ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

シン・ゴジラ「まずは君が落ち着け」に並ぶ長谷川博己&松尾諭の名シーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

公開から間もなく2ヶ月経とうとしている『シン・ゴジラ』。その人気は衰えるどころか、何度も劇場に足を運ぶコアなファンを増やしつづけている。最初から最後まで名セリフ・名シーン・名俳優だらけの本作だが、巷で特に話題を呼んでいるシーンがあるのはご存じだろうか。

各省庁のトップが消えてしまい、あらゆる問題の策を講じねばならなくなった長谷川博己演じる主人公の矢口。この時いつも冷静な矢口にしては珍しく、キャパオーバーになったのか周りに対して声を荒らげてキレてしまう。そんな時に、矢口の胸にペットボトルをドンと当て「まずは君が落ち着け」と松尾諭演じる泉になだめられる、通称「ボトルドン」のシーンだ。
この矢口と泉のシーンを見た時、私は2015年にフジテレビで放送されていた『デート ~恋とはどんなものかしら~』(以下『デート』)というドラマを思い出した。『シン・ゴジラ』で盟友を演じている長谷川博己と松尾諭の2人が、このドラマでも「幼なじみ」というとても近い関係を演じている。
ちなみにドラマで長谷川博己はマンガや映画などをこよなく愛する35歳の引きこもり・谷口巧役、松尾諭は工務店を経営している金髪でロックな男・島田宗太郎を演じており、『シン・ゴジラ』の官僚役と比べると全く違う役どころだ。しかし、このドラマでも『シン・ゴジラ』のボトルドンのシーン同様、2人の熱い名シーン・名ゼリフがあるのでご紹介したい。

ヒロインに会うきっかけを作った宗太郎

『シン・ゴジラ』の泉はあらゆる人脈を武器に、調整力を発揮していたが、『デート』での宗太郎もスゴイ。知り合いが勤めているという結婚相談所に巧に代わって入会申し込みをし、相手を見つけてくるという行動力。そして、その申込書の職業欄に“出版社勤務”と嘘を書き「ニートじゃ誰も会ってくれないもんな」という言葉を堂々と巧にぶつける肝っ玉の強さ。この宗太郎の言動に対して、巧は「ニートじゃない。僕は高等遊民だ」と、このドラマの副題とも言うべきフレーズを高らかに叫ぶのだが、宗太郎は動じずに「お前の問題点は、虚構の世界に入りびたってて現実の人間関係を築けないことだ」と的確に指摘。巧に現実の女性に目を向けさせるきっかけを作ったのだ。

堅物リケジョ・依子に寄生すると決めた巧

『シン・ゴジラ』ではどうやってゴジラを倒すか、いかにして日本を守るか…という壮大な問題で頭がいっぱいだった長谷川博己だが、このドラマでは「親が死んだ後に安定的且つ永続的なニート(高等遊民)生活を送るためにはどうするべきか」という事に終始頭を抱えている。「働く」と言う選択肢が一切ないのが笑えるのだが、そんな彼は国家公務員という安定した職についている杏演じる依子と結婚することを思いつく。自分が働かずとも養ってもらえると考えたのだ。
そのプロポーズ作戦にも宗太郎が登場する。「最高のプロポーズで深みにはめろ」と既婚者という立場からか自信たっぷりに色々と指南するのだが、恋愛経験ゼロのニートの巧からは「僕に出来るかな…」と弱気な発言が。その時に宗太郎がキメ顔で放った一言が熱い。

「できるかできないかじゃねえ…やるんだ」

(『デート ~恋とはどんなものかしら~』から引用)

ちなみに2人が画策したのは、プロポーズを受ける女性にとってはサプライズのフラッシュモブ・プロポーズ。決められた時間にデート先のテーマパークで、自分たちをはじめ仕込んでおいた人たちと踊りだし最後に指輪を差し出す感動的なプロポーズを計画したのだが、実際は踊り始める直前に「無職」という事がバレ、それでもなんとか踊りぬいたけどやっぱり大失敗という散々な結果で終わった。

巧と宗太郎の友情

初めてのデートに行く巧を送り出す際には「あわよくばキスだ」とあおり、クリスマスには自分が着ていたサンタの衣装を渡し、それを着てヒロインのもとに早く行くよう巧の背中を押したりと、宗太郎はドラマ前半部では巧を全力で応援している。しかし後半になるにしたがってその雲ゆきが怪しくなる…。
2人の友情の続きが気になる方、『シン・ゴジラ』のボトルドンのシーンが好きな方にはぜひ、ノベライズ版『デート~恋とはどんなものかしら~』(古沢良太、木俣冬・著/扶桑社・刊)もチェックしてみてほしい。

(文:凧家キクエ)

デート ~恋とはどんなものかしら~

著者:古沢良太、木俣冬
出版社:扶桑社
デートも恋も未経験、堅物リケジョでキャリアウーマンの依子(29)と同じく恋愛力ゼロ、自称「高等遊民」、母親に奇生するニートの巧(35)が“結婚”を目指すのだが…前途多難、紆余曲折、荒唐無稽!?な、ニュータイプのロマンチック・コメディ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事