ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

「死刑めし」を考える ~Last Meals for Death Row~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

わたしの祖父は「すい臓がん」で亡くなりました。甘いものが好きな人でした。昏睡状態になる前日にも「白かりんとうが食べたい」と言っていました。病室の引き出しに買い置きがありました。祖父はそれを口にすることのないまま、息をひきとってしまったのです。

最期の食卓』(鈴木あつむ・著/実業之日本社・刊)という漫画作品があります。さまざまな人生を歩んできたホスピス患者たちに「人生最後のごちそう」を提供するという内容です。最期の晩餐(ばんさん)と言うこともできます。

ところで、アメリカ合衆国では、死刑囚にも「最期の晩餐」を供することがあるそうです。Last Meals(死刑めし)とも呼ばれています。

凶悪犯が人生最後に望む食事とは

海外の医療ミステリードラマ『DR.HOUSE』には、死刑確定囚が発症した原因不明の疾患を突きとめようとする、皮肉たっぷりのエピソードがあります。その話のなかで、死刑囚が「Last Meals」について要望を述べるシーンがあります。

エビのフライとロブスター。ロブスターは食ったことがない。煮るのと焼くのとどっちが旨い? まあいい、両方だ。ストロベリーシェイクも頼む。箱に入ったチョコレートドーナツもだ。

(『DR.HOUSEシーズン2 第1話』から引用)

高級食材とジャンクフードの落差に笑ってしまいます。でも案外、死に直面したときには、食欲が子どものようになってしまうのかもしれませんね。

後悔しない「死刑めし」にするためには

もしも自分だったら、2通りの選択肢で悩むと思います。

食べたことが無いけれど、いつか食べてみたいと願っていたもの。

何度も食べたことが有るけれど、最後にもういちど食べたいもの。

未練を残さないために、食べたことが無いもの(いつか食べたかったもの)を要望した場合。それが思ったよりもおいしくなかったら後悔するかもしれません。モヤモヤした気持ちのままで死んでいくことになります。心おきなく逝きたければ、おいしいと知っている「最後にもういちど食べたいもの」を選んだほうが良いと思います。

実際の「死刑囚の最期の晩餐(Last Meals)」には予算制限があります。ここでは仮にメインディッシュ2品とデザート1品まではOKとします。アルコール飲料は認められません。死刑囚の気持ちになって考えてみましょう。

メインディッシュその1(主食)

日本で生まれ育った死刑囚ならば、最期に白いごはんを口にしたいと思うかもしれません。炊きたての白飯のオカズに納豆と生玉子(あるいは卵焼き)と梅干しとお新香。個人的には、じゃがいもとワカメの味噌汁が欠かせません。

どんぶり物も捨てがたいです。真っ先に思い浮かぶのは鰻丼(うなどん)です。それ以外ならば、わたしは天丼よりもカツ丼を希望します。三途の川を渡る前に、ガッツリとお腹にたまるものを食べておきたいからです。

めん類ならば何をもって食べ納めとしましょうか。わたしならば、蕎麦(そば)を選びます。カラッと揚げたエビ天付きの天ざる蕎麦。最期にカツ丼と天ざるのセットを食べさせてもらえるならば、もはや思い残すことはありません。

メインディッシュその2(主菜)

死ぬ前に獣肉をむさぼりたいです。牛・豚・鶏。人によっては好みが分かれるでしょう。

王道は、霜降り牛肉のすき焼き。豚肉ならばトンカツ定食。鶏肉だったら、おいしい焼き鳥が食べたいです。モモ・カワ・レバー・ナンコツ・ハツ・ハラミ。独居房にイワタニのカセットコンロ「炉ばた大将」を持ちこんで焼きたてのアツアツを食べたいところですが、おそらく却下されるでしょう。煙に反応して火災報知器が作動するからです。

次点が魚介類です。わたしはマグロやヒラメなどの刺身を特別ありがたいとは思いません。カニやフグにも未練がありません。下魚のほうが好きです。なかでもサバが大好きです。

人生の終末期には、シメサバの押し寿司(バッテラ)をお腹いっぱい食べたいです。サーモンも好きです。回転寿司で十分満足できるので、シメサバとサーモンの寿司を5貫ずつお持ち帰りにしてもらって、それをお腹いっぱい食べさせてもらえば最高です。あとは逃げも隠れもいたしません。

デザート1品

洋菓子ならば、チョコレートケーキとイチゴのショートケーキとチーズケーキとモンブランとフルーツタルトが食べたいです。予算が足りなければ、ロッテのチョコパイでもOKです。あ、くれぐれも、森永エンゼルパイと間違えないように頼みます。

和菓子ならば、栗入りの羊羹(ようかん)、きんつば、イチゴ大福、たっぷり粉砂糖のかかった「あんドーナツ」も捨てがたいですね。

どうせ死ぬのですから、体に悪いこともやってみたい。練乳チューブに直接くちびるを付けてチュチューッと飲むとか。今までバカバカしくてやったことがありませんでした。

……まあ、いずれにしても死刑になるようなことをしなければ、いつだって好きなものをお腹いっぱい食べられます。冷えきった最期の晩餐(Last Meals)を食べなくて済むような人生でありたいですね。

(文:忌川タツヤ)

最期の食卓

著者:鈴木あつむ
出版社:実業之日本社
人生の終わりに、アナタは何を食べたいですか……? 末期の肝臓ガンの患者が書いた最後の食卓メニューは、「アコウの揚げ物と刺身」だった。関東に住んでいる患者が、なぜ関西のご馳走料理を選んだのか? 穏やかな死を迎えるための施設(ホスピス)を舞台に、医者と料理人という2つの顔を持つ男が、死を目前にした患者の心を癒す──。感動のヒューマン・コミック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事