ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

忙しい人に送る「9分間のリフレッシュ法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

なんだか毎日忙しい。
元来、仕事でも遊びでもスケジュールを詰め込み過ぎる傾向にあるが、最近は特に休まる暇がない。客観的に見たら無駄な時間も多いのだろうが、常に時間に追われて過ごしている気がする。
さらに言うと、質の良い睡眠も長らく取れていないと思う。まだ末っ子は夜間授乳をしているので、泣いたらすぐに飛び起きて授乳という細切れ睡眠の毎日。幸い今のところ体調に問題はないが、歳も歳だし、いずれは不調が表れてくるに違いない。もう少し、自分の体を労らなければ。

日本人の7割は不眠に悩まされている!?

厚生労働省による平成27年国民保険・栄養調査報告(p203)を見てみると、日本人のじつに7割が、何かしら睡眠に悩みを抱えているということがわかる。例えば、布団に入ってもなかなか寝つけない「入眠障害」、起床時間よりも早く目覚めてしまい、その後眠れない「早朝覚醒」、夜中に2回以上目が覚めてしまう「中間覚醒」、睡眠時間は十分とっているつもりなのに、ぐっすり眠れた感じがしない「熟眠障害」など。思い当たるものがある人も多いのではないだろうか。

まどろむことで心をほぐす「ヨガニードラ」って?

そんな、8800万人の眠れない日本人におすすめなのが、「ヨガニードラ」だ。「ニードラ」とは、サンスクリット語で「眠り」を意味する。つまり、ヨガニードラとは「眠り・まどろみのヨガ」のこと。

ヨガ講師であり、アーユルヴェーダセラピストのサントーシマ香さんの著書『おやすみヨガ』(学研プラス・刊)によると、眠っているようで、じつは意識は目覚めている状態がヨガニードラとのこと。インストラクターのガイダンスに導かれて、まどろむような眠りと覚醒の間に入っていく、そんな瞑想法のひとつなのだそう。

ヨガニードラで期待できる効果は、主に以下の5つ。

ヨガニードラの効果1.ストレスマネージメントができ、快眠体質になる

ヨガニードラの効果2.ほんの数10分で、しっかり眠った後のような爽快感がある

ヨガニードラの効果3.ストレスホルモンが出すぎないので、血糖値や血圧が下がる

ヨガニードラの効果4.ホルモンの乱れを整えて女性特有のPMS症状を緩和

ヨガニードラの効果5.うつやPTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状が緩和

(『おやすみヨガ』より引用)

特筆すべきは、1番。なんでもヨガの哲学によると、実際に起きていることよりも、そのことに対する心の過剰な反応が問題だととらえられているのだそう。例えば、友人からすごく酷い言葉を投げつけられて腹が立ったとする。そのことを、何度も何度も思い出して嫌な気分になったり、また同じようなことを言われるのでは……と思い悩んだりすることは、自分の思考が勝手に作ってしまったストレスなのだそうだ。今この瞬間に存在しないことなのに、考えても仕方のない過去や未来のことを思案するのは、自分の思考が勝手に作ってしまったストレスである。ううむ、思い当たるフシが……。そんな、心を乱すものや悩ましいこと、そういったものにとらわれている自分自身から解放されることが、瞑想の目的であり、ヨガニードラの効果なのだそう。

いざ体験してみると……わずか9分間でスッキリ!

ヨガというと、汗をたくさんかくホットヨガや、妊娠中に行っていたマタニティヨガが真っ先に思い浮かんだのだが、このヨガニードラはちょっとタイプが違うようだ。あれこれポーズを覚える必要もなく、ただ横になってCDを聞くだけ。『おやすみヨガ』に付属されているCDには、究極のリラックスを味わう「35分版」、体と脳を休める「20分版」、リフレッシュしたいときの「9分版」の3種類が収録されている。時間に追われている(と錯覚している)私でも、9分間なら時間が作れる!ということで、一番短い9分版を体験してみることに。

目を閉じ横になって、穏やかなサントーシマ香さんの口調に身を委ねる。足のつま先から頭のてっぺんまで、自分の体の各部分を順に、隅々まで意識を広げていく。「空気に触れている体の外側全体」など、普段は意識しないような部分まで。不思議と、意識した部分はほんわか温かく血が巡りだすような感覚に。そして、大きく息を吐く。ふんわりとまどろむような、心地よい感じ。気づけば、9分間が経っていた。なんだか頭がシャキッとして、短時間でしっかりリフレッシュできた気がする。

究極のリラックス! 知らない間に寝てしまった!

その後、究極のリラックスを体験したく、35分版にもチャレンジしたいと思いつつ、なかなかその時間がとれずにいた。そんなある日、夜中に起きてしまった後、珍しく再び眠ることができず、早く寝なきゃという焦りとは裏腹に冴える頭。これは絶好の機会だと、小さなボリュームで35分版を流してみると……気づけば朝だった。最後までCDを聴いた記憶がない。ヨガニードラを心地よく行っている最中で、見事眠りについてしまったようだ。心地よい入眠に、快適な目覚め。これこそ、求めていた感じである!

ちなみに、ヨガニードラは横にならなくても、電車の中や会社のデスクの前ででも簡単に体験できる。9分版はパソコンやスマホからでも視聴できるので、スキマ時間を使って、ぜひ一度試してみてはいかがだろうか? 連休明け、なまった心と体をリフレッシュさせたい人にもおすすめだ。

(文・水谷 花楓)

■おやすみヨガ「ショートヨガニードラ リフレッシュ」 http://gakken-ep.jp/extra/oyasumiyoga/

おやすみヨガ

著者:サントーシマ香
出版社:学研プラス
寝付けない、眠りが浅いといった睡眠トラブルの改善に有効なヨガニードラ。心と体の緊張をほぐす、究極のリラクゼーションプログラムです。やり方は、横になり、声の誘導に合わせて意識を向けるだけ。音声ガイダンスCDつきなので、簡単に実践できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事