ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

楽しい・可愛い・じょうぶ!赤ちゃんの時からながーく楽しめる絵本3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビリビリビリーッ!」という音とともに、その日は突然やってきました。
今まではこちらが絵本を読んでいるのをおとなしく聞いていた息子が、1歳にさしかかる頃には自分でめくり、破るようになったのです。


手先が器用になり成長した証拠なのですが、キャラクターが飛び出すしかけ絵本などは全ページキャラクター不在の風景絵本になり、破った本人もこちらが修復しない限りその本に見向きもしなくなるということが1歳半を過ぎた今現在も度々起こっています。
そんな加減を知らない1歳児が乱雑に扱う中、破れずに変わらず息子を楽しませてくれる絵本があります。丈夫で且つ可愛い絵本たちの中から厳選した3タイトルを紹介していきましょう。

『あかあかくろくろ』

柏原晃夫さんの絵本は『しましまぐるぐる』『ぶんぶんきいろ』といったシリーズ本と同様、今回紹介する『あかあかくろくろ』(学研プラス・刊)もコントラストの強い配色と可愛いイラストが特徴的。特に本作は黒・白・赤がテーマになっていて、りんごや雪だるまといった今の季節にピッタリなイラストもちらほら。まだ首が座っていない赤ちゃんから幼児期まで長く楽しめるのはもちろん、親の心をも掴むキュートな絵本です。個人的にわんちゃんのイラストが大好きで「可愛いね~」などと言いながら息子とよく眺めています。
また、本の最後の方に前後のページのイラストが楽しめるようくり抜かれている箇所が少しあるのですが、1ページ1ページがしっかりした作りのため破れにくくて助かっています。こうしたくり抜きがある絵本はたいていその箇所からボロボロにされ、めくらずとも次のページがネタバレしてしまっているなんてことがよくあるものですから…。

『きらきらいろ』

こちらの絵本も前出の『あかあかくろくろ』と同様、赤ちゃんが認識しやすいコントラストが強い色で描かれたイラストが特徴的な絵本なのですが、『きらきらいろ』には触って楽しめる加工が施されている点が注目ポイント!
キラキラした折り紙のような箔紙がところどころに加工されているので、その部分は見ても触っても質感の違いを感じることができます。イラストの説明文も「きいろいバナナ yellowbanana 」というように英語でも書かれているので、英語に早くから触れさせたいと考えている人にはオススメの一冊かもしれません。

『ブルーナの0歳からの本』

ブルーナの0歳からの本』と聞くと「何? 誰?」と思う人もいるかもしれませんが、うさぎのミッフィーちゃんの生みの親、ディック・ブルーナさんの絵本です。絵本といっても、この『ブルーナの0歳からの本』シリーズは全てじゃばら状になっていてビローンと広がるのが特徴的。この本なら、腹ばいをしている赤ちゃんの前に屏風のように立てて見せることも可能です。1歳を過ぎたら自分で広げたり、絵を指差したりしながら長く楽しめる絵本シリーズかと思います。第1集にはおなじみのミッフィーちゃんが描かれているので出産祝いなどのプレゼントとして贈るのもオススメです。

いかがでしたでしょうか?
ご紹介した3タイトルは全て丈夫な作りで、ページの角も丸くなっていて絵も可愛いものばかり。この機会に、ぜひ親子で長く楽しめる一冊を見つけてみては?

(文:凧家キクエ)

いっしょにあそぼ あかあかくろくろ

著者:柏原晃夫
出版社:学研プラス
0歳の赤ちゃんがよく見える「黒・白・赤」を中心にした人気シリーズの新刊!前作「しましまぐるぐる」が大人気の柏原晃夫さんの絵で。赤い丸、赤いりんご、黒いながぐつ、白いねこ、さらに穴あきしかけに、今回も赤ちゃんがくぎづけに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事