ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

漫画『キングダム』抱かれたい女性武将ベスト3を発表します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

河了貂(かりょうてん)。羌瘣(きょうかい)。

漫画『キングダム』に登場する人気ヒロインです。

ふたりとも、作者の原泰久さんが描く「古代中国の春秋戦国時代」に生きており、秦国による中華統一を目指して戦っています。

娘軍師の河了貂は、表情が豊かで、料理がうまくて、頭がいい。外見が「ちびっ子」なので守ってあげたくなります。萌え~。抱っこしたいです。

女武将の羌瘣は、暗殺者一族の出身です。主人公の信(しん)よりも強いのですが、あえて副将(補佐役)として側にいます。健気です。抱きしめたいです。

河了貂も羌瘣も『キングダム』男性読者の人気を二分するヒロインですが、わたしには、他にも好きな女性キャラクターがいます。それは「抱きたい」よりも、むしろ「抱かれたい!」と思わせるほどの魅力をそなえた女性の大将軍たちです。

第3位 摎(きょう)

漫画『キングダム』では、5人の兵士を束ねる者を伍長といいます。1000人の兵士ならば千人将、数千人から1万人を超える兵を任されていれば将軍です。

大将軍とは、何名もの将軍たちを従えて数万~数十万人単位の兵士を率いる武将のことです。東京都職員(消防・教育・警察を含む)が約16万人ですから、都知事の小池百合子さんも大将軍級の人物ということになります。

『キングダム』に、摎(きょう)という大将軍がいます。女性でありながら「秦の六大将軍」に名を連ねていた豪傑で、若くて麗しい外見の人物です。

摎(きょう)は名前であり、劉や王などの姓がありません。身分が低い召使いの子だからです。しかし、おなじ秦の六大将軍である王騎の屋敷で育ったため、武芸の達人になったというエピソードがあります。

摎(きょう)は、秦の六将において「もっとも苛烈」と恐れられるほどの女性武将に成長します。『キングダム』単行本第16巻の14ページにある敵将の首をはね飛ばすシーンを読んで、わたしは一撃で惚れました。

抱かれたいです。

第2位 楊端和(ようたんわ)

『キングダム』の舞台である紀元前の中国では、秦・魏・趙・楚・燕・韓・斉の戦国七雄が群雄割拠して争っています。

楊端和は、七大国に従属していない山民族連合の女王です。彼女が率いる「山の民」は、かつて馬酒兵(ましゅへい)と呼ばれていた戦闘民族の末裔です。

馬酒兵とは、春秋時代の大国「晋」に大打撃を与えたという伝説的な山民族軍の呼称です。楊端和は馬酒兵を率いて、400年前に結んだ盟約を果たすため、『キングダム』の主人公である贏政(えいせい・のちの始皇帝)を助けるために何度も駆けつけます。

女王・楊端和は、エキゾチックビューティーです。辺境の王とは思えないほど、知的で、気高く、美しく、そして可憐です。抱かれたいです。実写版『キングダム』の配役は、ぜひともスカーレット・ヨハンソンでお願いします。

第1位 媧燐(かりん)

楚国の媧燐大将軍は、『キングダム』公式ガイドブックにて「巨乳怪力モンスター」と銘打たれている女性キャラクターです。「かわいいは正義」というキャッチフレーズがありますが、言うまでもなく「おっぱいは大正義」です。

女性でありながら2メートルを超える長身で、作中で描かれている軍靴のサイズはジャイアント馬場よりも(たぶん)大きいです。

キャラクターデザイン(特に顔つき)は「どうみても和田アキ子」なのです。しかし、作者の自作解説によれば「和田アキ子がモデルじゃありません(笑)」と公式に否定されています。

媧燐大将軍は、大女であることを気にしているらしく、それを冗談めかして言うとマジギレします。他のことには動じないのに、そういうカワイイ一面があります。ギャップ萌えです。たとえ一夜を共にできたとしても「巨乳怪力モンスター」なので覚悟は必要でしょう。命がけで抱かれたいと思っています。

実在しない女武将は誰か?

古代中国を題材にした漫画のベストセラーといえば、横山光輝『三国志』が有名です。同作者の『史記』がまさに『キングダム』とおなじ時代を描いています。

『キングダム』の発行部数は、第44巻時点で2600万部だそうです。テレビでも頻繁に取り上げられています。『史記』を愛読する者としては、まさか春秋戦国ブームが到来するなど夢にも思っていませんでした。

漫画はフィクションですから、史実には存在しないキャラクターもいます。河了貂と媧燐については架空の人物と言われています。しかし、羌瘣や摎や楊端和は(性別はともかく)実在していたそうです。

春秋戦国時代は本当に面白いです。『春秋戦国 完全ビジュアルガイド(The Quest For Hisotry)』(レッカ社・著/カンゼン・刊)は、『キングダム』連載後に刊行されたものですが、大人気マンガの愛読者たちに色目を使うことなく、史実の裏付けがある人物列伝として仕上がっています。読みやすい春秋戦国時代の入門書としてうってつけの1冊です。

(文:忌川タツヤ)

春秋戦国 完全ビジュアルガイド(The Quest For Hisotry)

著者:レッカ社
出版社:カンゼン
イラストと徹底解説で春秋戦国?楚漢戦争時代までの英傑100人を完全網羅!! 黎明期の中国を彩る春秋戦国時代。春秋の五覇は周に代わって天下に号令し、戦国の七雄は合従連衡を繰り返した。そんな激動の時代は始皇帝という絶対者、項羽と劉邦というふたりの英雄を世に送り出す。時代を動かした英君・賢臣、諸子百家と呼ばれる思想家たち、国を傾けた絶世の美女、剣一本に生きた刺客など、動乱期を疾駆し、多くの故事を後世に残した英傑たちの生き様がここに甦る。
◎中国統一を成し遂げた最初の皇帝……始皇帝◎激情の念で戦乱を揺るがした軍人……伍子胥◎自らの忠と誠実を貫き続けた知将……楽毅◎野望溢れる国士無双の天才戦術家……韓信◎漢王朝を建国した稀代のカリスマ……劉邦◎『論語』で知られる儒教道徳の祖……孔子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事