ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

子どもの気持ちがわからないときは「フィンランド式キッズスキル」が役に立つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フィンランド式キッズスキル入門』(佐俣友佳子・著/学研プラス・刊)は、子育てにおける問題解決について学べる本です。

キッズスキルとは、子どもの「困ったクセ」や「問題行動」を解決に導くためのハウツーのことです。
日本の「しつけ」とは異なるアプローチの教育手法であり、理にかなっていると感じたので紹介します。

箸(はし)がうまく使えない

幼稚園に通う4歳の奈緒ちゃんは、最近になって、ご飯をきれいに食べられなくなりました。
お皿の上で料理をひっかきまわしてはぐちゃぐちゃにして、結局半分も食べないまま食事を終えてしまうのです。

(『フィンランド式キッズスキル入門』から引用)

奈緒ちゃんは、カレーやチャーハンならば普通に食べることができます。
スプーンを使うからです。
つまり、箸をつかう食事のときだけ「ぐちゃぐちゃ」にしてしまいます。

しかし、奈緒ちゃんの箸の持ち方には問題ありませんでした。
お母さんがていねいに聞き取りをおこなうと、奈緒ちゃんは「箸を使いたくない」と言います。

さらに話を聞いてみると、すこし前に「幼稚園のお友だちに箸の使い方をからかわれたことがある」ことがわかりました。
それがずっとトラウマになっており、箸を使うのがキライになったことがわかりました。
だから食べることも好きでなくなり、やがて食事をぐちゃぐちゃにしてしまうのです。

たしかに奈緒ちゃんは、お友だちと比べて「握り箸」の期間が長かったので、同年代のなかではいちばん箸の使い方がうまくありませんでした。

もし、あなたが親ならば、奈緒ちゃんをどんなふうに教えますか?

親子で話し合って原因をつきとめる

話し合ったあと、お母さんは「からわれて悔しかったね」と奈緒ちゃんの気持ちを受け止めてあげました。

それから、奈緒ちゃんは「時間がかかってもいいからお箸で料理をきちんと食べること」を、お母さんと約束しました。

奈緒ちゃんは、正しい箸の持ち方はできるので、あとはお箸を使うのに慣れるだけです。
お母さんは、奈緒ちゃんが箸を使うのが楽しくなるように「お箸でつまみやすい料理」を作るようにしました。
具体的には、唐揚げや野菜などの食材をこれまでの半分の大きさにカットして食卓に出したのです。

なによりも、奈緒ちゃんがうまく箸を使えたら、お母さんもお父さんもほめてあげるようにしました。
家庭の食卓におけるサポートによって、奈緒ちゃんは箸を使う食事のときも、お行儀よく済ませることができるようになったそうです。

「問題行動=ダメな子」ではない

ファストフード店やファミリーレストランに行くと、食べ方がきたない子どもが叱られている光景をよく見かけます。
しかし、子どもに罵声をあびせたり体罰を加えたり飯抜きだと脅したりしても、なにひとつ解決するはずがないのです。

フィンランド式キッズスキルでは、まず「親と子がじっくり話し合う」というステップから始めます。
「問題行動=ダメな子」ではありません。
「問題行動=まだ学んでいないだけ」と解釈して、親子が話し合って学ぶべきスキルを探っていくのです。

ウソをつく子ども

小学1年生の鮎美ちゃんが、浮かない表情をしていました。
お母さんが話しかけると、鮎美ちゃんは「今度の日曜日にお友だちが家に遊びにくる」と答えました。

母親は喜んで「よかったね、じゃあお母さんマフィンでも焼こうかな」と言うと、鮎美ちゃんは突然泣き出してしまいました。

話を聞いてみると、どうやら鮎美ちゃんは家のことでたくさんの嘘を友だちについているようなのです。

(『フィンランド式キッズスキル入門』から引用)

鮎美ちゃんがついたウソの内容は、たとえば「家にはお部屋が10個以上ある」とか「庭にプールがある」とか「お手伝いさんがいる」というものです。
そのほかにも、「英語がペラペラである」とか「人気アイドルと親戚である」というウソをついたせいで、学校の教室では「鮎美ちゃんはウソつきだ」という噂が広まっていました。

ウソつきの鮎美ちゃんが、身につけるべきスキルとは何だと思いますか?
「ウソをつかないスキル」ではありません。
「他人のことを認めるスキル」です。

お母さんが鮎美ちゃんに話を聞いたところ、鮎美ちゃんのウソは「友だちに対抗するためのウソ」であることがわかったからです。

ロールプレイの効用

フィンランド式キッズスキルでは、問題行動の解決方法を見つけるために「ロールプレイ」をおこないます。
日本語では「ごっこ遊び」という意味です。

つぎに引用しているのは、お母さんが「小学校のお友だち」役を演じている、鮎美ちゃんとのロールプレイの記録です。

 母「昨日の晩ご飯、オムライスだったんだ」
鮎美「鮎美のおうちはちらし寿司だったよ」
(中略)
母「今度自分用のパソコンを買ってもらうんだ」
すると鮎美ちゃんは何かを言おうとして、ハッとして口をつぐみました。
「なんて言おうとしたの?」母親が優しく聞くと、鮎美ちゃんは小さな声で、
「鮎美はもう自分の持ってるもん……」と言います

(『フィンランド式キッズスキル入門』から引用)

これは鮎美ちゃんのウソです。
お父さんはパソコンを持っていますが、それは鮎美ちゃん専用のものではないからです。

いままでも、友だちが水泳大会で優勝すれば「自分は平泳ぎで100メートル泳げる」というウソ、ピアノがうまい子には「自分はもうバイエルが終わった」とウソをついていました。

ロールプレイをきっかけに、鮎美ちゃんが「自信がないから、他人のことを認められず、だからウソをついてしまう」ことを発見します。

ロールプレイは原因究明だけでなく、問題行動の改善にも役立ちます。
うらやましくてウソをつきそうになったら、「いいね!」「すごいね!」と言って友だちを認めるロールプレイをおこなったところ、鮎美ちゃんはウソを思いとどまれるようになりました。

自信をもってもらうために、興味があったダンス教室にも通いはじめて、鮎美ちゃんは楽しい学校生活を送れるようになったそうです。

(文:忌川タツヤ)

フィンランド式キッズスキル入門

著者:佐俣友佳子
出版社:学研プラス
夜尿症、ウソをつく、ごはんを食べない、勉強をしない……。子どもができないことをひとつずつ学習するキッズスキル。教育大国フィンランド生まれのこの方法なら、親も子もストレス知らずで楽しく問題解決できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事