ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

「よく旅行に行く」は〝I go on trips quite often〟じゃなくて〝I often travel〟:通じる英語への新しいアプローチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「〇〇日で英語がペラペラ!」
「英語が自然に口をついて出る驚異のメソッド」
「わずかな時間でネイティブ並みの発音に!」

ネットを使っていて、こうしたバナー広告を見るたび、その時している作業の手を止め、思わずクリックしてしまう。

教材はさまざまあるけれど…

キャッチコピーにつられるわけじゃない。
「ほほう、そうおっしゃる?」っていう気持ちから、どんなものか確かめたくなるのだ。実は筆者、英語学習法についてはちょっとうるさい。

方法論は数えきれないほどある。あえて言うまでもないだろうが、わずかな時間でネイティブ並みの発音になったり、いわゆる〝ペラペラ〟話せるようになったりすることはあり得ない。ただその一方で、ある程度まで――あくまでも、〝ある程度〟レベルの話だ――上達する人もいるはずだ。

ネット、DVD、そして参考書。どんな種類の媒体であれ、学習法としては文字や音声を通じて〝模範型〟をひたすら頭に入れていくメソッドが圧倒的に多い。新しい体の教材であっても、文法中心学習主義において顕著な〝模範型〟を主役に据えた枠組みから脱却しきれていない気がする。日本の英語教育は、こういう形で何十年も続いてきたのだ。

悪い例文こそ最高の先生かも

『まねてはいけない! マズい英語』(山岸勝榮・著/学研プラス・刊)は、〝マズい英語〟の実例を示しながら日本におけるこれまでの英語学習システムの弱点を指摘しつつ、模範型を覚えるのではなく、悪い例を忘れないようにするという方向性を提示している。

たいていの日本人英語学習者には、英語を話したり書いたりする際、日本語で考え、それを英語に置き換えようとする傾向がある。そのために、英語母国語話者(いわゆるネイティヴ・スピーカー)の発想とは異なる英語(語句・表現)を用いがちである。

『まねてはいけない! マズい英語』より引用

この文章は、まえがきの最初の部分に示されているものだ。

やりがちな直訳

〝直訳英語〟という表現がある。前項で触れたまえがきの文章は、この直訳英語のメカニズムについて述べられたものとも読める。直訳という感覚を軸に、もう少し話を広げてみる。著者の山岸氏によれば、次のふたつの英文、ネイティブにはショッキングな発言に聞こえるらしい。

・When I was in junior high school, I was number two in my class.
(中学校では、クラスで2番目の成績でした)
・I was average in academic ability when I was a senior high school student.
(高校生の頃、成績はクラスの中ぐらいでした)

なぜか。

5段階評価や偏差値に基づく相対的評価が採用されている限り、日本人学習者はそれを当然のこととして受け止め、その事実に基づいて英語を書いたり話したりする。

『まねてはいけない! マズい英語』より引用

直訳英語特有のズレは、こういうところから生じる。

異質の英語学習本が目指すところ

本書の目的として、次のような項目が示されている。

・日英語の種々相におけるギャップの解説と対処法の提示
・特に、日本人の英語に特徴的な間違いの分析と対処法の提示
・英語学習に不可欠な英語文化の常識の解説
・日本語の真意を外国人に効果的に伝える方法をさぐる

「マズい」にも系統がある。山岸氏の切り口は、1)和英辞典、2)日常的に目に触れる英語、3)ニュアンスの違い、だ。

筆者としては、日常的に目に触れる英語の誤訳に関する考察が一番面白かった。ごく近いところなら、駅のホームでよく見かける「通過」=〝Passage〟。これは〝Non-stop Train Approaching〟のほうがわかりやすい。そして、お弁当屋さんの看板にある「安心」=〝Relief〟。これは、同じく一語で示すなら〝Reliability〟のほうがしっくりくる。

公的なものでは、千葉県警が作成した英文の中で10か所以上の間違いが指摘されている。ふたつだけ例を挙げておく。赤字部分は著者による添削だ。

・To all international students and trainee, this is a request warning the Police.
・To all international students and trainees, this is a warning respectfully offered by the Police. 
(筆者注) 上の文章だと「警察に警告する」というニュアンスになると思う。

・Just wiring money to other bank account.
Wiring money to another bank account, not yours.
(筆者注) 上の文章にはJustがいらないし、「自分のものではない口座に送金しない」という意味が強調されない。

こんな感じで、豊富な例文を提示しながら、なぜマズいかについて文法の誤用から文化的背景の違い、そして日本人特有のクセについてまで詳細な考察が行われる。解説もていねいでわかりやすい。
たとえば、「私はよく旅行に行きます」という文章は、〝I go on trips quite often〟よりも〝I often travel〟のほうがはるかに英語的な響きとなる。

細かいツッコミは、著者の愛情の表れ

読む人によっては、「なにもそこまで細かくつっこまなくても」と思うかもしれない。でも、そうではないのだ。

本書で言及したように、英語と日本語との言語的・文化的相違に気づかずに学習を続けていれば、誤解が生じ、コミュニケーションがうまくはかどらないということになってしまう。

 『まねてはいけない! マズい英語』より引用

言葉は道具である。道具であるからには、十分な注意を払いながら大切に扱うべきだ。東京オリンピックまであと1300日あまり。これから先の何年かは、まったく英語と無関係でいられる人は今よりはるかに少なくなるはずだ。

ならば、どんな具体的な行いに出ればいいのか。〝マズい英語〟を書いたり話したりする回数を減らしていく意識を高めるのも、ひとつのスタートだ。英語を書いたり話したりする機会が増えるのが現実なら、よりよく通じる形で使う方がいいに決まっている。

  (文:宇佐和通)

まねてはいけない!マズい英語

著者:山岸勝榮
出版社:学研プラス
長年和英辞典を編纂してきた著者ならではの視点から、日本人が使う“マズい”英語の例を新旧の和英辞典での記述や日本で目にするおかしな英文の掲示・看板などから紹介し、その問題点と対処法を細かく解説。文化に根ざした日英語の発想の違いがわかる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事