ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

きれいな漢字を書くためには「三」と「口」をマスターせよ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近は、字を書く機会というものが減っている。僕の場合、請求書の宛名書きか、カラオケやファミレスで順番待ちのときに名前を書くときくらいだろうか。

大人っぽい字が書きたい

子供の頃に書道教室に通っていたことはあるが、ほとんど遊びに行っていたようなもので、お世辞にも字がきれいという感じではない。かといって、個性的な字というわけでもなく、いい大人なのに微妙な字だなと常々思っている。

もう少し大人っぽい字を書きたい
そう思って手に取った書籍がこちら。『読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本』(根本知・著/CCCメディアハウス・刊)だ。

この本は、文字をきれいに書くための法則が記されたもの。この本の記述通りに字を書けば、美しく書けるようになるということ。

字を美しく書く練習といえば、お手本を見ながら書くというのが一般的だが、この本では、「きれいな文字を書くためのルール」を覚えて実践するという感じだ。

まずは「三」をマスターしよう

本書に最初に出てくるのは「三種類の横線について」。例に挙げられているのが「」だ。
「三」の字を構成する3本の横線に、それぞれのメソッドがあります。

1、右上に反る線
2、右上にまっすぐ引く線
3、上がった後、右下に反る線

(『読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本』より引用)

一画目の横線は右上に反らせ、二画目の横線は右上にまっすぐ、三画目の横線は右下に反るように。そして、それぞれの線は等間隔に。これだけで「三」の字が見違えるようにかっこよくなる。僕の名字に入っている漢字なのでさっそく練習してみたが、確かにこれを意識するだけでかっこよくなる。

実はこの「三」は、「春」や「王」、「至」などさまざまな漢字で応用が可能。

「三」をマスターすると、漢字はかなりかっこよく書けるようになるのだ。

意外と難しい「口」

本書に「口」という漢字の書き方が記されている。

「口」の字の接筆は、下と右が出るように書きます。

(『読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本』より引用)

実際に書いてみるとわかるが、これがとても難しい。慣れるまで、かなり練習しないといけないようだ。どうしても、両方の縦線が下に突き出てしまう。「口」なんて、普段意識しなければいくらでも書けるのに、「下と右が出るように」書こうとするだけで、かなり難易度がアップする。

ほかの漢字も練習練習

個人的に、「幸」や「辛」、「事」という縦長の漢字が苦手だ。「幸」については、本書にコツが載っていた。

品格のある文字を書くためには打ち込みに注意が必要です。二画目の縦線はもちろん、五画目の小さな左払いや、最終画の縦線においても打ち込みをしっかりと実践しましょう。

(『読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本』より引用)

これを意識しすると、それなりに見えるようだ。

kanji-02

ちなみに打ち込みとは、線を引く場合の入り方のこと。ここを意識するだけで、品のある文字になるようだ。

ちょっと練習しただけなのでまだまだだが、これらを意識して書くようにすれば、大人っぽいかっこいい字が書けるようになるような気がする。

「しんにょう」は鬼門

本書を読み進めると、いろいろな漢字の書き方について解説されているが、何度書いてみてもうまくいかないのが「しんにょう」のつく漢字だ。「送」「迭」「進」……。とにかく「しんにょう」は難しい。

いくら解説を読んで練習しても、うまく書けない。「しんにょう」の壁を越えることができるときは来るのだろうか……。

(文:三浦一紀)

読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本

著者:根本知
出版社:CCCメディアハウス
手書きは武器になる! 12メソッドさえ頭に入れれば、今日からきれいな字が書けます。 メソッド順に記憶・練習することで手本なしでも美しい文字が書けるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事