ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

あのドラマのあの部屋に住まう妄想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産屋さんを見つけるたびに、店頭で紹介されている物件の写真と間取り図をていねいにチェックせずにはいられない。それだけでは終わらず、動線を考えながら家具を配置して、小物の置き場所やベッドカバーの柄まで考え、その部屋で生活している日常のひとこまを妄想する過程を楽しむ。

80年代インテリアコーディネートの教科書

妄想インテリアコーディネートのベースとなるのは、10代の頃欠かさず読んでいた『POPEYE』や『ホットドッグプレス』、そしてちょっと大人になってから読み始めた『BRUTUS』のインテリア記事だ。
いや、ベースにしてアレンジするのではなく、そのページの写真にあった部屋そのままをコピーすると言ったほうがいいかもしれない。

さらに加わる要素として、19歳の頃に短期留学で行ったオレゴン州の大学の学生寮の部屋のイメージが挙げられる。
小さなベッドと机がある10畳くらいの部屋をルームメイトのトッドとシェアしていた。トッドは砲丸投げの選手で、ハスラーやペントハウスから切り取ったヌードでコラージュを作ってベッド脇のコルクボードに飾り、天井にもエロいポスターを3枚くらい貼っていた。

筆者は自分のスペースにグレートフルデッドとかドアーズ(どちらもアメリカのバンド)のポスターを貼り、トッドの路線とは一線を画す姿勢を鮮明にしておいた。ただ、トッドは出身高校の陸上部のTシャツを何枚か飾っていて、それがとても西海岸っぽくてかっこよかったのを思い出す。インテリアにおける小物の存在感は大きいのだ。

FBI特別捜査官の部屋

『グレイスランド 西海岸潜入捜査ファイル』というアメリカの警察ものドラマをご存じだろうか。
舞台は、南カリフォルニアのビーチに建つ通称グレイスランドという豪邸。ここで、FBIとかICE(移民税関捜査局)、DEA(アメリカ麻薬取締局)の特別捜査員がテラスハウス状態で同居しながらさまざまな事件を解決していくという筋立てだ。ストーリーもすごく面白いのだが、筆者としてはグレイスランド内部――リビングとかそれぞれのメンバーの個室――のインテリアが気になってしかたがない。

LA市内のロバートソンストリートとかメルローズストリートにある家具のお店で売っているに違いないテーブルやソファ、それに有名セレクトショップのロン・ハーマンやフレッド・シーガルに置いてあるに違いないインテリア小物がさりげなく使われている。気に入ったグッズを見つけると、思わず静止画にして、ネットで探してしまう。

正しい形の妄想

今住んでいるマンションはちょっと狭いので、理想通りにはいかない。
でも、それでいいのだ。妄想という過程がさらに楽しくなる。そんな筆者の最近のお気に入りは、『西海岸インテリアスタイル』(ナチュラルライフ編集部・編/学研プラス・刊)だ。とにかく写真が美しい。

玄関まわりから始まって、リビングやダイニング、キッチン、そしてベッドルームと、場所ごとのコーディネートが紹介されている。例え方が正しいかどうかはわからないけれど、上質な図鑑を見ている感じ。

紹介されている写真を1枚1枚落として環境動画的にデジタルフォトフレームで流して、ただ眺めているのも楽しいと思う。

現地ライフスタイルショップの最新情報も見逃せない。オーガニックフードに関する記述もあって、やっぱり西海岸はベジタリアンとかヴィーガンのメッカなのだと改めて思う。インテリアから始まって、さまざまな項目が立体的に展開され、西海岸ライフスタイルを俯瞰できる作りになっている。

実践的なヒントがいっぱい

シーリングファンみたいな大道具は無理だけど、本棚とオーディオラックの組み合わせ方、籐の丸テーブルのあしらい方なんかはぜひ真似したい。写真を見ているだけで住んでいる気になる。これは、撮影用に設営したものではなく、実在する部屋を使っているからだ。

西海岸インテリアを実践している人たちも紹介されている。
ワーキングスペースのレイアウトなんかもすごく参考になる。というか、絶好の妄想の対象となる。一番刺さったのは、長さ2メートルくらいの廃材を磨き上げて海が見える窓辺に置き、端にコンピューターを配置するという使い方。こんな環境だったら、もうちょっと筆が進むかもしれない。

今の住環境では、この本から立ち上る西海岸感を完全に再現することはできない。だから、とりあえずはタブレットを持ってダガヤサンドウあたりのカフェにでも行って、テラス席でアウトドア妄想して我慢しようかな。

(文:宇佐和通)

 

西海岸インテリアスタイル

編者:ナチュラルライフ編集部
出版社:学研プラス
アメリカ西海岸のライフスタイル等を提案するショップのような、明るくさわやかなビーチスタイルのインテリアを楽しむための実例集。あこがれのショップスタッフの自宅インテリア実例や、今話題のボヘミアン風模様がえレッスンも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事