ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

占い芸人・島田秀平が紡ぎ出すスピリチュアルあふれる物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

漫才師として人を笑わせ、手相を見ては人の未来を言い当て、占いもして、オカルトを研究し、都市伝説にめっぽう詳しく、怪談を語らせたら天下一品。
果たしてそんな人がいるのだろうかと思いたくなるが、いるのだ。
ちゃんといるのだ。

漫才師であり、タレントである島田秀平さんである。
周囲からは、占い芸人と呼ばれているそうだ。
島田秀平のスピリチュアル都市伝説』(学研プラス・刊)は、そんな彼の多彩さ、熱心さがつまった本だ。

千本ノックのように不思議な話が飛んでくる

彼は好奇心が強く、スピリチュアルなものに敏感に反応する。
いや、彼が近づかなくても、不思議な何かが彼に近づいてくるのかもしれない。
元々は、有名な占い師「原宿の母」に見込まれ、彼女のもとで手相や、占いの修行を積み、とうとう「代々木の甥」の名を授かっている。
いやいや、これは、まさに免許皆伝の霊力の持ち主なのだろう。

彼の守備範囲は広く、千本ノックさながらに「ほら、こういうカリスマがいるっ」と、私たちをびっくりさせたと思うと、「それ、パワースポットでこんなことが」と、教え、「こわ~~い怪談、どう?」と、怖がらせる。
次から次へと、不思議なエピソードを猛烈な勢いで投げかけてくるのだ。
濃厚で、面白く、経験豊かな彼の話は、あなたを魅了し、今まで知らなかった世界へと導いてくれることだろう。

何でもありの連載をまとめたらこうなった

『島田秀平のスピリチュアル都市伝説』は、『月刊ムー』の連載をまとめたものだ。
豊かすぎるほどバラエティに富んだ内容を扱っており、著者によれば「なんでもあり」の本である。
アメリカ大統領ドナルド・トランプやレスリングの吉田沙保里の手相に言及し、彼らの強運とその行方について、今後の見通しを描いたかと思うと、聖地セドナやモンゴルにある宇宙パワーが充塡される土地について教えてくれる。
中でも、私が興味深いと感じたのは、事故部屋のエピソードだ。
借りようとする部屋が怪しいと感じた場合は、お酒をコップにつぎ、一晩、置いておくと、その部屋がけがれているかどうかわかるのだという。何かの霊がついていると、濁ったり、変な臭いになるという。
ただ「怖い~~」ではなく、「怖いならどうするか」まで、一緒に考えてくれるので、私は秘蔵の日本酒で実験してみた。
さらに、自分の運気を占うための「カバラ数秘術」もあれば、幸福になるためにすべきことのアドバイスもある。

自分で占った私の運勢

私自身は手相をみてもらったり、占いをしてもらったりしたことがほとんどない。
チャンスがなかったこともあるが、怖くて、近づかないようにしていた。
たまにおみくじをひくと、「大凶」を2回もひいたりする私である。
立ち直れないような占いの結果を知るのがおそろしい。

しかし、今回、自分で自分を占ってみたくなった。
まずは2017年の私の運勢を「カバラ数秘術」で計算した。
計算方法は簡単で、その年の西暦と誕生月、誕生日の各桁を1桁になるまで足していく。私は11月3日生まれなので、「2+0+1+7+1+1+0+3」=15と2桁だから、ばらして、1+5=6だ。これが私の今年の運勢だという。
6に象徴される「1年のテーマ」は、奉仕の年。
私は今年1年、自分ではなく人のために働いて、たくさん恩を売っておくといいのだそうだ
そうなのか。
考えたこともなかった。
そして、今年のラッキーカラーは黄色と赤・・・。ということも初めて知った。

未来は怖ろしい、しかし、私たちは前進しなくてはならない

人間、明日、何が起こるかわからない。
6月3日、ロンドンでテロによる襲撃があった。
ロンドン・ブリッジとバラマーケットに車が突っ込み、人々がナイフで次々と襲われたのだ。痛ましいことに、6人の方が亡くなったが、実は私も、6月1日から9日まで、ロンドンにいた。
着いた日に、「どこか行きたいところある?」と、聞かれて、「バラマーケット」と、答えたのだが、 結局、バラマーケットには行かないまま、難を逃れた。
亡くなった方は若い人が多く、言葉もない。おそろしかっただろう。
運命がどう転がるのか、誰かに教えて欲しいと思うのはこういうときだ。
けれども、もちろん、未来のことはわからない。
だから怖いのだが、反対に、だからこそ生きていこうとするのだろう。
次に何が起こるかわかっている人生を生きるのはあまりにもつらい。
インターネットによってもたらされる膨大な情報、そして、複雑に絡み合った世界の情勢、そのすべてを把握するのはとてもじゃないが、無理な話なのだ。
けれども、自分なりのスピリチュアルな何かが、身を守ってくれる場合もあるのかもしれない。
そう考えるだけで心が軽くなり、明日が来るのが楽しみになる。

(文・三浦暁子)

島田秀平のスピリチュアル都市伝説

著者:島田秀平
出版社:学研プラス
手相芸人にして都市伝説の語り手である島田秀平が、世にも不思議な話、有名人の強運伝説、最強の開運法の数々を語る。偉業を成し遂げた人の手相や運勢とは? 運の周期を見極めてラッキーをつかむ! 芸能界に伝わる怖い話とは? 都市伝説の最前線を収録!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事