ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

学資保険「下の子は未加入or手薄」が危険な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

子どもが成長すればするほど必要になる教育費。小さい頃から学資保険に加入して、将来のために備えているというご家庭は多いと思います。しかし、きょうだいがいる場合「上の子だけ加入している」もしくは「下の子は上の子より少額の学資保険に加入している」といったケースのご家庭もあるのでは?
実はこの「下の子の教育費が手薄」な状態はかなり危険なのだそう。『サヨナラ お金の不安』(畠中雅子・著/主婦の友社・刊)から下の子ほど教育費を多めに準備しなければならない理由を見ていきましょう。

上の子の学資保険ではまかなえない

「上の子が生まれた時に500万円の学資保険に加入し、下の子は上の子の学資保険でまかなうから学資保険に加入しなかった。」
こんなご家庭のケースが本著に取り上げられていました。500万あれば2人分の教育費として、一見乗り切れそうな気がしますが著者の畠中さんによると全然足りないのだそう。

大学の学費は国公立で約250万円、私立文系で約400万円。それに加えて大学時代は運転免許代や成人式費用、就活費用など予期せぬ大きなお金がかかります。

(『サヨナラ お金の不安』より引用)

学費だけでこれだけのお金がかかるんですから、大学に入るための塾や予備校代、受験料などを考えると「全く足りない」というのもうなずけます。では一体、どうすれば教育費をまかなえるのでしょうか?

オススメの学資保険の入り方

前出の500万円の学資保険に加入していたご家庭では、毎月の2万円以上の保険料が払えなくなってしまい下の子が幼稚園の時に解約。最初は担保にして借り入れていたようで、解約したのに手元にお金はほとんど残らないという最悪のケースになってしまったのだそう。このご家庭のように、子どもが小さい頃は家計に余裕があっても、成長すると習い事代などがかさみ保険料を払えなくケースは多いのだとか。こうならないためにも「学資保険には小分けに入るべき」だと畠中さんは主張しています。

払えなくなったら1本解約して、解約返戻金で残りの保険料を払おうという考え方で小分けにして入っているんですね。100万円でも150万円でも、その保険会社の最低単位で小分けにして入ってもよいでしょう。とにかく500万円1本というのはNG!

(『サヨナラ お金の不安』より引用)

迫り来る老後!

上記でも触れたように子どもが大学生になると想定外のお金がかかり、奨学金を借りていたとしても親の貯金は減る一方…。上の子に続いて下の子も大学生になる頃には、親である自分たちの老後もどんどん近づいています。そういった時期に子どもの教育費で貯金をガクッと減らしてしまうのは怖いことですよね。自分たちの老後を安心して過ごすためにも、学資保険などを上手に使いながら“下の子ほど手厚く"教育費を準備したいものです。

本著は教育費の他にも、子育てしながら貯金するための家計管理の仕方や、知っておきたい“住宅ローンの繰上げ返済”など、あらゆるお金の不安に対して解決策を提示してくれる一冊です。

(文:凧家キクエ)

サヨナラ お金の不安

著者:畠中雅子
出版社:主婦の友社
「子育てしながら、しっかり貯める方法って?」、「老後の生活が不安」、「教育費、けっきょくどれくらいかかるの?」。これはすべて子育てしている30代、40代のママ&パパたちから寄せられた不安、悩み、ホンネの数々。難しいことは分からないけれど、一生お金に困らない生活を送りたい!そう願う人たちに、貧乏をひきよせないルールを伝授します。本書は現実の生活に寄り添い具体的で参考になる内容になっています。後半では実践編としてラクして貯めるコツやライフプランの立て方も、どこよりも詳しくご紹介。知っているといないとでは大違いです! さぁ、あなたも子育てビンボー脱出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事