茶髪より、ずっとモテるのを知っているからだ。

リサージュ・ジャポネが人生を変えるかも

しかし、娘の場合は髪質に問題があった。クセ毛なので髪がまとまらず、広がってしまうので束ね髪しかできなかったのだ。ありとあらゆるトリートメントやヘア剤を試し、またブローに時間をかけてまっすぐに伸ばそうとしても、どうやってもサラサラとは程遠い仕上がりにしかならなかった。

「せっかく黒い髪なのに……」は長い間娘の口癖となっていた。

が、この秋、ついにこのコンプレックスを解消し、憧れの黒髪のサラサラ・ロングヘアを手にいれた! パリで知り合った美容師に“リサージュ・ジャポネ”を施してもらったと言うのだ。リサージュ・ジャポネとは日本の縮毛矯正のことで、日本製の薬剤を使用するからそう呼ばれているそうで、パリジェンヌにも人気があるという。

目標を達成した娘は、近頃、とてもハツラツとし元気になったように思う。

自己満足ではなく、「キレイ」とほめられることを目標に

「キレイ」とほめられる、魅力的な自分に変わる! 出会いを引き寄せる10のビューティ習慣』(梅野利奈・著ブックビヨンド・刊)では、婚活セミナーの講師もしているビューティプランナーが、とっておきの美容法をレクチャーしている。

「婚活」という他者を意識した目的を持つのであれば、外見だけを磨くのでは足りません。(中略)外見が「キレイな人」は確かに魅力的ですが、「一緒にいて楽しい」、「しゃべっていて安心する」など、心惹かれないと「結婚したい!」とは思わないでしょう。

(『「キレイ」とほめられる、魅力的な自分に変わる! 出会いを引き寄せる10のビューティ習慣』から引用)

本書では肌をキレイにする、体を引き締めるといった外見的な魅力アップ法だけでなく、人の心を惹きつける「しぐさ」や「表情」についても触れている。

ここで大事なことは、欲張らず、ひとつでもいいので、できることを続けることだそう。そして、自己満足ではなく、「キレイ」とほめられることを目標にすることだという。

やみくもに美容をがんばるだけでは意味がない、と私は考えています。メイクもファッションも、すべて楽しむことが大切ですが、「キレイだね」、「ステキですね」とほめられるようになったら、モチベーションも維持できますし、パートナーとの出会いが引き寄せられ、もっともっとハッピーな毎日が送れるのではないでしょうか。

(『「キレイ」とほめられる、魅力的な自分に変わる! 出会いを引き寄せる10のビューティ習慣』から引用)

キレイになるための10か条

さて、著者がアドバイスする”自分を魅力的に見せる10のビューティ習慣”とは、以下の通りだ。

1.姿勢を美しくする。

2.体の流れを良くする。

3.体内時計を味方につける。

4.自分に合う色のメイクをする。

5.基礎のスキンケアを丁寧にする。

6.太りにくい食べ方をする。

7.シャンプー・ブローで髪をいたわる。

8.リアクション上手になる。

9.表情・声を意識する。

10.具体的な目標を設定する。

本書では、この10の習慣をとてもわかりやすく、また、実践しやすく解説している。

鏡に映る自分はほんの一部でしかない。顔だけでなく、全身の線、姿勢、しぐさ、表情などの要素が影響しあって全体像を作り上げていることを忘れてはならないそうだ。

筋トレやダイエットより「姿勢」が大事

私は若い頃から姿勢の悪さでずいぶんと損をしてきた。「その猫背を直せば、洋服がもっと素敵に見えるのに…」と言われたのも一度や二度ではない。

著者によると、正しい姿勢を習慣化すれば、筋肉がバランスよく使えて美しいボディラインになり、脂肪がつきにくくなるという。

無理な食事制限のダイエットをすると、体重が減っても下腹や背中などにたっぷり脂肪が残ったまま……なんてことがありますよね。姿勢を正せば、そんな「残念ボディ」になることはありません。また、時間や体力のいる筋トレは、忙しい人にとってとっつきにくいものですが、正しい姿勢を意識することは、いつでも、どこでも簡単にできることです。

(『「キレイ」とほめられる、魅力的な自分に変わる! 出会いを引き寄せる10のビューティ習慣』から引用)

この本では自分の姿勢をチェックする方法、さらには筋力がバランスよく使える姿勢の作り方を詳しくレクチャーしているので、さっそく私も今日からはじめてみようと思っている。

自分に合うメイクカラーの見つけ方

人に好感を持ってもらうことを目的にメイクをする場合は、色選びにルールがあるそうだ。

日本人はホリが深くないため、目元に影ができにくい顔立ちだが、そこに陰影をつけるのがアイシャドウの役目。ナチュラルでありながら、ちゃんと目力があるように見せるには、肌なじみのよい色のブラウン系のアイシャドウを選ぶのがいいようだ。さらに、華やかに見せるにはライトブラウンやベージュなどがおすすめ。ただし、色白の人にはグレーのほうが肌になじみやすいこともあるので、“自分の肌になじんで浮かない色”を慎重に選ぶべきだろう。

チークと口紅の色選びについては、

とても血色のいい状態のときの唇の色、頬の色は、「手のひらの赤み」を見るといいと言われています。「薄いサーモンピンク」、「オレンジっぽい赤」など、人によって微妙に差があります。この色味をもとに、チークとリップを選べば、肌に自然になじんでくれます。

(『「キレイ」とほめられる、魅力的な自分に変わる! 出会いを引き寄せる10のビューティ習慣』から引用)

この他にも、紺活を成功に導いてくれるビューティテクニックが満載。キレイになって、最高のパートナーと出会いたい人には必見の一冊だ。

(文:沼口祐子)

出会いを引き寄せる10のビューティ習慣 「キレイ」とほめられる、魅力的な自分に変わる!

著者:梅野利奈
出版社:ブックビヨンドレーベル
婚活や恋活にすぐ役立つサプリのような電子書籍。恋愛や婚活をがんばりたいけれど、「見た目に自信がない」「何をすればいいかわからない」……。本書はそんなあなたにお届けします。人気婚活セミナーの要点が1冊にまとめられたこの本で、あれこれ悩んだり遠回りしたりせずに「自分を魅力的に見せる」方法が見つかります! 
ここでお伝えする「10のビューティ習慣」は、単なる知識だけで終わらない、あくまでも結果につながる実践的な方法です。
さあ、あなたも「ビューティ習慣」を実践して、魅力的な自分に変わりましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事