ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

最後は争った大久保利通と西郷隆盛、実は強い絆で結ばれていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2018年のNHK大河ドラマは、薩摩藩出身の西郷隆盛が主役の「西郷どん」に決まった。

鹿児島では西郷の人気は絶大だ。もっとも敬愛されている人物の一人といえるだろう。

なぜ、大久保の人気が低い?

その一方で、鹿児島の人々から決して人気があるとはいえないのが、同じ薩摩藩出身の大久保利通だ。

大久保といえば明治維新の元勲であり、西郷、そして木戸孝允とともに維新の三傑に数えられる。2人はもともと仲が良かったものの、明治時代に入ると、次第に政府の中で対立。西郷が下野するかたちになった。

そして、明治10年(1877)、西郷が中心となった西南戦争が起こる。このとき、大久保が政府軍の指揮官となったため、事実上、西郷と薩摩をまるまる敵に回す立場になってしまった。

大久保は西郷を敬愛していた

西郷は政府軍に破れ、自決することになったのはご存のじとおりである。

大久保の人気が低い理由が、英雄の西郷を死に追いやった立場として捉えられることが多いためなのだ。

一方で、大久保は常に西郷への畏敬の念を持っていたとされる。事実、西南戦争で西郷が自決したという伝言を聞き、泣きじゃくったといわれている。大久保は極めて情に厚い性格だった。

明治の大事件、大久保暗殺

明治犯科帳 激情と暗黒の事件簿』(中嶋繁雄・著/平凡社・刊)には、明治時代に起こった数々の事件が網羅されているが、中でも社会を揺るがした大きな事件として扱われているのが、明治11年(1878年)5月14日に発生した「紀尾井坂の変」だ。

白昼堂々、大久保が暗殺された出来事で、漫画『るろうに剣心』のストーリーの中にも登場する有名な話である。

首謀者となったのは、政府に不満を抱く石川県士族・島田一郎ら6名。大久保が私利私欲を満たして国を腐敗させている元凶と考え、暗殺を計画し、実行に移したのだ。大久保は馬車に乗ったまま襲われ、斬殺されてしまった。

死後に判明したエピソードが泣ける

大久保は、西郷の死後も、彼から送られた手紙を袋に入れて持ち歩いていた。そして、暗殺された時も手紙を2通所持し、懐に入れていたのだ。

後に、手紙は血まみれになって発見されたという。大久保が西郷を強く尊敬していたことがよくわかる。片時も彼の存在を忘れることはなかったのだ。

ちなみに、首謀者の思い込みは事実と異なるものだった。大久保は私腹を肥やすことは決してしなかったといわれる。明治初期、政府はまだまだ貧しく、公共事業は最低限を行うくらいで精一杯だった。

そこで、大久保は私財を投じて公共事業を推進したのである。

国を想う気持ちは共通していた

真面目な性格で外に公言しなかったためか、多くの人はその事実を知らなかった。結果、当時の金額で約8000円(現在の価格で約1億6000万円)もの借金を残し、亡くなったといわれる。政府が寄付を募って、なんとか遺族は借金を背負わずに済んでいる。

西郷と大久保は、最後には争うことになったものの、国家、そして国民を想う気持ちは一緒だった。

大久保の評価が見直されつつあるといわれる。しかし、人気を爆発させる決定打が欲しい。そこで、ぜひ、「西郷どん」の次は、大久保を大河ドラマの主人公に抜擢していただきたいものだ。

(文:元城健)

明治犯科帳 激情と暗黒の事件簿

著者・中嶋繁雄
出版社:平凡社
明治のマスコミをにぎわした相馬騒動、大久保利通や星亨の暗殺、そして怪盗「電小僧」の活躍など、江戸の名残りと文明開化が交錯する明治という時代を象徴する事件の数々を紹介する。幕末の動乱をへて日本が近代国家へと変貌していった明治時代、それは封建の遺風と文明開化が混然とした不思議な時代だった。そこに、相馬騒動から大久保利通暗殺、怪盗電小僧、遊郭の主人による六人斬り、そして加波山事件まで、社会を震撼させ、マスコミを騒がせた数々の犯罪が発生した。当時の世相を反映する事件の数々をつづり、明治という時代を裏側から見通す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事