ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

雨がふる前のツラい頭痛やめまいを軽くする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「頭が痛いから、明日は雨だよ」「古傷が痛むから、台風がくる」と、天気を当ててしまう人がときどきいます。
まったくその経験がない人からしてみると、「いやいや、適当でしょ!?」とさえ思うかもしれませんが、とある調べによると慢性的な痛みを持つ人の中で、「天気の変化で痛みの強さが変わる=自分の体調で天気予報ができてしまう」という人が、4人に1人いたそうです。

天気痛を治せば頭痛、めまい、ストレスがなくなる!』(佐藤純・著/扶桑社・刊)によれば、このように天気の変化によってもともと持っていた症状が顕著に表れることを「天気痛」と呼ぶそう。痛みのみならず、めまいや吐き気、モヤモヤする、やる気が出ない……といった症状も、天気痛に含まれのだとか。

自律神経が乱れることが、痛みに影響

なぜ、天気によって体調が左右されてしまうのでしょうか?

それには、「自律神経」が大きく関わっているようです。自律神経とは、自分の意志とは関係なく体の機能をコントロールしている神経のこと。外部からの刺激に対する体の反応を調整する、いわばバランサーのような機能も持っています。
そして、自律神経には、心や体を活動的な方向へと促す「交感神経」と、興奮した精神や肉体を安らぐ方向へ調整する「副交感神経」の2種類の神経があり、この2つの神経のバランスがうまく取れている状態がベストコンディションとされています。
しかし、何らかの要因でそのバランスがうまく保てなくなると、めまいがしたり、ダルさを感じるなど、さまざまな体調不良の原因になってしまうのです。

天気痛は、気圧の変化によって、この自律神経が乱れてしまうことが原因のひとつ。
気圧が下がる(=天気が悪くなる)と人間の体はこの変化をストレスと感じ、それに抵抗しようとして交感神経が優位になります。そして、このストレスを跳ね返そうと交感神経が活発になればなるほど、古傷や慢性痛の痛みの回路が脳内で活性化してしまうのだとか。

痛みが起こるリズムを把握することで、自律神経の乱れを軽減

天気痛をどう解消すればいいのでしょうか?
気圧が安定していれば、体調も左右されることはありませんが、地球で暮らしている以上、天気の変化から逃げることは難しい話。それであれば、天気痛とうまく付き合うしかないのです。

うまく付き合うための対策としては、自分の痛みやめまいがやってくるタイミングを知ることも有効なのだとか。
天気痛が現れるタイミングは、人それぞれ。雨の降る1時間前の人もいれば、3日前の人もいます。人間は、いつやってくるか分からない痛みや、急にやってきた痛みには一層ストレスを感じるものですが、自分の痛みがどんなタイミングで、どのくらいの痛さでやってくるかを事前に把握していると、ストレスが軽減。また、必要あれば事前に薬を飲んでおくことなどもできます。

また、天気痛は気圧が下がりきってしまえば痛みは落ち着きます。「激しい痛みがずっと続くわけでない」「一過性のものだから」と思えば、気持ちは楽に。それにより、自律神経の乱れを抑制することができるそうです。
そのためには、痛みの日記などをつけてみることがオススメ。どんなタイミングで痛みがくるのか、その傾向や規則性が見えてきます。

耳や手首内側にあるツボが、天気痛に効く

天気の変化により気分が悪くなり始めたら、ツボの刺激もオススメです。
両手首の内側にあるしわの真ん中から、ひじ方向に指3本分下がったあたりにある「内関(ないかん)」というツボは、もともと酔い止めに効くツボなので、天気痛によるめまいやふらつきにも効果的とのこと。また、耳の周りには自律神経の乱れに効くツボが集まっているので、耳たぶを軽く二つに折ったり、マッサージをするのも◎。

風邪でもないのに、頭が痛くなったり、体がダルくなったり・・・という経験はある方も多いのではないでしょうか? それも、もしかしたら天気痛かもしれません。身に覚えがあれば、痛みが出るときの天気の傾向をチェックしてみてください。天気に左右された痛みであることがわかれば、軽減することもできるはずです!

(文・カキヌマヨウコ)

天気痛を治せば頭痛、めまい、ストレスがなくなる!

著者:佐藤純
出版社:扶桑社
『ためしてガッテン』『世界一受けたい授業』などへの出演で話題! 天気の変化で自律神経が乱れ、体調が崩れる「天気痛」のすべてを日本で唯一の天気痛外来のドクターがわかりやすく解説します!「天気が悪い日は、具合が悪い」「雨が降る前に頭が痛くなる……」これらは、迷信や気の迷いではありません。天気と体調の関係は、医学的にも日々研究が進んでいます。頭痛、首痛、めまい、耳痛、気管支喘息、リュウマチ、事故の古傷が痛む・神経痛、更年期障害、うつ、不安症、神経症、認知症の副症状などざっと挙げただけでも、これだけの症状が天気によって悪化すると言われています。本書は、20年以上も天気痛を研究し、愛知県で「日本で唯一の天気痛外来」を開設しているドクター、佐藤純先生が天気痛のメカニズムや、具体的な症例、自分でできる対策を一般向けに解説した初めての本です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事