ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

中学時代のチャラ男がナンバーワンの営業マンになっていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

同窓会は、長い間会っていなかった友人たちと顔を合わせる機会だ。10代の頃の思い出話に花を咲かせるのは楽しい。その一方で、憂鬱な面もある。結婚している人、交際相手がいる人のなかにはリア充自慢をはじめる奴が必ずいるし、ここぞとばかりにブランド品を身に着けまくって、金持ち自慢をする奴もいる。

 もてまくりの友人

自分が冴えない立場にいると、歴然たる格差を見せつけられてしまう場、それが同窓会なのだ。

何より私が驚いたのは、中学時代にやんちゃなことばっかりしていた友人男子が、一流企業に就職し、それでいてナンバーワンの営業マンになっていたことだった。

次々と大きい商談を成立させまくり、社内でも給料はトップレベル。会場でもひときわ目立つギラギラした服装で、女子たちの注目を一堂に集めていた。あんなに遊んでばかりいたあいつが、なぜ???

 コミュニケーション能力が高い

そんな彼は自他共に認めるナンパの達人だった。これまで交際してきた女の子は数知れず、高校時代にも数か月置きに別の女の子と付き合っていた気がする。にもかかわらず、彼は決してイケメンではない。彼の恋愛スキルを上げていたのは、圧倒的なコミュニケーション能力だ。初対面の人であっても、彼のトークに見る見るうちに引き込まれてしまうのである。

彼に話を聞いてみると、やはりそのコミュニケーション能力で、就職活動もスムーズに進んでいたという。面接官の笑いをとったことも一度や二度ではないそうで、就職してからも仕事が楽しくて仕方ないそうだ。

 スキルアップの秘訣とは

彼は女の子だけでなく、おじさんと交流するのも非常にうまい。「飲み会には積極的に出たほうがいいっすよ」と彼は言っていたが、飲み会の席で気づけば商談をまとめあげてしまうこともあるというから、そのテクニックは見事なものだ。

コミュニケーション能力を上げるコツを聞いてみると、「飲み会や合コンにたくさん出て場数踏めばいいんじゃないっすか?」との答えだった。「もてるようになるためには経験値を積むことが大事」「最初から一発でもてる奴なんていない」という彼の言葉を聞いて、ちょっと感心してしまった。彼も裏では相当な苦労をしてきたんだなということが、言葉からにじみ出ていたからだ。

 合コンとビジネスの共通点

合コンに強い人はビジネスもうまくいく!』(二階堂忠春/エウレカ!プロジェクトチーム・著/学研プラス・刊)という一冊があったので、読んでみると、合コンとビジネスの共通点が意外に多いことに気付かされた。この2つの場面で求められるのはルックスよりも、コミュニケーション能力の高さなのだ。まさに、本書の内容を彼が見事に具現化していたのだ。

最近、飲み会をする若者が減少し、合コンにも積極的に参加しない人が多い。一方で、私のサラリーマン時代を振り返ってみると、机にじっと向かっている人よりも外に出て遊びまくっていた営業マンのほうが、はるかに仕事ができた。ネット社会だからこそ、人と人との繋がりが求められているのは間違いない。

 高いお金は女の子に払おう

合コンは一期一会の機会も多いから、失敗してもそれほどリスキーではない。営業スキルを磨くためにビジネスのセミナーに高い受講料を払って通うより、合コンで女の子におごってあげたほうが結果的に安上がりだし、ビジネスの実戦で使えるスキルアップにつながりそうだ。

(文:元城健)

合コンに強い人はビジネスもうまくいく!

著者:二階堂忠春/エウレカ!プロジェクトチーム
出版社:学研プラス
“合コンを制す者はビジネスを制す!”。合コンから婚活、そしてビジネス勝ち組への最短方法はコミュニケーション心理学を習得することにあり。そのコツをストーリーマンガで楽しく解説しているのが本書。読むだけであなたも人生の達人に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事