ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

トイレがぐーんと楽しくなる! トイレットペーパーアートのススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『うんこ漢字ドリル』が話題の2017年ですが、みなさんのトイレライフをもっと楽しいものにしたいと思いませんか? ・・・思っていないですかぁ。すみません!

今回は『いますぐ使える!折り方・たたみ方・包み方』(あたらしいやり方研究会・編/学研プラス・刊)より、誰でも簡単にできるトイレットペーパーアートをご紹介します。これを知っておけば、お家のトイレはもちろん、職場や学校のトイレでも楽しめること間違いなし!

三角折りは「ファイヤーホールド」とも言うらしい

レストランやホテルなどで良く見かけるトイレットペーパーの三角折り。アートではないですが、トイレットペーパーの定番ですよね。

お掃除しましたよ~、という合図のように感じますし、トイレに入った際に三角折りされているとちょっと嬉しいものです。諸説あるようなのですが、実はこの三角折りは消防署で考案されたとも言われているんだとか。

三角折りは、緊急の際に迅速に対応できるように消防署で考案されたといわれ、「ファイヤーホールド」とも呼ばれます。その後、帝国ホテルの清掃員が清掃完了の目印に使ったことで、広まったそうです。

(『いますぐ使える!折り方・たたみ方・包み方』より引用)

トイレで「ファイヤー」ってなんだか不釣り合いなように感じますが、この説を聞くと確かにササササ!! と取り出しやすいので、1秒も疎かにできない消防士さんが考案したのは納得です。

「ハート」のトイレットペーパーアートを作ってみよう

「ファイヤーホールド」の折り方は多くの方がご存じかと思いますので、簡単にできるトイレットペーパーアートをご紹介したいと思います。

まず作るのは「ハート」。テキストだけではわかりにくいかと思いますので、自宅のトイレ写真で恐縮ですが、完成図の写真も掲載しておきます。みなさんもチャレンジしてみてくださいね♪

①中心を少し寄せて折る

②下から15cmくらいで、上に折り返す

5cmくらいで、後ろに折る

④折り返した上の部分を指で押さえて固定し、左右を引き上げてとがらせる

⑤上の端を後ろへ折る

⑥下の端を中心から後ろへ折る

⑦ペーパーの長さを調整して、ホルダーで抑える

(『いますぐ使える!折り方・たたみ方・包み方』より引用)

0530_abcd

人に見せて良いのか非常に悩んだ出来栄えですが、こんなもんでも作るのに30分以上かかりました(笑)。
(写真にあるAの部分は、作り方の①を示しており、Bは②〜③、Cは④〜⑤、Dが⑥〜⑦をまとめています。)

手先が器用な方は、最近ではピンクや花柄などのトイレットペーパーがあるので、慣れてきたらアレンジを加えてみるのがいいでしょう。ここまで作ったけど「逆に取りにくいのでは・・・?」という疑問も湧いてきてしまうかもしれませんが、作っている「今、この瞬間」に熱中できたので良しとしましょう!

折り紙だと思えば、なんでも作れる!

このトイレットペーパーアートですが、最近では「富士山」「かぶと」「リボン」などなどハート以外にもたくさんのバリエーションがあり、InstagramTwitterでも人気の投稿になっています。一度作ってみると大変さがよくわかるので、今後見かけたら私はじゃんじゃんいいね!や、リツイートしてしまうでしょう。それくらい奥深い世界です。

『いますぐ使える!折り方・たたみ方・包み方』には、トイレットペーパー以外にもフレアスカートをスッキリたためる洋服のたたみ方、おひねりの作り方、テントのたたみ方など日常生活に役立つありとあらゆる折り方・たたみ方・包み方が紹介されています。いつも当たり前になっている風景に少しの工夫をするとなんだか暮らしが豊かになるような気がしますよね。トイレという個室空間を通じて、次に使う人のことを思ってちょっと工夫してみる・・・そんな心の余裕を持てる人になりたいものです。

(文:つるたちかこ)

いますぐ使える!折り方・たたみ方・包み方

編集:あたらしいやり方研究会
出版社:学研プラス
シワをつけずにスーツをたたんで持ち運びたい、天ぷら紙を素敵に折ってお店の料理のように盛り付けたい、失礼のないようにご祝儀を上手に包みたいなど、身の周りにあるさまざまな折り方・たたみ方・包み方を紹介。1コママンガ&わかりやすいイラストで解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事