ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

「日曜日にハチ公前に伺います」。これ間違ってます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

社会人になると、敬語を使うのが当たり前になる。敬語と一口に言っても、尊敬語、謙譲語、丁寧語、美化語などがある。これらを正しく使いこなすのは、実は意外と難しいものだ。

まずは丁寧語と美化語から始めよう

一番簡単な敬語は、語尾につける「です」「ます」だろう。これは丁寧語だ。
丁寧語は、基本的に話し言葉が上品に聞こえるレベルのもの。これくらいならば、日常的に誰もが使っていることだろう。

美化語というのは、名詞の前に「お」や「ご」をつけたもの。「お寿司」「ご飯」「お手紙」などがそれに当たる。

この2つを使っていれば、まあまあ上品な口調に聞こえる。しかし、ほんとうの敬語はもっと難しい。

相手の動作は尊敬語、自分の動作は謙譲語

まず尊敬語。これは「相手を敬う」言葉だ。話すことは「おっしゃる」、食べることは「召し上がる」。目上の人を自分よりも、一段上げるイメージだ。

次に謙譲語。これは「自分を下げる」言葉だ。話すことは「申し上げる」、食べることは「いただく」。自分を一段下げて相手を上げるイメージとなる。

実は、この2つを使いこなすのは意外と難しい。まずは基本として相手の動作には尊敬語、自分の動作には謙譲語というように覚えておくといいだろう。

「ハチ公前に伺います」は間違い

今さら聞けない敬語の基本』(矢野香・著/インプレス・刊)は、元NHKのアナウンサーの矢野香が、敬語について詳しく優しく解説している書籍だ。

そこにひとつの例文が登場する。目上の人と待ち合わせをするときの言葉だ。

日曜日にハチ公前に伺います。

(『今さら聞けない敬語の基本』より引用)

さて、一見正しい文章に見えるが、間違っているという。何が違うのだろうか。

この場合、動作は「行く」。
誰のところに行くのかというと「ハチ公」だ。そう考えると、この文章ではハチ公を敬っていることになり、待ち合わせをする人を敬っていることにはならない。

正しくはこうだ。

日曜日にハチ公前に参ります。

(『今さら聞けない敬語の基本』より引用)

自分の行動を一段低くする(=謙譲語を使う)ことで、相手を敬う。これが正解だ。

目上の人に「参考になりました」はNG

似たような例として、「参考になった」という言葉がある。目上の人に何か教えてもらったときに、「たいへん参考になりました」などと言うことがあるだろう。

しかしこれも間違いのようだ。

「参考になった」は、「その程度」と思われかねない言葉です。

(『今さら聞けない敬語の基本』より引用)

つまり、上の人が下の人に言っていると思われてしまうのだ。この場合は「たいへん勉強になりました」が正解となる。

会社などで上司と話すとき、取引先の人と話すとき、先輩と話すとき。シチュエーションに応じてスマートに敬語を使いわけられるようになれば、「できるやつ」と思われるはず。ちょっとだけ、敬語を意識してみてはいかがだろうか。

(文:三浦一紀)

今さら聞けない敬語の基本

著者:矢野香
出版社:インプレス
ビジネスシーンで、就職活動で、あなたは敬語を正しく使えていますか? 元NHKアナウンサーであり、現在は政治家や経営者、企業の上級管理職などにスピーチ術をコンサルティングする著者が、「敬語の基本」をやさしくレクチャー。今さら恥ずかしくて誰にも聞けない基本の“き”から教えます! 就職活動中の学生や新入社員はもちろんのこと、すべてのビジネスパーソン必読の一冊。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事