ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

印象的なポートレートを撮る方法、学べます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カメラ好きなら、ポートレート撮影をしてみたいと思うことでしょう。

しかし、いざモデルさんを目の前にすると、どうやって撮影していいのかわからない。そんな人も多いのではないでしょうか。

デジタル一眼レフを買ったら仕事がやってきた

僕は15年くらい前から、原稿を書くだけでなく、写真を撮ることも仕事にしております。当時、まだ高価で珍しかったデジタル一眼レフを中古で買ったら、出版社から「デジタル一眼レフ買ったんですか? じゃあ写真の撮り方の連載してくださいよ」というオファーがあり、引き受けたのが最初です。

それまで、フィルムの一眼レフカメラは持っていましたが、仕事で写真を撮ったことはほとんどなく、ましてモデルさんを撮るみたいなこともしたことがありませんでした。

しかし、プロのライターとして来た仕事を断るなんてもってのほか! ということで、ひとりで写真の撮り方を勉強して仕事をしていたら、いつの間にか写真を撮ることも仕事の一部となっておりました。

人物撮影はもちろん、物撮りもしますし、記者会見コンサート撮影インタビューカットなど、あらゆる撮影をしてきました。

現場では「はいはい大丈夫ですよ〜」なんて言いながら、内心四苦八苦。毎回トライアンドエラーみたいな感じです。これは今でもそうかもしれません。

カメラマンの知り合いもいましたが、教えてもらうのは気が引ける。ということで、ほとんど独学で写真を学びました。そのときお世話になったのが、いわゆる「写真の撮り方」といった基本的な書籍たち。ほんとにほんとの初心者レベルのものから、シチュエーション別の撮り方指南書、そしてカメラ雑誌なども読みまくっていました。

難しいポートレート撮影法を細かく解説

いろいろなジャンルの写真がありますが、そのなかでも難しいなと思っているのが、人物写真。いわゆる「ポートレート」です。

場所選びから光の方向と角度、レンズの選び方にカメラの設定、そしてモデルさんとのコミュニケーションまで、いろいろな点に気を付けなければなりません。ただニコニコしている女の子を撮ればいいってもんじゃないんです!

ポートレートの正しい撮り方』(CAPA&デジキャパ!編集部・編/学研プラス・刊)には、ポートレートの基本的なことから、シチュエーション別の撮り方まで、ポートレートの撮影方法のノウハウがぎっしり詰まっています。

ポージングやピント合わせ、レフ板の使い方や露出補正の方法といった基礎はもちろん、フラッシュを使った屋内・屋外での撮影方法、イメージに合わせたポートレート撮影術など、これ1冊があればポートレート撮影のノウハウがかなり学べるはずです。

もちろん、作例も多数掲載されているので、「こうすればこうなるのか」とイメージしやすいのもポイント。ISO感度の設定やカメラ内で適用できる各種デジタルフィルターの解説などもあり、デジタルカメラ時代のポートレートにもバッチリ対応しています。

女性、男性、子供といった被写体別の撮影方法も詳しく解説されているので、自分の撮りたいポートレートに合わせたテクニックを学ぶことが可能です。

趣味でポートレートを撮影している方はもちろん、家族や恋人の写真くらいしか撮らないよという人も、一読してから撮影すると見違えるような写真になるはずです。

この本を読んでいたら、ポートレートが撮りたくなってきました。誰か、モデルさんやってくれませんかね?

(三浦一紀)

ポートレートの正しい撮り方

著者:CAPA&デジキャパ!編集部(編)
出版社:学研プラス
女性・男性・子どもといった被写体別の分け方に加え、屋外・室内・夜間といったシチュエーション別、さらにふんわり系・渋系といった雰囲気別に分類し、人物の正しい撮影方法を詳しく解説する入門書。外付けストロボを使ったプロ級テクニックも紹介する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事