ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

100均グッズでおしゃれな部屋にするコツ3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近100円ショップがすごい。
USBケーブルもネクタイも100円だ。こんなものまで100円でいいんだろうか!と行くたびに驚かされる。可愛いデザインの品が増えているため、100円ショップのグッズでお部屋をおしゃれに演出できる。ちょっとした工夫でハイセンスに見えるワザを3つご紹介する。

アレンジのしやすさ

ひとくちに100円ショップと言っても、最近は店ごとにずいぶんカラーが違う。
ダイソーはアイデア商品や事務用品がすごい。PCメガネ、プリンタ用の詰め替えインクまで100円だ。
キャンドゥはカラフルな品が多くて楽しいし、ネイルシールなど、ネイル関連の品が豊富でありがたい。

そしてSeriaは木目や落ち着いたデザインのものが多く、スリッパもカーテンも女子が好みそうなカントリー調だ。『Seriaでつくる雑貨&インテリア ベストアイデア』(ゲットナビ編集部・編/学研プラス・刊)には、Seriaの品をあれこれ使った素敵なお部屋で暮らす人たちの画像を満載されている。

テイストを決める

やみくもに100円の品を並べても統一感が出ない。まずは、部屋のテイストを決めることだ。ナチュラルに木のぬくもりを重視するのか、カラフルにビタミンカラーを使っていくのか、またはレトロな感じにするのかなどテーマを決めると部屋も落ち着く。

本ではカフェ風のお部屋、男性らしい部屋など、暮らす人によってムードがそれぞれ違っていた。ちなみに本ではRoomClipというインテリア画像SNSに投稿されたものが何点も紹介されている。そこにはインテリアの画像が200万以上もあり、和風、レトロ、などとカテゴリ分けもされているので、アプリを眺めて自分が作りたい部屋のイメージを決めるのもいい。

色を揃える

部屋のテイストを決めたら、次はテーマカラーを選ぶとさらに室内がまとまる。本では、白を基調にした部屋や、ブルーをアクセントカラーにした部屋、観葉植物をふんだんに飾り、緑を際立たせた部屋など、それぞれの部屋にははっきりした色があった。

すごい人は、茶色のテーブルを白く塗ってまで、マイカラーに合うインテリアにするための手間をかけていた。確かに「このデザイン可愛いけど、色がな〜」という物がある。それを自分の手で自分色に染めてしまえば万事解決してしまうのだ。

数を揃える

テイストと色が決まっても、なかなか部屋が垢抜けない時は、数を揃えてみるのが良さそうだ。同じ品物を複数並べると、それだけでひとつのまとまった空間となり、おしゃれ度が増す。本の中でも同じ入れ物にグリーンを入れたものを複数吊り下げて飾ってみたり、同じ大きさの茶色いカゴを棚に並べてみたりという画像はひときわ目を引いた。

Seriaにはなぜかエッフェル塔のグッズがあれこれ売られているのだけれど、本の中ではそのエッフェル塔を複数置いている写真が何点かあった。大きなものと小さなものが並ぶとまるで親子みたいで可愛らしい。また、冷蔵庫の中に同じ大きさのプラスティックカゴを並べれば、そこもまたおしゃれな空間になる。小物の複数使いをマスターすれば、人から褒められる部屋になる日も近いかもしれない。

100円ショップの品は基本的にシンプルで、だからこそアレンジがしやすい。それにシンプルだからいじりたくなってしまう。私も先日Seriaでアロマオイルが12本入る引き出し付きの木箱を4つ買ってきたのだけれど、今、それに取っ手を付けたくて仕方がない。Seriaに取っ手も売っていないか今度探しに行きたくて、ソワソワしている。ひと手間かけて自分好みの品に仕上げる。その楽しさが、最近の100円ショップの醍醐味なのかもしれない。

(文・内藤みか)

Seriaでつくる雑貨&インテリア ベストアイデア

著者:ゲットナビ編集部
出版社:学研プラス
大人気の100円ショップ「Seria」を使ったインテリア術を紹介する、大人気シリーズの総集編。過去シリーズで人気を博したキッチン・リビングなどのお部屋実例、ビギナーでも取り組めるDIY、すぐに役立つ収納ワザの数々から、ベストアイデアを厳選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事