ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

猫好きをドキッとさせる「貼り紙」について思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫・ネコ・にゃんこが大好きです。
インターネットにある猫画像や猫動画などを見ていると、幸せな気持ちになります。

猫の写真集もオススメです。
オールカラーのフォトブック『日本ののら猫』(武田晶・撮影、奥村侑生市・筆字、恒川理恵・翻訳/ブックビヨンド・刊)を眺めていたら、とても気になるものが写っていました。

【猫にエサをあげないでください】という貼り紙です。
この貼り紙を見かけると、まるで「猫に好かれたいスケベ心」を見透かされたようで、恥ずかしい気持ちになりませんか?

あの貼り紙を見るとドキッとする

たしかに、わたしは猫のことをエロい目で見つめています。
いわば、猫助平(ねこすけべ)です。申し訳ございません。

猫助平であるわたしは、路上でノラ猫を見かけたら近づきたくなります。
猫をナンパをしたくなるのです。
そんなとき、ノラ猫が好きそうな食べ物(エサ)が差し出すことができれば、猫ナンパの成功率は高まります。

でも、ダメです。わたしたちは【猫にエサをあげないでください】という貼り紙に従わなければなりません。猫のことが好きだからこそ、無責任にエサをあげてはいけないのです。

猫にエサを与えてはいけない理由

猫にエサをあげるなら、フンの始末と去勢・不妊手術を!

(『日本ののら猫』収録の貼り紙を引用)

理由のひとつは、エサ目当てのノラ猫のたまり場になるのを防ぐためです。
糞(フン)はもちろんのこと、猫の尿はとてつもない悪臭を放ちます。エサ目当てに集まってきて、家の周りにたむろされては困るのです。

そのほかの理由としては、猫の健康を守るためです。
玉ねぎ、塩分の高いもの、チョコレートなどの糖分の高いものなどを食べさせてしまうと、猫は健康を大きく害します。ノラ猫はもちろんのこと、放し飼いにされている家猫にとっても危険です。

いちばん大きな理由は、不妊処置(去勢)をしていない猫に「繁殖するエネルギー」を与えないためです。
日本では、1年間あたり数万頭のノラ猫が殺処分されています。そして、殺処分される猫のうち、約65パーセントが子猫です。悲しい現実があります。

メス猫は、生後1年をまたずに妊娠できるので、自然の摂理にしたがってノラの子猫はどんどん増えていきます。
つまり、ノラ猫に対して無責任にエサを与えることは、子猫の殺処分数を増やすことにつながるわけです。

夜のノラ猫たち

ノラ猫のカワイ子ちゃんたちをナンパするのは、あきらめたほうがよさそうです。
遠くから眺めるだけでガマンします。

ノラ猫もいろいろですが、たいていは警戒心が強いです。
昼間に散歩しているとき、ノラ猫を見つけたとしても、こちらが近寄ろうとするそぶりを見せるだけで、すぐに逃げ去ろうとします。

きわめて個人的な体験ですが、わたしが住んでいる地域のノラ猫たちは、夜に出会ったときには逃げようとしません。
顔見知りのノラ猫たちは、夜にかぎって、すぐ近くを通りすぎても箱座りをしたままで、わたしのことをジッと見送ってくれるのです。

もしも、猫に選挙権があるとしたら……

ほとんどのノラ猫たちは臆病ですが、たまに「ふてぶてしい態度」のノラ猫もいます。

たとえば、顔見知りのノラ猫には「せまい一本道の真ん中に居座るのが日課」のやつがいます。自転車が向かってきても、ヒョイと立ち上がって脇にそれるだけで、ふたたび一本道のど真ん中に腰をおろしてみせるのです。

日本国内には、約980万頭の飼い猫がいるという統計データがあります(一般社団法人ペットフード協会調べ)。ノラ猫の頭数も合算すれば一大勢力であることに違いなく、猫たちは、日本国のことを「自分たちの領土である」と思っているのかもしれません。

もしも、全国980万頭の飼い猫たちに選挙権があったなら、日本の政治状況は大きく変わります。
2014年におこなわれた衆議院議員総選挙の比例代表を参考にすると、公明党(約700万票・26議席)や日本共産党(約600万票・20議席)に匹敵する得票数を狙えます。「猫新党」が与党入りすれば、連立内閣のメンバーとして猫大臣が実現するかもしれません。

ちなみに、2014年衆院選における民主党(当時)の比例代表の得票数も約980万票ですから、ノラ猫や猫好きの有権者が「猫新党」を支持すれば、第2党だって狙えます。
つまり、猫たちの呼びかけにより野党が糾合して、自民党VS猫新党の二大対決ムードに持ち込むことができれば、小選挙区でも大量当選を成し遂げることができます。政権交代も夢ではないということです。

猫ですが……"ワン"チャンスあるかもしれませんね。

(文:忌川タツヤ)

日本ののら猫

著者:武田晶(撮影)、奥村侑生市(筆字)、恒川理恵(翻訳)
出版社:ブックビヨンド
毛色も性格もバラバラ、無愛想なのに憎めない。どこか人間くさくて、親しみが持てる彼(彼女)たちの日常を、素敵な「ことば」と一緒につづりました。25匹以上の猫たちが登場しています。きっとあなたにそっくりな猫が隠れているはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事