ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

成功者たちの意外な共通点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

これまで雑誌の取材で、何人かの超一流の人たちに会うことができた。活躍する分野は違っても、成功者たちに共通していたのは、意外にも気さくだということ。ちっぽけなただのライターである私を見下すような言動はなく、むしろ、こちらの緊張をほぐそうとまで気配りしてくれるのだ。

世界のニナガワの目力に圧倒された日

その中でもいちばん印象深かったのが今は亡き世界のニナガワこと、蜷川幸雄氏にお会いしたことだ。といっても蜷川氏をインタビューしたわけではない。

その日、私は女性誌のパッチワークキルト特集で奥様の真山知子さんを取材すべく、都内のご自宅にお伺いしたのだ。玄関で真山さんに迎えられ、応接間に通されると、支度をしてくるから待っていてくださいと言われた。しばらくすると、なんと世界のニナガワがお盆にお茶をのせて応接間にやって来たので、私は腰を抜かしそうになった。
慌てて立ち上がり「ど、ど、どうも、おじゃましています」と、それこそ震える声で挨拶した。

すると「まぁまぁ、そんなに緊張しないで、お掛け下さいよ。支度ができるまで、僕とちょっとお話していましょう」と蜷川氏。

「は、はい」と答えたものの、言葉など出てくるわけがなく、泳ぐ目で蜷川氏を見つつ、ニヤニヤ、オロオロしていると、蜷川氏のほうから話しかけてきたのだ。

「なにがきっかけで雑誌のライターになったの?」とか、「出身はどこ?」とか、「趣味はなに?」とか次々と質問された。しどろもどろで答える私の話を、真剣に聞いてくれる蜷川氏の表情は柔らかなのだが、その目力だけはとても強く、こちらのすべてを見透かされている、そんな気がした。

真山さんがやって来ても、まだ質問は止まらず、私は蜷川家に取材に来た人ではなく、取材される人になってしまっていたのだ。

また、別の日、私と同じように、やはり真山さんの撮影で蜷川家に行ったヘアメイクアーティストの友人も、同じように蜷川氏に話しかけられたと言っていた。

きっと蜷川氏は超一流になってからも、常に目の前の人物に興味を抱き、観察し、話を引き出して、それを演劇の中に生かしていたのだと思う。

成功者たちに共通する法則とは

さて、成功した人、超一流の人たちには法則があると主張するのが、ロンドンで活躍する世界一予約が取れない内外美容研究家(セラピスト)早野實希子さんだ。

王侯貴族、ブランド創業者、芸術家、政治家、女優、俳優、スーパーモデル、スポーツ選手、富豪などを顧客とし、彼らを施術し、話をするたびに、はっとさせられる成功へのヒントが与えられるのだそうだ。

それらをまとめたのが『成功者たちの「極意」』(早野實希子・著大和書房・刊)。

厳しい世界で成功を勝ち得た人々には、共通した身体的な特長、その身体に宿ったマインドがあるという。

目力で人脈を引き寄せ、二の腕で幸運をつかむ

第一印象を決定するのは、やはり目力だ。

人は相手が醸し出すオーラを感じとるものですが、そのオーラを左右するものはまず目力です。人種や年齢がちがっても、バックグラウンドをまったく知らない人でも、思わず目を引く人は強い目力を持っています。

(「成功者たちの「極意」』から引用)

また、初対面では握手も重要で、好感度の高い握手とは、相手の目を見て、相手の記憶に残るように強い握手をすること。強い握手は、強い精神力や意志力を表わし、相手に信頼感を与えるからだ。

さらに、縁や運をつかみとるという点で、要となる身体のパーツは二の腕だそうだ。

長年施術をしていくなかで、心の持ちようが身体のパーツに反映されるのを実感してきました。なかでも、それが表れやすいのが二の腕なのです。成功者には適度に引き締まった、きたえられた二の腕の持ち主が実に多いこと。

(『成功者の「極意」』から引用)

本書では引き締まった二の腕をつくるセルフケア&マッサージ法も紹介されている。

太ももで人生の質がわかる

太ももというのは、生活習慣の影響がとてもよく表れる部位だという。

セレブリティたちは太すぎず、細すぎず、美しく引き締まった太ももを持っている人が多く、それは、正しい姿勢でまっすぐに立ち、颯爽と歩くことで余分な脂肪がつきにくくなるのだそう。

さらに、女性らしい太ももの持ち主は金運や恋愛運をもつかみやすいという傾向にも注目したい。

丹田が強い人が成功する!

成功したい人は、男女を問わず、丹田を鍛えることをおすすめしたい。

丹田はおへその下、三寸(成人で約9cmほど)にあり、「気」が集まるところとされている。

成功される方には、丹田が強く、踏ん張りの利く身体の方がじつに多いのです。日常生活で腹筋を鍛えている方も多く見受けられます。世界的に見ても、経済のめまぐるしい変化や自然災害など、日々の生活を取り巻く環境はとてもストレスフルです。ただ細いだけ、美しいだけの身体では、この状況を勝ち抜いていけないと強く感じます。

(『成功者たちの「極意」』から引用)

コアを持っていれば判断が揺るがない

意識の高い人は「しなやかさ」と「情熱」をあわせ持っているという。そこで大事なのが、こだわりを持ち軸足がぶれないこと。

自分の軸、コアを持っていると、どんなときも判断が揺るぎません。自分が何を大切にして生きていくかを知っているからです。揺るがない人には、まわりを引き寄せる力があります。

(『成功者の「極意」』から引用)

愛こそすべて

大きな成功をおさめた夫を持つ妻は、夫を大海へ放つようにどんどん泳がせるという。
例えば、テニスのジョコビッチ選手も家に帰ると単なる夫、父親でいられるからこそ試合で勝てている、と話しているそうだ。夫と妻の立場が逆でも同じことで、成功者たちは、常にパートナーの波止場のような存在になっているようだ。互いがグチを言い合うような夫婦は成功者とはなり得ない。やはり身近な人と良い関係を築くことが土台と言えそうだ。

冒頭の蜷川氏も、奥様の仕事で訪れた客にお茶を入れるなど、パートナーをサポートしていたわけだから、その姿勢も見習うべきだろう。

本書ではこの他にも、成功へのヒントの数々、そしてセレブリティたちの知られざるエピソードも多く紹介されている。

(文:沼口祐子)

成功者たちの「極意」

著者:早野實希子
出版社:大和書房
成功する人の太ももは細くない――! ハリウッド女優や国内有名俳優・女優、一流経営者らから絶大な支持を集めるカリスマ美容家がみた世界中のセレブに共通する「成功の秘密」をこっそり伝授!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事