ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

雨の日でも確実に「天の川」を見る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

もうすぐ七夕。
一年に一度だけ、天の川を渡って彦星と織姫が逢えるといわれているロマンチックな日だが、残念ながらあまりお天気が良くないイメージが強い。事実、過去27年間の7月7日夜の晴天率をみてみると、もっとも晴天率が高い沖縄で41%。東京は15%という数字が出ている。(weathernews調べ
この時期はまだまだ梅雨が明けていないエリアが多く、天の川をハッキリと目にするのは難しそうだ。今年はなんと、台風が近づいてきているらしい。はたして7日7日は晴れるだろうか?

"満天の星空"は恋する気持ちを盛り上げる

夜空に瞬く無数の星たちに魅せられる人は、老若男女問わず多いものだ。とりわけ女性は、満天の星空に弱い。何万光年先から発せられた光に思いを馳せる……とまではいかなくても、単純に星空を眺めていると心ときめく。
たとえ隣にいるのが恋人でなくても、なんだか好きかも~と思ってしまうかもしれない。それくらいの効力が満天の星空にはあるのだ。だから、男性から天の川が見えるほどの美しい星空を、しかも七夕の日に見せられたりなんかしたら、迷っていた告白の返事もOKしてしまうかもしれない。

天気が悪くても、確実に天の川を見せたい!

ただでさえ、クリアな星空が見られる場所は限られているのに、天気が危ぶまれる七夕の日に天の川を見せるなんて至難の業。じゃあプラネタリウムに連れて行けばいいとなるが、近くに施設がない場合や時間的に難しい人もいるだろう。
そんなときにおすすめなのが、『大人の科学マガジン 新型ピンホール式プラネタリウム』(大人の科学マガジン編集部・編/学研プラス・刊)。自分で工作をしてプラネタリウムが作れるというシロモノだ。これなら、どこでも好きな場所で満天の星空が楽しめる。

ちょうど今年の七夕で結婚10周年を迎えるわが家においては恋愛目的ではないが、子どもたちに天の川を見せてやりたい気持ちから、このプラネタリウムの付録に取り組んでみた。

プラネタリウムの組み立てに、いざトライ!

本誌を開くと、こんな感じで部品が出てきた。

CIMG2211

用意するものは、プラスドライバーとハサミ、単2のアルカリ乾電池2本と、家にある物ばかり。回路は基盤に組み込み済みなので、ハンダ付けも不要とのこと。ふむ、これなら私でもできそうか。ちなみに、組み立て所要時間:約90分。……むむ、でき…そう…だろうか。ひとまずチャレンジしてみた。

モーターとかギアとか、電子工作に無縁な私にはあまり馴染みのない物ばかり。こういう部品から、プラネタリウムができるのか~と興味深く進めていたが、途中、どうしてもうまくできない箇所にぶち当たった。おそらく、私自身の苦手意識が強すぎるのだろう。そして不器用すぎるのだろう。工作が得意な夫にバトンタッチすると、あっという間に本体が完成した。ちなみに、ドライバーは細めのもの(できれば精密ドライバー)がベスト。

少し手間取ったのは、両面テープを貼り付けて恒星球を組み立てていく工程。簡単だが細かく地味な作業が続く。これなら私でもできると思い交代を提案したが、「ハッピーセットの(雑な)シールの貼り方を見たら、ここは任せられない」と言われてしまった。不器用で大雑把な人は、少し丁寧に作業する必要があるかもしれない。ちなみに几帳面な夫は、わずかなすき間からも余分な光が入らないように、最後まで調整をしていた。

わが家のリビングが満天の星空に!

1時間20分後、予定よりも早い時間で見事プラネタリウムが完成。ちなみにこのプラネタリウムは、南半球と北半球を自分で選べる仕組みになっている。なんとなく南十字星と天の川が見たかった私は、南半球をチョイス。そしていよいよ、電気をすべて消し、スイッチオン!

家族全員、思わず歓声が上がった。
いつものリビングが、そこにはなかった。
あるのは、美しい星空のみ。
星座のことなどよく知らない子どもたちも、キャッキャとはしゃいでいた。ヒーリングミュージックをBGMにすれば、まさに癒やしの空間の出来上がり。静止投影と回転投影が選べ、15分経つと自動的にOFFになるので、毎晩寝る前にセットしておけば心地良い眠りに誘ってくれるかもしれない。

持ち運び可能なので、自宅で、彼女の家で、車の中で、さまざまな場所に星空が映し出せる。デートでプラネタリウムに行くのもいいが、サプライズで天の川をプレゼントしてくれたら、さらに感動すること請け合いだ。

3,600円(+労力)で手に入る天体観測、そのもたらす効果はプライスレス。自分へのご褒美としてもピッタリなので、癒やされたい人はぜひ試してみてはいかがだろうか。

(文・水谷 花楓)

大人の科学マガジン 新型ピンホール式プラネタリウム

編集:大人の科学マガジン編集部
出版社:学研教育出版
大人の科学のピンホール式プラネタリウムが進化した。メガスターの大平貴之氏によるさらに緻密な星のデータが天の川を再現。日本の職人が作るふろく専用電球の採用。超静音の自動回転機構とオートオフ機構も装備。あなたの部屋に究極の先の星空を映し出す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事