ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

手遅れになる前に!夫婦が再生するための6つのルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2015年に入ってから三船美佳&高橋ジョージ夫婦、スザンヌ&斉藤和巳夫婦といった芸能人の離婚報道が立て続けにされているが、「離婚」は芸能人に限った問題ではない。
『離婚を考え始めたら読む本』によると、今の日本の離婚率は約30%だという。結婚したカップルの3組に1組が離婚していると考えると、どの夫婦にとっても「夫婦の危機」が突然やってくる可能性は充分にある。

「離婚」という選択肢が頭に浮かぶと「離婚をすればすべてがリセットされ、いまの苦しさから解放されると考えてしまいがち」と前出の『離婚を考え始めたら読む本』の著者で、これまで2万5000組以上の夫婦問題・男女問題の解決に取り組んできた岡野あつこ氏は指摘する。

「別れるしかない」「今すぐにでも別れたい」と思っているあなたにも、まだやるべきことや考えるべきことがあると思います。私自身の離婚経験を考えても、いまだに「できることはあった」と思うところがあります。それほど離婚は、ラクなものではないのです。
(『離婚を考え始めたら読む本』から引用)

離婚の前に「できること」とは何だろうか?
今回は、岡野氏が挙げている「夫婦が再生するための6つのルール」を紹介したい。

ルール1 パートナーとはどんなときも、誠実に話し合うこと
ルール2 パートナーの言い分や行動を理解しようと務めること
ルール3 パートナーを尊重すること
ルール4 パートナーに完璧を求めず、7割程度で上出来と思うこと
ルール5 パートナーに感謝の気持ちを伝えること
ルール6 パートナーを寛大な気持ちで許すこと
(『離婚を考え始めたら読む本』から引用)

どんな時も、相手のアラ探しをするのではなく思いやりの気持ちを持って歩みよることが大切なようだ。

本書には、この他にも「離婚しないための夫婦8ヶ条」や「離婚」という決定打を打つ前に行う「お試し別居のすすめ」「仮面夫婦の心構え」、離婚後の生活シミュレーションとして「意外に知られていないひとり親家庭への公的扶助」など、離婚に関するあらゆる情報が網羅されている。
「離婚」を考えている人はもちろん、「夫婦の危機」が来てほしくないと考える人も読んでおきたい一冊だ。

(文:フムフム編集部)

離婚を考え始めたら読む本

著者:岡野あつこ
出版社:インプレス
「そろそろ離婚かな……」「もうイヤ! 離婚したい!」 でも、よく考えて! あなたと子どもが幸せになるための選択肢は「離婚」だけなのでしょうか? 離婚することだけが目的になってしまっては決して幸せにはなれません。準備と覚悟は十分ですか? ハンコを押す前にやるべきこと、考えることが実はたくさんあるのです。 離婚で発生するさまざまな問題、財産分与や慰謝料など離婚にまつわるお金のこと、子どもの親権や戸籍のこと、弁護士さんの頼み方、離婚後の生活シミュレーション、夫婦関係の修復・やり直しのためのとっておきの方法などなど、約20年にわたって2万5000組以上の離婚相談・男女問題解決にあたってきた著者が、豊富な知識と経験を交えて解説!   「離婚」の二文字が頭に浮かんだとき、早まる前に読んでおきたい離婚の基本。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事