ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

5分で作れる簡単副菜でいつもの食事をちょっと華やかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

僕は料理があまり得意ではない。
材料を切る、それを焼くか煮るくらいしかできない。

そのため、自炊するときの食事は、たいていカレーやシチュー、野菜と豆をたくさんいれたスープのようなものか、豚肉の生姜焼きやベーコンエッグ、よくて市販の素を使った麻婆豆腐くらい。あとはチャーハンやパスタ、ラーメンといったところに落ち着く。

5分でできる「もう一品」を求めて

基本「ご飯」+「一品」、もしくは主食一品という感じになる。これで困ることはないのだが、もう一品を手軽に作れれば食事が華やかになるのにな、と思うことがある。カレーライスのときに、スープやサラダ的なものがあるだけで、ちょっと豊かな感じがする。

カレーならば、煮込んでいるときに何か作ればいいのかもしれないが、なんとなく面倒くさそうという理由で作っていなかった。

そこで手軽にもう一品、おかずのようなものを作れないかと『帰ってから作れる!2品で満足 すぐでき献立』(フーズ編集部・編/学研プラス・刊)を手に取ってみた。

本書は、ボリュームのある主菜と、手軽に作れる副菜の2品で満足できる献立を掲載している。そこから、「これならできそう」という副菜を中心に見ていった。そのなかから、いくつかご紹介しよう。

炒めるだけの簡単副菜

調味料が塩こしょうだけでできるのが「小松菜と卵のマヨ炒め」。材料は以下のとおり。

材料(2人分)
小松菜 2/3束(160g)
卵 2個
マヨネーズ 大さじ1
塩、こしょう 各少量

(『帰ってから作れる!2品で満足 すぐでき献立』より引用)

小松菜は5cmほどに切り、卵は溶いておく。フライパンにマヨネーズを入れて中火で熱し、小松菜を入れてしんなりするまで炒め、その後溶き卵を入れて卵が少し固まってきたら炒め合わせ、塩こしょうをする。

これは簡単そうだ。炒めるだけだし調味料が少ない。

混ぜるだけなら俺でもできる!!

お次は「水菜のもずくドレッシングサラダ」だ。もずくは好きなのでよく食べているが、これをドレッシングに使うという。

材料(2人分)
水菜 80g
味付けもずく 1パック(120g)
サラダ油 小さじ1

(『帰ってから作れる!2品で満足 すぐでき献立』より引用)

水菜は4cmくらいに切って器に入れる。もずくにサラダ油を混ぜてドレッシングを作り、水菜にかけて完成。これは簡単すぎて今すぐ作りたいくらいだ。

上記のほかにも、「トマトとベーコンのサラダ」や「落とし卵のトマトスープ」「キャベツときゅうりの昆布あえ」「大根と揚げ玉のみそ汁」といったメニューにも心が惹かれた。

簡単にできる副菜を知りたいという方には、とても役に立つ書籍だと思う。

よし、5分でできる副菜にチャレンジしてみよう

料理の手際が悪いので、同時に何品も作ることが苦手だ。しかし、「ちょっと炒めるだけ」「混ぜるだけ」のものなら、こんな料理音痴の僕でもできそうだ。

今度カレーを作るときにでもチャレンジしてみよう。ちなみに、小松菜や水菜というものを自分で料理したことがないのだが、大丈夫なのだろうか。

ちょっとだけ不安である。

(文:三浦一紀)

帰ってから作れる!2品で満足 すぐでき献立

著者:フーズ編集部(編)
出版社:学研プラス
ボリューム主菜と楽チン副菜の、たった2品で完成する大満足献立がズラリ勢ぞろい。どれも10分15分で出来る手軽さがうれしいところです。人気のハンバーグや肉じゃがはもちろん、フライパンで作るタンドリーチキンやなど、気の効いたメニューも多数掲載。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事