ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

日本史が苦手なら恋愛ドラマ風に読み解くと、好きになれるよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本史って苦手・・・という方、ただ時系列に沿って史実を丸暗記しようとしていませんか? せっかく暗記しても、すぐに忘れちゃった~なんて人も多いのではないでしょうか。
今回は、学生向けに販売されている『時をこえてそばにいて[社会の先生]』(セン恋。製作委員会・編著、七輝
翼・漫画/学研プラス・刊)から、日本史に登場する「恋愛ドラマ」をご紹介させていただきます。なんてったって、夏といえば「恋」の季節ですから! 歴史上のあの人やこの人だって、この季節は恋に恋していたはずなんです。

源頼朝 北条政子は、まるでロミオとジュリエット!

鎌倉幕府を開いた源頼朝の妻である北条政子は、尼将軍としても知られており、歴史のテストでは必ず出てくるお方。『日本三大悪女』なんて言われたり、元祖・鬼嫁的なイメージを持っているかもしれませんが、この方、父親の反対を押し切り大恋愛の末、源頼朝と結ばれていたってご存じでしたか?

源平の合戦で敗れた源義朝の三男・頼朝は、十代の前半のとき、平氏によって伊豆に流されてきたの。政子の父・北条時政は、頼朝の監視役を命じられた人なんだけど、娘の政子が二十歳のころ、十歳年上の頼朝と恋に落ちたからタイヘン! 時政は二人の仲に反対して、政子を他の男性に無理やり嫁がせようとしたの。でも結婚式の夜、政子はその家を逃げ出し、大雨の中、頼朝のもとへ駆けつけたのよ!

(時をこえてそばにいて [社会の先生]より引用)

まさに、日本史版・ロミオとジュリエット! 雨の中、頼朝の元へ走る姿はきっとスロー映像でしょう。

こんな大恋愛の末、結婚したわけですから、そりゃ頼朝の浮気は許せない女性になっちゃいますよね。こんな勝手を言ったら呪われてしまうかもしれませんが、現代に生きていたら「私と仕事、どっちが大事なの!?」なんて泣きながら頼朝に詰め寄る姿を想像しちゃいます(笑)。

明智光秀は、韓国ドラマに出てくるような一途男だった!

明智光秀といえば、本能寺の変で織田信長を裏切る大仕事をしたのに、コロっと豊臣秀吉にやられてしまった残念ボーイな印象がありますよね。しかーし! そんな彼は戦国時代には珍しいほど、浮気もしない一途な男だったという説が残っているというではありませんか。

光秀は、煕子(ひろこ)という武家の娘と婚約していたそうなのですが、その煕子は病気になり顔にひどい傷跡が残ってしまったそうなのです。それを哀れに思った煕子の父親は、これでは光秀と結婚させられない! と、煕子とそっくりな妹を光秀との婚礼の際に送り込んだというのです・・・。

ところが婚礼のあと、光秀は花嫁が煕子ではないことに気づき、問いただしました。真相を知った光秀は、「私が結婚を誓っていたのは、姉の煕子殿です。どんな姿になっていても、私は煕子殿と結婚します」という内容の手紙とともに妹を帰し、改めて煕子と結婚したの!

(時をこえてそばにいて [社会の先生]より引用)

婚礼の後に気がついたのね、というのは置いておいて(笑)。「俺が俺でいられるのは、お前だけなんだ」とか言いながら抱き合って、二人の周りをグルグルとカメラが回るのが想像できます。まだ大河ドラマの主役に選ばれていない光秀ですから、プライペードでも愛妻家なディーンフジオカさん主演でいかがでしょうか? 見てみたいっ!

芥川龍之介の素直すぎるラブレターは、アニメ化希望!

『羅生門』『蜘蛛の糸』などの作品が教科書に掲載されている芥川龍之介は、日本人であれば誰もが一度は触れたことのある文豪でしょう。しかし、「難しそうだから読んでもよくわからない」なんて思っている人も多いかもしれません。のちに妻となる、文(ふみ)さんに宛てたラブレターもきっと難解でややこしいのでは?

「この頃ボクは文ちゃんがお菓子なら頭から食べてしまいたい位可愛い気がします 嘘じゃありません 文ちゃんがボクを愛してくれるよりか二倍も三倍もボクの方が愛しているような気がします」

(時をこえてそばにいて [社会の先生]より引用)

え・・・!

「下人の行方は、誰も知らない。」とか書いている方と同一人物ですか? 「お菓子なら頭から食べてしまいたい」ってものすごい好きじゃないですか! 彼はこの手紙以外にも何通か文さんへ思いを届けているそうです。一歩間違えたらストーカーになりかねないくらいのピュア過ぎる内容、アニメ化したら瞬く間に人気が出ちゃうでしょうね!

有名な話なので「これくらい知っているよ~」なんて方もいたかもしれませんが、 歴史上の人物も「現代と同じく恋愛したりしてたんだな~」と思えると親近感が湧いてきませんか? ちょっとわかりにくい日本史は、恋愛ドラマ化して読み解いちゃいましょう!

(文:つるたちかこ)

時をこえてそばにいて [社会の先生]

著:セン恋。製作委員会(編・著)、七輝 翼(漫画)
出版社:学研プラス
図書館で偶然出会った織田信長好きの超かっこいい彼は、なんと社会の先生だった! かなうはずのない恋。そばで見ていられるだけで幸せだったのに、想いはつのって・・・・・・。「少女マンガ×小説+先生の特別授業」で、読めば恋力&学力アップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事